[元は取れるのか?] 歩くとマイルがもらえる”JAL Wellness & Travel”に入会してみた




2020年6月15日から、JALとDNPが共同で「JAL Wellness & Travel」というサービスを開始しました。
昨今の健康ブームにならいスマートフォンにアプリをインストールすることで、歩数を可視化することができます。

注目すべき点は、なんと歩いた歩数に応じてJALマイルが積算されるということです!

一体どのようなサービスなのか、そしてどの程度マイルは貯まるのか?
その謎を解き明かすべく、リリース初日にして入会してみました!

目次
1. 入会・インストール手順
2.歩数と マイル積算の関係は?
3.獲得マイルで入会費の元は取れるのか?
4.まとめ



1. 入会・インストール手順

入会方法は至って簡単です!
まずお手持ちのスマートフォンからJALマイレージバンクにアクセスし、JAL wellness & Travelの新規入会ボタンをクリック。

会員登録用URLを受け取るために、メールアドレスを入力します。

入力し送信すると、メールにURLが送信されてきます。そちらをクリックし、JMB会員番号やニックネーム、在住都道府県、クレジットカード情報を入力します。
なお初回2カ月間は入会費はかからないようです。

会員登録が完了すると、アプリのダウンロード案内が表示されます。
ダウンロードしアプリを開けばあと少しです。

歩数計測だけでなく、オーディオブックなどの機能もあるみたいですね。
さてアプリでも案内表示が出ますが、スマートフォンとアプリの歩数データ連携をお忘れなく!

2.歩数と マイル積算の関係は?

さて気になるマイルボーナスですが、アプリ内には”チャレンジ”覧があります。
アプリ内で目標歩数が設定されていて、無事達成すればマイルゲットです!

アプリの表示ではこんな感じ。

マイルが獲得できる一日の最低歩数は6000歩で、1マイルもらえます!
…なんとも言えないマイル数ですね(笑)

さてお気づきかと思いますが、よく見るとデイリー目標だけでなく、ウィークリー、マンスリーもあります。

各目標で獲得できるマイル数をまとめると、次のようになります。
各目標達成毎に、追加的に加算されるので全て達成すれば全てのマイルボーナスが積算されます。

1日6000歩達成:+ 1マイル&抽選券銅
1日8000歩達成:+ 1マイル&抽選券銀
1日10000歩達成:+ 1マイル&抽選券金

週間50000歩達成:+ 3マイル&抽選券銅
週間60000歩達成:+ 4マイル&抽選券銀

マンスリー:10日連続アプリ起動で抽選券銅

また抽選券は、銅, 銀, 金の順に+ 2, + 10, + 50マイルが当たるかもしれないというラッキーアイテムです!

他にもチェックインというものがあり、こちらは1か所につき+ 1マイルです。

3.獲得マイルで入会費の元は取れるのか?

マイルももらえるこのアプリ、一見お得そうではありますが利用料がかかります。
月額500円、あるいは400マイルの支払いが必要です。

さて、目標達成マイルで元を取ることはできるのでしょうか?

アプリ利用でマイルを貯めたいと考えている方の多くは500円での支払いを選択すると思われます。
ここでは簡単のため1マイル=2円の価値とし、月間250マイル獲得できれば元が取れるとしましょう。

まず1日の最大獲得マイル数は、10000万歩以上で計3マイル。
このときウィークリー目標も達成できるので、一週間で7マイル。

したがって一日当たり実質+4マイル獲得となります。

1カ月を30日とすると、4×30=120マイル

入会費相当分の250マイルにはあと130マイルも必要です。

一方で毎日銅, 銀, 金の三種類の抽選券も獲得できます。

なので30日の間に50マイル相当の金が3回当たれば、無事元が取れることになります。

結局運ですね!!!

4.まとめ

歩いた歩数に応じてマイルも貯まる、とっても興味深いサービスです!
しかしながら月額利用額を考えると、マイル稼ぎに役立つかどうかは運次第です。

入会後最大2カ月は利用無料とのことなので、一度試して検証してみてはいかがでしょうか。

私もまずは一カ月、健康意識の向上ついでにどの程度マイルが貯まるのか検証し、続編として報告したいと思います!



[お知らせ] やたがらすのJGCブログ、活動再開します!




皆様ご無沙汰しております。
2019年末に投稿して以来更新をお休みしていましたが、2020年6月、

ブログ活動、再開します!

長いこと音沙汰もなく、前々からお越しくださっていた読者様には大変ご心配をおかけしました。

活動再開にあたりまして、この半年間何をしていたのか、活動を休止していた理由をご説明いたします。

またわずか半年間のうちに、社会情勢も大きく変化してしまいました。
それも踏まえて今後の活動について、現時点で考えていることを書き連ねていきます。

実に6カ月ぶりの執筆でとっても拙い記事になるかもわかりませんが、どうぞお付き合いくださいませ☺

目次
1. 活動休止していた理由
2. コロナのせいでJGC人生メチャクチャや!!(泣)
3. 今後のブログ活動について



1. 活動休止していた理由

2020年に入ってからの半年間、何故一度もブログを更新しなかったのか。理由は単純です。

就職活動に専念したかったから!

私は2020年から大学院修士課程の2年生でして、特に1月頃から就職活動が本格化しておりました。

当初はブログも更新する予定で下書き記事もいくつか用意していたのですが、インターンやらES作成やらでブログどころではなくなっていきました。
そのためなかなかブログの続編は更新できず、一旦中断することにしていたのです。

コロナ情勢の影響で就職活動も波瀾万丈な状態ではありましたが、6月上旬に無事入社先が決定。
ようやく趣味のことを考える余裕が生じたので、こうして久々にブログ投稿ページを開いたわけです。

航空・JGC関連とは全く関係ありませんが、コロナ情勢でオンライン中心の前代未聞となった就職活動についても、備忘録として発信できればと考えております。

2. コロナのせいでJGC人生メチャクチャや!!(泣)

さて2020年、世界は新型コロナウイルス感染拡大という前代未聞の脅威に直面しています。

この影響で特に航空業界が大打撃を受けていることは周知の事実です。
このような状況では当然ながら、JGC修行はどころではありません。

そして2019年にJGC・JGPを取得した私も、当初の活動計画が大幅に崩壊してしまいました。

そのうち一つが、就職活動を利用したJAL搭乗計画。

6月上旬現在、2020年搭乗回数は10回となっております。

この10回は全て2月までに搭乗し、うち7回が就活関連です。
私は関西在住のため、面接等で頻繁に関西-東京を行き来することで、JMBクリスタル目前まで到達してしまおうと考えていました。

