JGC修行総集編 Vol.1| 国際線機材で東京-中部2往復!名古屋と海外旅行体験修行

↓シェア:




2019年、私やたがらすはJGC回数修行を実行しました。その修行で気づいた行程の魅力やフライト・空港・グルメ・観光おすすめポイントを、これから旅行計画を立てる方や、JGC修行に挑戦しようという方に向け発信できないだろうか。

そんな思いから、複数回にわたる”JGC修行総集編”のシリーズ投稿を計画しました!

第1回は、東京羽田空港を出発し、東京と名古屋を一日で2往復する”東京-中部4レグ修行”の記録です。
東京-名古屋という短距離路線でしか味わえないフライトの魅力や、名古屋近辺の満喫ポイントをご紹介します!

記事本文ではカテゴリー毎に簡潔に説明。
画像ギャラリーでは豊富な画像を時系列順で掲載し、疑似旅行体験ができるように設定してあります。是非最後までお楽しみください!

目次 
1.プラン概要 
2.プラン立案背景
  2.1. 羽田-中部2往復はダメ!成田を組み込むことがポイント
  2.2. 国際線仕様機を体験しよう!
  2.3. 名古屋観光を満喫しよう!
3. 注目ポイントはここだ!
  3.1. 1レグ目(羽田→中部)は絶景の宝庫~東京都心・富士山・日本アルプス~    
  3.2. 疑似海外旅行を体験?
4.名所・グルメ案内
  4.1. セントレアから20分、熱田神宮
  4.2. 名古屋名物ひつまぶし(あつた蓬莱軒本店)
  4.3. もはやテーマパーク並の魅力!中部国際空港
  4.4. 成田空港短時間滞在の楽しみ方
5.まとめ
6. ご感想・ご意見コメント募集中!
画像ギャラリー



1.プラン概要

修行時期:2019年1月
行程:羽田→中部→成田→中部→羽田
総フライト数:4レグ
費用:26,300円(1レグ当たり6,575円)

レグ数便名路線運賃種別価格
1JAL201羽田[08:15]→中部[09:15]ウルトラ先得6500
2JAL3084中部[14;50]→成田[16:00]ウルトラ先得6650
3JAL3087成田[18:30]→中部[19:50]ウルトラ先得6500
4JAL208中部[20:25]→羽田[21:25]ウルトラ先得6650

簡単にご説明しましょう。
出発は羽田空港。

修行僧の朝は早い!

とはいったものの極端に早いわけではないかな?1月真冬の凍えるような寒さの早朝、セントレアに向かって飛び立ちます。

セントレアには9:15着。復路の成田空港行きは14:50発と5時間以上も先。
そこで一旦名古屋市内まで移動し、観光してしまいましょう!
私と同じように後述の熱田神宮に向かっても良し、他にも朝早いので名古屋名物モーニングセットを味わいに喫茶店に入ってもよし。
存分に名古屋を堪能しましょう。

セントレアから成田に移動すると、日も傾いてくる時刻。折り返しセントレア行きは18:30発と、ここでも2時間半の余裕が生まれます。元気があれば成田市街地や空港周辺のスポットを巡っても良し(本記事では割愛)、もし疲れてしまったのであれば、軽く空港内を散策するにとどめましょう。

成田空港からセントレアへのとんぼ返りフライトは、冬場は既に外は真っ暗。機内でゆっくり休んでいればあっという間にセントレアに到着です。

本日2回目のセントレア、今度は慌ただしくなります。乗り継ぎはたったの30分です!
早足で4レグ目、羽田行きの搭乗口に向かいます。
羽田到着は21:25、朝の出発から13時間が経過しましたね。お疲れ様でした!

2.プラン立案背景

2.1. 羽田-中部2往復はダメ!成田を組み込むことがポイント

JALでは羽田-中部線、成田-中部線がそれぞれ2往復運航されています。
そのため一見羽田-中部2往復でもいいのでは?と思われるかもしれませんが、残念ながら時刻の都合上羽田-中部は朝の往路1便、夜の復路1便しか利用できません。航空券予約の際には、東京(羽田・成田)と指定して検索してみましょう。

 
2019年1月某日の運航便。羽田-中部線のみでは1往復しかできないが、成田-中部線を組み込むことで1日2往復を実現。

2.2. 国際線仕様機を体験しよう!

本プランの最大の特徴は、国内線区間にもかかわらず国際線仕様機材が使われているということ。


国際線JAL SKY WIDER仕様機。通常国内線ではお目にかかれない。

時期によって多少変動しますが、この修行実行日は1,3,4レグの計3便もが国際線仕様でした。他路線でもまれに国際線仕様機での運航便はありますが、高頻度で出会えるのはここ東京-中部便限定の楽しみです。

2.3. 名古屋観光を満喫しよう!

本プランではセントレアでの乗り継ぎ時間が5時間半生じます。この空き時間を利用して、セントレアや名古屋市内を巡ってみましょう!後述のように、手軽に立ち寄れる魅力的なスポットがたくさんあります。


セントレアから名古屋方面へは名鉄空港線で簡単にアクセス可能。

3. 注目ポイントはここだ!

NEXT>>>
3.1. 1レグ目(羽田→中部)は絶景の宝庫~東京都心・富士山・日本アルプス~

↓シェア: