一日で11500 FOP獲得!JTA新規路線で行く羽田発石垣・宮古2往復修行の記録 |2021年JGC修行

3.5. 沖縄定番ファストフードA&W名物ルートビアで乾杯@宮古空港

宮古空港の1階では、立派なシーサーの像が宮古島への来訪を歓迎してくれます。

時刻はそろそろ夕暮れ。丁度離発着の飛行機がある時間帯ということで、展望デッキで飛行機を眺めてきました。

少しばかり飛行機ウォッチを楽しみ、次のラストフライトに備え、夕ご飯としましょう。

宮古島空港では沖縄が誇るファーストフード、A&Wというハンバーガーショップで食事をとることに。

ボリュームあるポテトにバーガー、アメリカの文化も良く浸透した沖縄らしい食文化。

そしてA&W最大の名物が、茶色い液体、ルートビアです!

名前からしてアルコール入りのビールのような印象を受けるかもしれませんが、アルコールは入っていない、炭酸飲料水です。

ルートビアはアメリカ発祥の飲み物で、14種類以上もの薬草やハーブを使用したジュース。独特な甘みとさっぱりさがあり、一度口を付け始めるとついつい手が伸びてしまう、恐ろしく美味な飲み物です。

沖縄のA&Wでは、わざわざアメリカからルートビアの原液を輸入しているのだとか。
またこのルートビアは無料でおかわり可能!たくさん飲んで修行の疲れを癒しましょう!

3.6. ラストフライトは国際線機材

さあ本日のラストフライト、宮古→羽田便に搭乗です!

とその前に、こんなものを見つけました。

丁度卒業・新生活の季節ということもあり、JTA/RACをはじめとする宮古空港職員の方々のメッセージが掲示されていました。

おそらく今日これから乗る便の中にも、宮古島で生まれ育ち、東京へ旅立つという方がいるのでしょう。
空港や航空会社のこういった暖かい心遣いを見るたびに、部外者の私もまた空港・航空会社を利用したいと思ってしまいます。

今回ここまでの道中は全てクラスJでしたが、4レグ目はそこそこ混んでいるようで、クラスJに空きはありませんでした。

それはまあいいのですが、搭乗してみると国際線仕様機でした。古いタイプの!

JALの国際線仕様機にはもっと新しいタイプのものもありそちらはとても快適なのですが、これはちょっと残念なやつです。

おまけに国内線区間ではWi-Fiも使えません!なんてこった!!!!これで2時間半はきつい!!

ただし一点だけ、こんな残念機材の普通席でも面白いものがあるんです。なんでしょう??

写真下の方に注目!
実はフットレストがあるんですね!

これは国内線機材はもちろん、国際線機材でもこの残念シリーズでしか見られない特徴です!

まあ、これがあるから快適かというと、微妙なところですがね。

揺られること2時間半、やっと羽田空港に戻ってきました。

時刻は22時半、ようやく合計11時間にわたる長いフライト全行程が終了しました。お疲れさまでした!

4. おわりに

今回新規就航した中部-石垣/宮古線により、東海地方から沖縄離島へのアクセスが一段と便利になりました。
特に宮古島に関しては、昨今の各社の下地島空港への新規路線就航もあり、今後さらに注目が集まることになるでしょう。

一方で、JTAの新規路線は観光客需要の多い繁忙期を中心とした運航であり、通常であればそれなりの料金設定がなされると考えられます。

したがって、今回紹介したような格安FOP修行として活用できるかどうか、正直未知数でもあります。

しかし修行でも観光でも、中部-石垣/宮古線が一段と魅力あることは間違いありません。

是非先得や特便といった割引運賃、ダイナミックパッケージなどに目を凝らし、セントレアから沖縄離島の魅力を訪ねていきたいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す