しかしながら面接のオンライン化によりその野望はあっけなく散りました。
就活でJGC修行したらどうなるのか?という企画をしてみたかったのですが…

他にも7月には成田-ウラジオストク線、その後も特典航空券を利用した海外遠征企画もありましたが現時点では全て中止。

旅行好き、飛行機好きにとってあまりにも痛い現実です。

3. 今後のブログ活動について

さて今後の活動ですが、やりたいことはたくさんあります!
書きかけ途中の企画もありますし、頭の中にも面白い新企画が複数浮かんでおります。

しかし何から書き上げ投稿すればいいのか、整理が追い付かない…
また就活は終わったものの、いまだ十分時間が取れない状況です。

なので当分は週1回以上の投稿を目標に、発信できればと考えております。

今考えている企画内容はこんな感じかな

・アフターコロナのJGC修行プラン編(2年前の企画記事リニューアル)
・JGC修行編の続き
・JGP解脱記念欧州旅行記
・訪れた空港や地域のオススメ楽しみ方
・JALマイルや旅行関連の注目情報

それからブログのレイアウト改良や、ブログアイコンも新調などにも取り組みたいですね。

それでは皆様、これからもよろしくお願い致します!



まるでお洒落なレストラン! バンコク・スワンナブーム国際空港キャセイラウンジ訪問記




JGC修行解脱記念旅行の国際線ラウンジ訪問記、第2弾はバンコク・スワンナブーム国際空港にあるキャセイパシフィック航空シグネチャーラウンジです!

※第1弾:成田空港JAL国際線サクララウンジラウンジの記事はこちら
JAL特製カレーは本当に旨いのか?! 成田空港JALサクララウンジへ行ってみた!

キャセイパシフィック航空のラウンジといえば香港のラウンジが有名ですが、バンコクにあるラウンジもJALサクララウンジとは比較できない、違ったコンセプトで素晴らしい空間だったのでとりあげます!

目次
1. その前に空港内で見つけた面白いもの
2. ラウンジの豪華な料理群を堪能あれ!
3. 次回予告



1. その前に空港内で見つけた面白いもの

ラウンジの前に、ちょこっとだけスワンナブーム空港の様子をご紹介。

この空港、とんでもなく綺麗です!!!
なんでも2006年に開業したとのことで、比較的新しい空港です。

キャセイのチェックインカウンターエリアも白を基調とした空間にマッチしています!

しかしただ綺麗なだけでなく、ターミナル内の至る所に謎の偶像類が静置されています。
しかもでかい!!!

1つ上の階からみても、その大きさがうかがえるほど。

バリエーションを変えて、ターミナルの至る所に君臨していた気がします(少々記憶が曖昧です)。

これは一体何なのか?

バンコクにワット・プラケオ(エメラルド寺院)という観光地としても人気のある寺院があるのですが、そこにあるヤック像を模したものらしいです。
あー確かに似たようなやつがいた気がする!

感性のかけらのない私にはなんか変なものがいる!としか感じなかったのですが、タイらしさを感じさせる良い演出ですね!

搭乗口へ向かう途中はこんな風景が延々と続きます。

2. ラウンジの豪華な料理群を堪能あれ!

さあ本題にまいりましょう。

スワンナブーム国際空港内の案内が不親切たのか、それとも我々の位置把握能力が著しくひくかったのか、ラウンジにたどり着くのに非常に苦労しました。20分近くさまよい同じ道を行ったり来たりを繰り返してようやく到着。

ここのラウンジも休憩スペースとダイニングエリアと分かれていました。

当然私と友人はおなかを空かせやってきたので、迷うことなくダイニングエリアへ直行!

ダイニングエリアはこんな感じ!

ラウンジというよりお洒落なレストランという感じ!

テーブルをはさんで1対1のソファ席もあればカウンター席もありましたが、空いていたのでソファ席でゆったりと過ごすことにしました。

JALサクララウンジにもダイニングエリアがありますが、異なる点のひとつがこちら!

バンコクキャセイラウンジでは、テーブルに紙ナプキンが備え付けられていました!
それもなかなか高級そうな紙質!

座席を確認したところでお次は飲み物です。

朝のフライトだったので眠気覚ましにコーヒーをいただきたいところ。

どうやらガラス製の透明なコーヒーカップが用意されているようです。これは新鮮!!

コーヒーメーカーも上質そうな見た目(ラウンジフィルター)のもので期待大!

んで完成したコーヒーがこちら。

真黒な本体に真っ白な細かい泡が張られて見るからにおいしいこと間違いなし!

JALの白陶器のカップも好きですが、こういう透明なカップもお洒落でいいですね。

ところで、おいお前!右の黄色い液体はなんだ!!!

と思われたそこのあなた!正体はこちらでございます。

タイのものか香港のものかよくわかりませんが(確認しなかった)、缶ビールがキンキンに冷やされていたのでつい開けてしまいました笑

朝っぱらからビール、ラウンジあるあるです。

この形のグラスも珍しいですね。

日本のビールとはぜんぜん違った不思議な味わいを楽しめるのも、外資エアラインならではの良さですね。

さて、キャセイラウンジといえば皆さん何を思い浮かべますか?

私は真っ先にヌードルバーを思い浮かべます。

そしてここバンコクでも、キャセイお自慢のラウンジバーが併設されているのです!

こちらのカウンターでお姉さんに注文すると

出来上がったら点滅して教えてくれるブザーをもらえます。

フードコートみたいですね。

そしてそれほど待つことなく、できたての美味しいヌードルをいただけます!

注文したのはワンタンメンみたいなもの(違ったらすみません)とシュウマイ!

うーん、これだけでもキャセイを利用した価値が十分あります!
それぐらい満足度の高いものでした!

また頼まなかったのですが、朝は注文すれば卵料理なども作ってくれたようです。

他には美味しそうなクッキーが詰められたビンもありましたよ。

コーヒーのおともに最適です!

JALサクララウンジにはお菓子メニューがないので、この点は特にキャセイラウンジの良いところですね!

最後に帰るときにチラ見した休憩エリアの写真も一枚だけ

3. 次回予告

今回利用している航空会社はキャセイパシフィック航空。というわけで必然的に香港での乗継が生じるわけでして、次回はついに香港国際空港のキャセイラウンジです!

香港にはいくつもの種類のキャセイラウンジがありますが、果たしてどのラウンジに行ったのでしょうか?

おたのしみに!



~JALからのクリスマスプレゼント~ 5000 eJALポイント当選してしまいました!




クリスマスも明けた12月26日。ふとJALホームページを開いてみると新着メッセージがあり、驚きの文面が!

なんと、5000 eJALポイントが当選してしまいました!

突然のJALさんからのクリスマスプレゼント!

その内容について、個人的な記録も兼ねて下記に記します。

目次
1. マイページに出現した当選メッセージ
2. 秋の北米・ヨーロッパキャンペーンとは?
3. 実は2年前にも5000マイル当たった経験あり!
4. 積極的にキャンペーンに応募しよう!



1. マイページに出現した当選メッセージ

JALホームページに出現したメッセージは通りです。

なんと!!!
いつこんなキャンペーン応募していたのだ自分は!
これまでに応募したキャンペーンが多すぎてすっかり忘れていました。

一応eJALポイント残高も確認。

12月23日付けで5000ポイント加算されていました。

ちょっとだけクリスマスフライングしてたのね。

JALさんありがとうございます!!!
早速来年のフライトに使わせていただきます。

2. 秋の北米・ヨーロッパキャンペーンとは?

秋の北米・ヨーロッパキャンペーンとはなんなのか。
簡単に調べ直してみました。

9月10日~10月31日までの間に日本発のヨーロッパ線・北米線の航空券を予約・購入した人を対象に、抽選500名に5000 eJALポイントが当たるというキャンペーンでした。

対象出発期間は2020年3月31日まで。

最近話題のウラジオストクは対象ではなかったようです(キャンペーン時はまだ予約開始前だったかも?)。

3. 実は2年前にも5000マイル当たった経験あり!

実は2年前の2017年秋ごろに応募したキャンペーンで、1月に5000マイル当選した経験があります!

なので2年ぶりの当選。ブログ開設前の話なのでどういったキャンペーンだったのか記録がなく覚えてもいないのでお示しできませんが、封筒に入った書面メッセージも届き歓喜したことを覚えています。

2年ぶりの当選が一般的に多いのか少ないのかはわかりませんが、いずれにせよ幸運なことに間違いありません!

4. 積極的にキャンペーンに応募しよう!

JALホームページをご覧になったことがあれば、JALでは常に複数のキャンペーンが実施されていることをご存じのはず。

今回の抽選系のものもあれば、条件を満たせば必ず何かをもらえるキャンペーンもあります。
景品はマイルやeJALポイントの場合もあれば、Pontaポイントや地方の名産品など多岐にわたります。

またJALホームページでは多数あるキャンペーンを、キャンペーンページから簡単に国内線、国際線、マイレージ関連に分けて一欄で参照することができます。

JALを利用する際には、是非キャンペーンページを確認し応募してみてはいかがでしょうか?



JAL特製カレーは本当に旨いのか?! 成田空港JALサクララウンジへ行ってみた!




過酷なJGC修行を経てやっと手に入れたJGC会員資格。そのうちの大きな魅力の一つにJALサクララウンジやワンワールド加盟航空会社ラウンジの利用資格があります。

特に国際線ラウンジの豪華さは尋常ではなく、JAL国際線サクララウンジの特製カレーを夢見て修行を決意するかたもいるはずです!

さて2019年JGC修行をした私ですが、6月にサファイア達成し、その祝賀フライトと友人との旅行を兼ねて、8月キャセイパシフィック航空でタイ旅行に行きました。

参考記事
香港デモによるキャセイパシフィック欠航騒動に巻き込まれました!!

その際に3つの豪華なラウンジを訪問したので、3回に分けて書いていきたいと思います。

第一弾は、成田空港JAL国際線サクララウンジです!

目次
1. 本編の前に(本記事のコンセプト)
2. いざカレーを求めてサクララウンジへ
3. 次回予告



1. 本編の前に(本記事のコンセプト)

本記事は一旅行者としてのラウンジの訪問記であり、ラウンジの事細かな紹介を目的とはしていません。見たままの思い出を記録したものと捉えていただきたいです。

このときのラウンジ訪問時に撮影した記録は純粋な旅行の思い出として残したものだけであり、紹介用に隅々まで取材しておりません。

なので一つ一つの座席や全ての料理、シャワールームの写真など、サクララウンジの設備を紹介するようには執筆しておりません。

そして私自身も、訪れた思い出を振り返りながら、思うがまま気楽に文字を連ねております。

そのため説明不足とはなりますが、一方で設備サービス説明という体裁をとらないことで、利用者として味わえる過ごし方・楽しみ方の一例を伝えやすくはなっているんじゃないかと思います。

それでは本編へまいりましょう!

2. いざカレーを求めてサクララウンジへ

この日は夕方17時頃出発の便。

初めて入る国際線ラウンジなのでせっかくなら朝からずっと入り浸りたい!!

しかし友人も一緒のためこんな航空旅行オタクに合わせて早く来てもらうのも申し訳ないので、出国審査を済ませた時点で15時半ぐらいだったかな?

一時間ぐらいしかいられませんが、早速夢のサクララウンジに行ってみましょう!

金ぴかの鶴丸がお出迎えです!
思わず写真を一枚!友人もパシャって撮ってましたよ!

国内線サクララウンジよりも一層ゴージャス感溢れます。

ラウンジで受付を済ませていざ中に入ります!
実は本当にキャセイのチケットでも入れるのか不安でドキドキでした笑

受付は3階部分にありましたが、エスカレーターで一旦2階に下がり、中に入ります。

ちょっぴり和風な桜のデザインが素敵!
日本に来た外人さんにもきっと好評!

さあ下って下ってきましたサクララウンジ!!!

といいたいところですが興奮しすぎて写真は撮っていないようです。
マップはちゃーんと記録していたみたいですけどね。

ふむふむ、2階がくつろぎスペースで3階がダイニングスペース?

迷うことなく3階で腹ごしらえすることが友人との3秒会談で閣議決定されました。

その前に入口すぐにあったロッカーに荷物を預けます。

ちょっとした荷物しかないのでわざわざ預けるほどではなかったのですが、身軽に過ごしたかったのでタイのガイドブックだけ片手に.

 

1枚だけ2階の写真を撮っていたみたい。奥にまでは探検していません。

階段だけでもこの貫禄です!

3階に上るととっても混雑していて、写真撮れるような状況じゃなかったことを記憶しています。

快適そうな2人分の席を探したところ、なんとか窓側席を確保。

JAL、JAL、JAL、JAL!!!

窓の外はJALだらけ!!!

みんなこれからアメリカやrヨーロッパやら世界中のいろんなところに飛び立っていくと思うと、なんとも形容し難い感情が沸き上がってきそうです!

席も確保したので早速お食事タイムといきましょう。
まずはお飲み物。

やっぱりまずはスパークリングでしょ!

ということでワインコーナーへ。

ただ並べられたワイングラス。でもこれだけでも特別な感じがするのは気のせい???

ワインも氷でキンキンに冷やされたものが用意されていました!

スパークリングに赤、白と計3種類だったかな。

ワインを席においたら、いよいよカレー様とご対面しましょう!

お米は山形県産の雪若丸。
存じない銘柄でいたが名前からしてものすごく良さそうなお米です(あくまで想像です)。
さすがこだわりが違いますね!

ところが…

なんと中身空っぽ!!!

カレーが人気過ぎて売り切れてしまったのでしょうか???

まあすぐ職員さんが炊き立てご飯をもってきてくれたんですけれどもね。

さあいよいよ、伝説の“JAL特製オリジナルビーフカレー”をよそって…

待ってました!!!
写真越しにもわかる、大きいごろっとした牛肉!

こんなの美味しくないわけがない!!!

サラダ系の惣菜も持ってきました。

シャンパンにカレーに、外の真っ白なJALの飛行機。
最高の風景を前に、いただきます!!!

……

食レポ苦手なので余計なこと書きませんが、言葉を失うぐらい美味しい!
カレーなのに辛みはそれほどなくコクや旨みを凝縮した味わい(?)です。

大きい牛肉も、口に入れたとたんホロけるような、カレーの常識を覆す食感。

流石数多くの旅行者を魅了し話題となってきただけのクオリティです!

JAL特製カレー店とかあったら絶対はやりそう!

他、おまけに…

金ぴか泡ビールに

金ぴか鶴丸印の割りばしとふきん。
ショップで売ってたら普通に買いたいかも。

3. 次回予告

次のラウンジは、バンコク・スワンナブーム国際空港のキャセイラウンジです!

キャセイといえば本拠地香港空港のラウンジがあまりにも豪華なことで有名ですが、バンコクもJALサクララウンジに負けない程魅力あふれるラウンジですよ!

おたのしみに!



[空港の保安検査、あなたは大丈夫?] 今冬からの変更点は? 検査をラクに済ませるコツは?




2019年も残りわずか、年末年始シーズンに突入しました。
今回の年末年始は最大9連休ということもあり、例年以上に帰省や国内外への旅行に航空会社を利用する方もいるかと思います。

一方で2019年9月以降、国内線の保安検査場検査が強化されています。

前回の年末年始や夏休みシーズンに比べても検査の手間や時間がかかるようになっています。

頻繁に航空機を利用する方ならまだしも、年末年始などたまにしか利用しない方は保安検査の手順や持ち込めるも可能なものに不安を感じている方も少ないはずです。

そこで本記事では国内線において強化された検査内容、検査で注意すべき点、機内に持ち込めないものなどを説明するとともに、見落としがしな注意点についても触れていきます。

目次
1. 強化された内容4項目
2. 保安検査の手順と注意点
3. 機内に持ち込めないもの一例
4. [盲点] 機内に持ち込めるが、手荷物には預けられないもの
5. 保安検査をラクに済ませるコツは?
6. まとめ



1. 強化された内容4項目

2019年9月から、国土交通省の通達により全国の空港での保安検査が強化されています。

コート・ジャケットなど上着類のX線検査
安全靴・厚底・ブーツ・くるぶしを覆う靴のX線検査
身体に触れる検査の可能性
ドローンの持ち込み禁止(11月5日まで)

特に上着類のX線検査には注意が必要です。

昨年までスーツ・コートはポケット内部の金属類を取り出せば着用したまま保安検査を抜けることができましたが、今冬からはトレーに載せ、X線検査を受けなければなりません。

したがってコートの下にもスーツ類などの服を着ている場合、2着とも保安検査場で脱ぐ必要があります。

この上着検査が追加されたことが影響しているのか、今冬シーズンに入ってから一段と保安検査が混雑し、時間を要しているように感じます。

またドローンに関してはラグビー世界大会開催に伴う一時的な持ち込み禁止処置で、現在は客室内持ち込み可能です。
しかし今後東京オリンピック等により再度規制される可能性もありそうです。

2. 保安検査の手順と注意点

保安検査場ではX線検査が必要な所持品をトレーに載せます。

カバン等の荷物に加え、身に付けている貴金属や電化製品をトレーに載せます。
ベルトや腕時計なども金属検知器に反応する場合があるのでなるべく取り外し、トレーに載せておくことをお勧めします。

今回から追加された上着・靴検査に該当する方はそれらも載せます。

国内線ではペットボトル飲料等の液体物も持ち込みは可能ですが、X線検査の後さらに簡易的な検査を受けることになるのでなるべく数は少なくしておくことをお勧めします。

またスマートフォンやタブレット、PCはカバン等に入れず、トレーに出してX線検査を受ける必要があります。
これらがカバン等に入っているとカバン中身の検査に影響を及ぼし、取り出しの上再検査となる場合があります。


国土交通省による説明ポスター

以下、国土交通省による保安検査場の受け方の手順もご参考ください。

3. 機内に持ち込めないもの一例

機内に持ち込めないものは、爆発物や危険物です。
突き詰めるときりがないので詳細は各航空会社のHPや国土交通省が公表しているこちらのリストを確認していただきたいですが、最低限次のことを頭に入れていただければと思います。

・ハサミ・カッターなどの刃物類、鋭利なもの
・バット・ゴルフクラブなど
・ライター(一人一台まで、一部タイプのみ持ち込み可能)

※誤解を招くとの指摘がありましたので追記します。
下記図に示すように、ライターは一人一台まで持ち込み可能ですが、手荷物に預けることはできません。ご注意ください。



4. [盲点] 機内に持ち込めるが、手荷物には預けられないもの

保安検査とは少し話がそれますが、機内には持ち込めるにも関わらず手荷物として預けられないものが存在します。

手荷物に預けられないものは大きく二つ。
まず一つは高価、あるいは貴重なものです。

現金や宝石類、書類やカメラ、パソコンなど様々ですが、安全上の問題というよりは、紛失や損壊時に航空会社として補償しかねるものが大半です。

本記事執筆用に調べるまで、私個人はPCを預けたこともありましたが良くなかったようです。仮に預けることができてもあくまで自己責任ということなのでしょう。

一方でもう一つは、バッテリー類です
モバイルバッテリーやカメラのバッテリーが該当します。

これらは手荷物を預ける前に検査を行っている空港では、検査後取り出し再検査することになります。
羽田空港など預けた後に空港側で検査が行われる場合は、搭乗までに呼び出され取り出す必要が生じることもあるようです。

バッテリー類は発火の恐れがある危険物とみなされるため、預けることができません。

他にもバッテリーを搭載したスマートバゲージ等も該当します。

5. 保安検査をラクに済ませるコツは?

保安検査に話を戻します。

カバンから電化製品や飲料を取り出し、上着類を脱ぎ、身に付けている貴金属を全てトレーに出さないといけない非常に手間のかかる検査。
少しでもラクに済ませるにはどうすれば良いでしょうか?

まずはやはり、事前にX線検査が必要なもの、機内に持ち込めないものを確認しておくことです。

そして貴金属や飲料、電化製品の持ち込みを減らし、検査が必要となるものはなるべく手荷物に預けておきましょう。

また腕時計などどうしても身に付ける必要のある貴金属類などは、一個一個トレーに入れるのではなく、保安検査を受ける前にカバンに入れておくとラクになります。

トレーに入れる際に外す手間がなくなりますし、検査後トレーから一つ一つ取り出し身に付ける必要もなくなるので迅速に保安検査場を後にすることができます(混雑解消にも貢献できるでしょう)。

6. まとめ

簡単にではありますが、国内線の保安検査における注意点を説明してきました。
しかしこれらはあくまで概要であり、機内持ち込みルールは荷物サイズ等も含め確認事項が多岐にわたります。
航空会社や仕様機材によっても一部異なる場合がありまし、さらに国際線では追加の制限があります。

お出かけの際には改めて、ご利用になる航空会社のサイトから保安検査・荷物の案内をご確認ください。



[ルーティーン] 大学生JGC修行僧の一日 (2019JGP修行 78-80レグ目)




Youtuberもすなるルーティーンといふものを、我もしてみむとてするなり。

最近(前からでしょうか)Youtubeでやたらルーティーンと題したYoutuberの日常を丸ごと視聴者にお届けする動画が流行っているようです。

それならJGC修行僧のルーティーンも売れるのでは???

と思い本記事を作成してみました!

Youtuberの動画に比べると臨場感には劣りますが、修行僧の一日をお楽しみください。

目次
1. 修行僧の朝は早い(AM 4:30)
2. 最寄り駅→伊丹空港
3. 伊丹→出雲・宍道湖
4. 出雲→羽田
5. 就活イベントで1万円稼ぐ@秋葉原
6. グリーン車でタピオカ
7. 成田空港JALサクララウンジ
8. ビジネスクラスで帰宅! 成田→伊丹
9. おわりに



1. 修行僧の朝は早い(AM 4:30)

#修行僧の朝は早い

休日にTwitterで検索すると、常人には到底理解不能な投稿が次々に湧き出てきます。

私もその一人。一日に数フライトをこなす修行僧は必然的に早朝から搭乗することになるのです。

この日は4:30に起床。これでもちょっぴり寝坊です。
寝ぼけつつも高速で身支度を終え、5時に家を出発。最寄り駅に急行です。

2. 最寄り駅→伊丹空港

電車とリムジンバスを乗り継ぎ、6:30頃伊丹空港に到着。

さて今日は用事で東京へ行きます。
26歳未満の特権スカイメイト航空券を利用するため、JGCカウンターに急行。

一般カウンターと異なりほとんど並ぶことなく、早速7:05発出雲空港行きの便を確保しました。

…????

頭に?マークが浮かんだそこのあなた!!!

あなたは正しい!!

しかし、JGC修行界隈ではごく当たり前のことなのです。

3. 伊丹→出雲・宍道湖

保安検査場を抜けたのは6:40頃。飛行機の出発は7:05なのであまり時間がありません。
しかしJGC会員たるもの、サクララウンジに行かないと気が済みません!

2019年5月にリニューアルオープンしたJALサクララウンジにささっと入り、エスプレッソを一杯。ぺーぺーの私はコーヒー止まりですが、ベテラン会員さんは朝っぱらからビールで優勝されていたりもします。


コーヒーを飲みながら外の機体を眺める。ここからが本当の一日の始まり。

一息つくのも束の間、出雲行きの飛行機に向かいましょう。

出雲行きは搭乗口から飛行機までバスでのご案内。

搭乗する機体は100席もないちょっぴり小さめのリージョナルジェットです。

山陽山陰の山々を越え、正味1時間の空中遊覧です。

しかしあまりにも早朝過ぎて、搭乗から到着までほとんど爆睡状態。

JGC修行あるあるです。

4. 出雲→羽田

神いずる国出雲。同時に数多のJGC修行僧を虜にしてきた出雲空港は、場所、規模の割には多様な路線が就航しています。次に搭乗する羽田行きは9:35、出発まで約1時間半という何とも言えない時間です。

幸い空港すぐそばに宍道湖があるため、宍道湖に向かいお散歩タイムとしました。

空港ターミナルビルを出て右手に10分ほど進むと、あっという間に宍道湖畔にたどり着きます。皆さまこれが神の国の景色ですよ!!!

そして実はこの場所滑走路のすぐそばでして、離発着する飛行機を間近で観察できます!

FDA機の出発をお見送り!

天気も良く一日中居たいところですが、同じ場所に長々居続けないのが痛いJGC修行僧の日常。
名残惜しくも出雲空港ターミナルビルに戻り、東京に向かいましょう。

ちなみに出雲空港で朝食を購入。
この後写真を撮っていなかった(記事にする予定じゃなかった)ので、次の写真は東京モノレールからの車窓です。

奥に富士山も見えます~

羽田空港から都心に向かう場合、鉄道では東京モノレールと京急の2つ選択肢があります。
10月に京急空港線が値下げされたこともあってか、車内は10月以前よりも空いている様子。

都内のどのエリアに行くかにもよりますが、多少高くても私はモノレール使いたい派です。羽田空港の飛行機や都心の運河・高層ビルを間近に楽しめますので!



5. 就活イベントで1万円稼ぐ@秋葉原

さてそもそもなぜ秋葉原にやってきたのか。
実は秋葉原で就活の合同説明会があったからなんです!


秋葉原名物ヨドバシカメラ

…とは言っても後付けの理由でもともとこの日はJGC修行で3レグしようと決めていた日。

ではなぜわざわざ東京の就活イベにも寄ったかというと、なんと来場しただけで1万円の交通費補助がその場でもらえたからなんです!


全世界の義塾生の誇り諭吉先生

ちょこっと立ち寄るだけで1フライト分の補助ですよ???

こりゃぁ多少フライト代かかってでも東京行きますよ!

もちろん気になる企業の説明もいくつか聞いてお勉強しましたからね!

6. グリーン車でタピオカ

就活イベを離脱し、関西に帰ります。
東京-大阪間の移動シェアの9割は東海道新幹線が占めますが、当然私はJALです。

いつも通り羽田に向かい…

ではなく、敢えて成田空港に向かいます!

秋葉原から2駅、日本の中心東京駅へ。

そこから総武快速線で成田空港まで約1時間半。

少々お金を払って普通車グリーン席で優雅な移動です(間接的にJALマイルも貯まります)。

最近流行りのタピオカをコンビニで買ってみました!
ただ思っていた食感とはちょっと違ったかな。

7. 成田空港JALサクララウンジ

国際線メインの成田空港からも、一応JALの国内線が運行しており、サクララウンジもあります。

ラウンジ内でゆったりしながら、成田空港サクララウンジ名物の菓子パンをいただく!

JGCだからできるフライト前の贅沢であります!

8. ビジネスクラスで帰宅! 成田→伊丹

帰りはなんと、国際線ビジネスクラスの座席です!!

フルフラットのベット状にもなる半個室型の贅沢な座席。

国際線で搭乗するとウン十万円もする高級座席ですが、国内線ではわずか1000円で利用できます!

もちろん国内線で使用されている便はごくわずか、かつ座席も人気があり予約も取りにくい傾向にあるので今回利用で来たのはウルトララッキーなんです!

フライトのより具体的な様子は下記記事も合わせてご覧ください。

JGP修行ラストフライトはJAL国内線ビジネスクラス! SKY SUITE 成田→伊丹

そして無事伊丹に到着し、夜自宅にたどり着いたのはごらん22時前。移動尽くしの一日でした。

9. おわりに

ネタのため題名でルーティーンと称しましたが、当然ながら毎日こんな生活しているわけではありません(笑)

しかし、JGC修行界隈ではこのような意味不明は一日は極々自然なこともまた事実。
むしろこの日の3フライトは、修行フライトではかなりゆる~い方に分類されるでしょう。

JGC修行やSFC修行をされたことのある方は一部共感できる部分もあったでしょうし、修行したことのない方はこんなぶっとんだ一日があるのかと驚いているかもしれません。

JGC修行僧の一日の一例を楽しめていただけたでしょうか?
お読みいただきありがとうございました!



[2020年JGC修行] 進化したJAL公式ホッピングツアーが凄い! 過去最高級の魅力に迫ります!




JGC修行を考えている皆さま、そうでなくても飛行機好きJAL好きのあなた!
JALパックが販売しているJAL公式のホッピングツアーをご存じですか?

何年も前から若干コースを変更しつつも幾度も企画され販売されている、小型プロペラ機によるホッピングツアーです。

1泊2日で最大16フライトも体験できてしまう一般人には到底理解できない旅行商品となっています。

しかし本記事をお読みになっているJGC修行僧尼の方は、とても気になるツアーではないでしょうか?

実際にこの公式ツアーは簡単かつ比較的安価にフライト数を稼ぐことができ、JAL上級ステータス会員JGCを回数修行(年間50フライト達成する修行)で獲得したい方には是非お勧めしたいものです。

一方で、ツアーに参加するよりも自前で計画・予約したほうが安上がりになるのではと悩む方も少なくないでしょう。

そこで、2020年版ホッピングツアーはJGC回数修行にとって本当にお得なのか、2019年にJGC、そしてJGPまで自前のプランで達成した経験も踏まえ、解説します。

※2020年6月14日更新
2020年7月以降も類似のホッピングツアーが設定されています!
本記事の内容と一部行程が異なる場合もありますが、是非本記事も参照の上ご参加ください!

目次
1. 2020年3月までのツアーは4通り
2. ホッピングツアー最大のメリットは?
3. 参加するなら修行前半に組み込もう!
4. まとめ:参加すべきか迷ったら



1. 2020年3月までのツアーは4通り

2020年1月~3月の期間、次の4通りのホッピングツアーが設定されています。いずれも東京羽田または大阪伊丹発着です。

  • 1泊2日8フライト88,800~119,800円
  • 1泊2日11フライト113,800~140,800円
  • 1泊2日16フライト137,800~182,800円
  • 2泊3日15フライト142,800~188,800円

それぞれのコース内容を見ていきましょう。

まず1泊2日8フライト。

1日目:羽田/伊丹→福岡→那覇→石垣
石垣島で宿泊
2日目:石垣→与那国→那覇→沖永良部→鹿児島→羽田/伊丹

次に1泊2日11フライト。

1日目:羽田/伊丹→福岡→那覇→奄美大島→鹿児島→種子島
種子島で宿泊
2日目:種子島→鹿児島→屋久島→鹿児島→福岡→出雲→羽田/伊丹

続いて1泊2日16フライト。

1日目:羽田/伊丹→那覇→石垣→宮古→那覇→久米島→那覇
那覇で宿泊
2日目:那覇→宮古→多良間→宮古→石垣→那覇→沖永良部→徳之島→奄美大島→鹿児島→羽田/伊丹

最後に2泊3日15フライトツアー。

1日目:羽田/伊丹→福岡→那覇→沖永良部→徳之島→鹿児島
鹿児島で宿泊
2日目:鹿児島→徳之島→奄美大島→喜界島→奄美大島→那覇→久米島
久米島で宿泊
3日目:久米島→那覇→福岡→宮崎→羽田/伊丹

いかがでしょうか?
私の感想としては、JALさん本気出してきた!!という印象です。

今回のラインアップは、前回までのホッピングツアーとは比べ物にならない程洗練されていると思います。

行程の中で赤字で示した空港があり、そして宿泊地も赤字で示していますがお気づきでしょうか?

各プランに、そのコースでしか訪れることのできない空港が組み込まれ、かつ宿泊地も全てバラバラになっています!

さらに鹿児島離島を中心としたコース、沖縄離島と中心としたコース、全く違くエリアを押さえたプランが用意されています。

つまり、1度ホッピングツアーに参加したけどまた参加したいというリピート需要をキャッチし、また何度も参加したいというJGC修行僧のニーズもしっかり押さえている素晴らしいラインアップなのです!

もし私が2020年もう一度JGC修行するなら全て参加したいぐらい、本当に魅力的です!

ちなみに丁度1年前のホッピングツアーについても下記記事でご紹介しましたが、はるかに魅力が向上しています!
JAL公認JGC修行ツアー | アイランドホッピングツアーはお得? ルートとコストを検証

2. ホッピングツアー最大のメリットは?

ここでJGC回数修行におけるホッピングツアーのメリットについて考えてみましょう。いくつか挙げてみると…

  • 数レグ分の予約が一度にできてラク
  • 細かいフライト計画で悩む手間が減る
  • 当日の行程表が手元に残る
  • 出発1週間前まで予約可能

などでしょうか。
この中でも特に最後は重要です!

もしも自前で格安のJAL航空券を手配するとなると、75日以上前に予約が必要なウルトラ先得運賃などを狙うことになります。

特に2019年まで年2回開催されていた先得運賃の一斉予約制度が廃止され、330日前から購入可能かつ予約から3日以内に購入しなければならなくなり、2020年JGC修行では先得運賃でのフライト計画や予約購入がより困難になっています。

したがって出発一週間前という先得運賃レベルの運賃ではない時期でも比較的安価かつ複数レグ獲得できるホッピングツアーの威力がより高まりました。



3. 参加するなら修行前半に組み込もう!

さてデメリットというわけではありませんが、もしJGC修行にホッピングツアーに組み込むのであれば、なるべく全50フライト中前半30フライト、すなわちJMBクリスタルを達成する前に組み込むことをお勧めします!

理由はJMBクリスタルの特典の一つ、フライトボーナスマイルにあります。

JMBクリスタルになると、JAL便に搭乗した際に貯まる通常のフライトマイルに加え、フライトマイルの55%がボーナスとして追加加算されます。

例えばツア―内にもある羽田-那覇線を先得運賃で搭乗した場合、

羽田-那覇の区間マイルは984マイル
先得運賃のフライト積算率は区間マイルの75%

となり、フライトマイルは738マイルとなります。

そしてクリスタル会員であればこの55%、すなわち406マイルが追加加算されます。とってもお得ですね!

しかし!!!今回のホッピングツアーを含むツアー商品ではフライトマイルの積算率が区間マイルの50%となります。

したがって同じく羽田-那覇の場合、積算されるフライトマイルは492マイル。ここまではクリスタル会員であろうが一般JMB会員であろうが変わりません。

しかしクリスタル会員の場合、追加のボーナスマイルは271マイルとなり、先得運賃の場合より135マイル少なくなります!

たかが135マイル、されど135マイル。
ツアー全体の総フライトマイルを考慮するとさらにその機会損失は拡大します。

ほかにもせっかくクリスタル会員の特典でもホッピングツアーで訪れる離島空港では使えないものもあります。

クリスタル資格の有無でツアーの魅力が変化することはありませんので、できるのであれば前半に組み込みたいところです。

4. まとめ:参加すべきか迷ったら

JGC修行に挑戦するけどホッピングツアーに参加するべきかどうか迷ってしまう!

そんなときは、あなたが修行でどんな体験をしたいか考えてみてください。

色々な場所に行ってみたい。
たくさん絶景を見てみたい。
全国のグルメ巡りをしたい。
日本の端から端まで制覇したい。
色々な種類の機体に乗ってみたい。
とにかく安く楽に解脱!

価値観は人によって全く異なりますし、正解も不正解もありません。

しかし一度じっくり考えて、自然と参加したいと思ったのならば、必ずやホッピングツアーは最高の思い出となることでしょう。

また参加しなくとも、ホッピングツアーではこんな場所に行けるのかとツアー案内を眺めるだけでもきっと楽しめるはずです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

参考リンク:跳び飛びの旅 小型プロペラ機でホッピング 2・3日間



[炎上大作戦] 月間3500PVの底辺ブログが一日で1万PV達成した秘策!




はじめに

いつも当ブログをお読みくださっている読者の皆様、今回もお越し頂きありがとうございます!

一方で今日初めてこのブログにやってきたという方、はじめまして!

私は潜在的な月間アクセス数3500PV程度の底辺学生ブロガー、やたがらすです。

初めてお越しくださった方の中には同じくブログを執筆されている方や、ブログが好きな方も多いのではないでしょうか?

当ブログでは、JALの半永久上級会員資格であるJGCというものを一年間ひたすら飛行機に乗りまくることで手に入れてしまおうというネタを中心に、主に旅行やマイル関連の記事を執筆・投稿しています。

しかし本記事は、

戦略的に売れる記事を書いて見事1日で1万PV達成に成功した!

というものです。
そして1万PV達成は偶然なものではなく、意図的に高アクセスを獲得するコツを使用しました。

なぜ弱小ブロガーが1万PVも達成できたのか、その秘策をご紹介します!

しかしその前に断っておかねばなりません。

確かに月間3500PVの底辺ブログであるとはいいました。その証拠がこちらです。

しかしこれは、一カ月一切更新しなかった場合の潜在的な月間アクセス数です。

実際には一週間に1,2回投稿すると、月間おおよそ2~5万PVものアクセス流入がありますのでご了承を。

目次
1. 1万PV達成した記事はこれだ!
2. 2つのアクセス源でGoogleおすすめコンテンツ掲載を狙う!
3. これでも依然底辺な理由
4. まとめ:長期的なアクセス増は別の対策が必要



1. 1万PV達成した記事はこれだ!

月間実質3500PVの当ブログがたったの1日で1万PVを達成した記事は、こちらです!

[全国対応] 交通系ICチャージでJALマイルを貯める方法! モバイルSuica × JALカードSuica

内容はモバイルSuicaとJALカードを組み合わせれば全国どこでもクレジットチャージができ、JR東日本のJRE POINTが貯まる、さらにJALマイルに交換できるというものです。

投稿直後から反響の勢いは強く、投稿数時間後にはグーグルアナリティクス上でリアルタイム閲覧数が124を記録するほどでした。

ただの個人ブログなのに一度に124ものアクセスが集中しているなんて信じられますか???

おかげさまで、約24時間後には1万を超えるアクセスをいただきました。

流石にここまでのアクセス数が増加するとは思ってもいませんでしたが、実はこの記事は数千アクセスに達することを見込んで投稿していたのでした。

言い換えると、炎上するように意図して作成していたのです。

ではどうすれば良い意味で炎上できるのでしょうか?

2. 2つのアクセス源でGoogleおすすめコンテンツ掲載を狙う!

私の炎上作戦では、Googleおすすめコンテンツへの掲載を目標とします。

多くの方はスマホのプラウザにGoogleを使用していることかと思います。

Google検索のとき、検索入力欄の下にニュースなどが表示されていないでしょうか?
次の写真は、リアルタイムアクセス数が増加した時に私のスマホでGoogleアプリを開いた際のスクリーンショットです。

なんと!私の記事が掲載されているではありませんか!

これはGoogleのDiscoverという機能で、スマホの持ち主の趣向を大きく反映するようです。

つまりDiscoverに掲載されると単に多くの人の目に届くのではなく、アクセスが見込めるユーザーに効率的に宣伝されることになるのです!

なおGoogle公式では次のように説明されています。

“Discover では、ユーザーが Google サービスで行った操作や、ユーザーが直接フォローしているコンテンツに基づいて、さまざまなコンテンツが表示されます。最近公開されたコンテンツだけでなく、ユーザーが関心を持ちそうな古いコンテンツも表示されます。”

またDiscoverに掲載される基準にも記載がありました。

“Discover に表示するための特別なタグや構造化データは必要ありません。Google にインデックス登録されており(重要!)Google ニュースのコンテンツ ポリシーを満たしていれば、ページは対象になります。”

“Discover コンテンツのランキングとパフォーマンスを向上させるには、(1)ユーザーの関心を引くと思われる内容のコンテンツを投稿し、(2)コンテンツに高画質の画像を使用することをおすすめします。”

色々書いてありますが、Googleへのインデックス登録さえされていれば他は大したことはありません。
経験上掲載されるコツとして、投降後数時間以内の短期間に100PVを超えるアクセスがあれば、Discoverに掲載される確率が高くなります。

問題は投稿直後の集中的なアクセスをどう確保するかです。

私は2つの手段として、Twitter日本ブログ村を利用しています。

まず当ブログのメインがJGC修行というかなり狭い特定層をターゲットにしていることもあり、同じくJGC修行界隈や旅行好きの方との交流も兼ねてTwitterを利用しています。

そのためJALやマイルに関するブログ記事を投稿しTwitter上でもお知らせすると、一定数のフォロワーさんが記事を読んでくださるのです。

もう一つのツール日本ブログ村とは、85万以上のブログ管理者が登録している国内最大級のブログコミュニティサイトです。

いくつかブログサイトを閲覧していて、次のようなバナーリンクを見かけたことはありませんか?

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

リンクをクリックすると、ブログ村のサイトにアクセスできます。
ブログ村ではPV数などをもとに、カテゴリー別に新着順・ランキング順など様々な並び方で投稿した記事の情報が掲載されます。

ブログ村を閲覧している方は当然ブログ記事に関心のある方ばかり。

当ブログの領域である旅行、マイレージカテゴリーもそのような方が一定数いるようで、投稿の度にブログ村から一定のアクセスがあります。

ただアクセス源を確保したとしても、やはり記事タイトルを見た方が興味を持つ内容でなければ読んでくれるはずがなく、Discoverに掲載されることもありません。

結局のところ如何にタイトルで釣ることができるか、また過去の投稿でこのブログサイトならきっと役立つ、あるいは面白いに違いないと思っていただけるかが重要となってきます。



3. これでも依然底辺な理由

たった一日で1万ものアクセスを獲得できたという事実、当然ながらこれより遥かに多いアクセス数を一日で稼いでしまう有名ブログもあるはずです。
それでも我ながらこの記録は凄いものだと自負しております。

一方でお世辞抜きで、依然として底辺ブログだと思っています。

なぜなら投稿した直後の瞬間的なアクセスでしか閲覧数を獲得できていないからです。

世の中には月間100万PV越えというものすごいブログサイトもあります。
そのようなブログはGoogleおすすめコンテンツを狙わずとも熱烈なファンがたくさんいて、投稿の度に楽しみにしている読者がアクセスしてくれているはずです。

逆に言えば当ブログのように一カ月ほったらかしにしていたら3500PVしか獲得できないサイトは、ウケるネタを次々に投稿しなければほとんどアクセスされません。
まさに今あなたが読んでいるこの記事のような投稿です。

Discover効果による瞬間的なアクセス増加は、せいぜい1~2日程度です。それを過ぎれば夢は過ぎ去り、アクセスもまばらな日常が再び訪れてしまうのです。

4. まとめ:長期的なアクセス増は別の対策が必要

以上のように、Twitterやブログランキングなどのツールを利用し投稿数時間以内に一定以上のアクセス数を確保できれば、Googleのおすすめコンテンツに掲載され、爆発的なアクセス数の増加につながる可能性があります。

しかしそれはあくまで束の間の夢。

真に人々に愛され恒久的な高アクセスを獲得できるブログサイトにするには、やはり日頃の活動を通じ魅力的なコンテンツを提供しているという信頼を大きくしなければなりませんね。

…という感じで少々良い子ぶって〆ようかと思いましたが、それでも

Google Discover、掲載されたいですよね????

私の運がいいのか自然と炎上するコツが癖になってしまったのかわかりませんが、ここ数カ月の本ブログ投稿では8割以上もの頻度でおすすめコンテンツに掲載されています。

そして見事本記事も掲載されているのであれば、今お読みになっているあなたもDiscoverからアクセスしてくださっているのかもしれません。

私の過去記事や、今後投稿する記事をいくつか見ていただければ自然と掲載されるコツが掴める、かもしれません。

今後参考にしたいという方は是非、Twitterのフォロー、あるいはメール購読(スマホ・タブレットの方は下にスクロール、PCの方は横のメニュー覧)していただけると幸いでございます。

最後までお読みいただきありがとうございました!



[開封の儀実況中継] たった9日でJGCプレミアカードが届いたぞ!!!




2019年12月10日、一週間の始まりであり自然と憂鬱になってしまう悪名高い月曜日。研究室でへとへとになりやっとのこと自宅に帰りつき、ポストを開けると何やら怪しげな封筒がありました。

こ、これは!

JGC PREMIERカードではないか!!!

80フライトにも及ぶ長い長いJGP修行を終えたのはつい先日11月30日。解脱からわずか9日しか経っておりません。公式ではたって2-3週間かかると書いてあるのにです!

しかも折しもこの日の朝、JGP達成の報告として全行程や総コスト、そしてJGPについて思うこと等を書き連ねたブログ記事を投稿したばかりでした。

参考記事
[JALマイル修行] JGP達成! 80レグ全行程と総コストは? 結局JGP修行ってするべき?

なんと数奇な運命なことでしょうか!

ぐったりとした疲れも吹っ飛び、いざ開封の儀を執り行います!




裏面も素敵!

さあ出しますよ?いよいよカード様のお目見えですよ…??

キタ――(゚∀゚)――!!

夢にまで見た金ぴかカードです!!!

やっとの思いで出会うことができました!

感動で涙が出てきそうです(出ませんでしたが)

次にJAL様からのお手紙を読みましょう!

“JMB FLY ON プログラム「JGCプレミアのご案内」”

はい!ご案内されます(`・ω・´)ゞ

“背景 平素より格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。”

こちらこそいつも素敵なフライト体験を提供していただきありがとうございます。

“JALマイレージバンク(JMB)では、毎年1月から12月のご搭乗実績に応じて、FLY ONステイタスの基準を達成された約1週間後から翌々年3月まで、JMB FLY ONプログラムならではのサービスをご提供させていただいております。”

当方修行僧故存じ上げております!

このたび、お客さまにおかれましては、多くのご搭乗により「JGCプレミア」のステイタス基準を達成されましたので、日頃のご搭乗への感謝を込めて、「JGCプレミアカード」をお送りします。

やったぁ!!!

“なお、「JGCプレミア」のサービスは、カードに印字されている有効期限までご利用いただけますので、JALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便ご利用時にご活用いただければ幸甚に存じます。”

いやもう2021年3月まで使い倒させていただきます!

“サービスの詳細につきましては、同封のパンフレットおよびJALホームページ(www.jal.com)をご確認ください”

はーい(^O^)/

“今後ともJALグループをご愛顧賜りますよう心よりお願い申し上げます。 敬具”

こちらこそ今後とも宜しくお願い致します。

…という感じで私の脳内を再現してみました(笑)

あと同封されていたものは、JGCプレミアのパンフレット。

ただのパンフレットなのに高級感あるなぁ!!

そして最後に、JGC修行でゲットしたJMBクリスタルカード、JMBサファイアカード、JGCカードとともにパシャリ!!!

これが撮りたかったんです!!!

欲を言えばもう一枚、“黒塗りの高級カード”があればもっと最高だったんですけれどもね。