FDA乗り放題パスで日本各地をホッピング!FDA修行の記録|第1日目 神戸→名古屋小牧

2021年3月、FDAから乗り放題パス「FDA 2DAY/3DAY PASS」が販売されることになり、大きく話題となりました。
2日間あるいは3日間全国のFDAが乗り放題となる、飛行機好きにとって夢のような搭乗券です。

普段JALばかり利用している私も、このFDA乗り放題はとても気になるところ。
JGC修行でFDAのコードシェア便を利用した過去もあることから、是非またFDAに乗ってみたい。

というわけで、1泊2日でFDA乗り放題の旅、やってきちゃいました!
今回はその第1日目の旅行記をお届けします。

FDA修行、どうぞお楽しみください!

目次
1泊2日8レグフライトの行程
2. 神戸空港15周年記念!そらやんのお見送りで出発!
3.機内よりFDAの簡単な紹介
4.信州まつもと空港にて
5.新千歳・ジンギスカンでエネルギーチャージ!
6.おいしい山形空港、確かに○○がおいしい!
7.夕暮れの名古屋・小牧空港へ、一日の〆はひつまぶし
8.次回予告

1. 1泊2日8レグフライトの行程

今回の旅は、以前FDA乗り放題ツアーの記事でご紹介した神戸発着モデルプランと同じ!1泊2日で8フライトの行程です。
路線と時刻は以下の通り。

 

便名

発着

時刻

1日目

232

神戸→松本

10:00→11:00

 

211

松本→札幌(新千歳)

11:35→13:10

 

603

札幌(新千歳)→山形

15:10→16:30

 

386

山形→名古屋(小牧)

17:05→18:20

2日目

341

名古屋(小牧)→高知

07:25→08:30

 

342

高知→名古屋(小牧)

09:00→10:00

 

363

名古屋(小牧)→青森

10:30→11:50

 

834

青森→神戸

12:25→14:15

本記事で扱う1日目は、神戸→松本→新千歳→山形→名古屋小牧となります。

神戸を朝10時に出発し、11時に松本に到着。35分間の小休止のうち、新千歳へ向かいます。新千歳では2時間の空き時間。やや遅めのランチタイムです。

その後山形空港へ少し南下した後、またわずか35分間で1日目の目的地、名古屋へ向かいます。名古屋小牧空港には夕方18:20の到着でした。

JAL・ANAユーザーにはやや馴染のない空港も多い点が特徴です。

神戸空港には以前からANA、スカイマークが就航していましたが、JALは10年以上前に撤退して以来長らく縁がなく、つい1年半前、2019年秋にFDAのコードシェア便として再就航を果たしたのでした。

松本空港はFDAのみが就航。新千歳まで来てやっと、いつも見慣れた航空会社を目にすることができるのです。
その後の山形空港では、JALのJ-AIRも羽田・伊丹便を運航していますが、ANAには縁のないところ。

そして最終目的地・名古屋小牧空港は、FDAのお膝元!独特の世界眼が形成されていたのです。

2. 神戸空港15周年記念!そらやんのお見送りで出発!

旅は関西における唯一のFDA就航地、神戸空港から始まりました!

神戸空港にやってくると、関西の空港でお馴染み、見覚えのあるキャラクターがお出迎えしてくれました

そらやんです!かわいい!!!!

そらやんは、関西エアポートのマスコットキャラクター。伊丹空港や関西空港でも至る所にそらやんの可愛いイラストを見ることができます。

しかし、リアルそらやんに出会える機会はほとんどありません。何故神戸空港にいるのでしょうか?

リアルそらやんは想像以上にひこうき。お尻の尾翼部分がチャームポイントです!

実はこの日、神戸空港開港15周年イベントが開催されていました!そのイベントにそらやんも駆けつけてくれたんですね!

神戸空港の職員さんも、横断幕を掲げて歓迎!

FDAでは搭乗者向けにちょっとしたプレゼントも!

素敵なメッセージカードにポケットティッシュ、そしてオリジナルマスクケースをいただきました。

旅行開始早々、最高の思い出ができました。
ちなみに神戸空港からは、スカイマークの下地島線の運行も始まりました!

最近話題の下地島へ、関西からはもちろん、羽田から神戸を経由して訪れるのもいいかもしれませんね。

さて、自動チェックインカウンターで今日1日分の搭乗券を発券しました。

4フライト分全て1度に発券できました。
5フライト以上も発券可能かどうかはわからないので、誰か試してください!

なおこの搭乗券、水分ですぐ印字が滲んでしまうのでご注意!
私は発券後すぐ端の方が読めなくなってしまい、悲しい気持ちになりました。

神戸空港はスタイリッシュでとても綺麗、かつ大都市にある空港ですが、規模はそれほど大きくありません。
搭乗口も5つだけ。近隣に伊丹、関空と日本を代表する大空港があるので仕方ないのでしょう。

しかしお店はそれなりに入居しており、制限エリア内にはカードラウンジもあるのでとても便利です。

カードラウンジ内部

さて、いよいよFDAの旅を始めましょう。

1発目は明るい水色の機体でした。
先ほどのそらやん率いるお見送りチームの皆さんもスタンバイ!

春の日差しとともに、明るく暖かいおもてなしのもと、神戸から空の旅が始まりました。

3. 機内よりFDAの簡単な紹介

ここで機内より、フジドリームエアラインズ(FDA)について簡単にご紹介しましょう。

FDAは、静岡空港、名古屋小牧空港、神戸空港を拠点とするリージョナル航空会社です。
3拠点を構えてはいますが、特に小牧が最大の拠点です。

FDAの最大の特徴が、カラフルな機体です!

大半の航空会社では基本のカラーリングがあり、たまに特別塗装の機体があるという感じ。
しかしFDAでは、全ての機体で塗装が異なります!その数なんと16種類!

機内誌にもそのカラフルな機体が紹介されています。

しかもどのカラーリングの機体がやってくるかは、実際に見るまでわかりません。乗るときのお楽しみなのです!

また搭乗してから気づいたことがもう一点。

この日の神戸→松本便はほぼ満席で、残念なことに通路側の席しか取れませんでした。
しかし搭乗してみると窓側の座席は空いており、他にも空席がちらほら。

それじゃあ窓側に移ってもいいかな?と思ったのですが、座席ポケットにこんなリーフレットが。

離陸時は搭乗券に記載された座席に座るよう明記されていました。

FDAの機体はリージョナルジェットという小型の飛行機。プロペラ機ほどの小ささではないものの、離着陸時の重量や重心が極めて重要なようです。

したがって、座席指定の段階から指定できる席を制限していたのかもしれません。

FDAでは飲み物とお菓子のサービスがあります。
これも面白いことに、路線や時間によって内容が異なります。

神戸→松本便では、紙パックの静岡茶とチョコが提供されました。

機内ではついつい甘いものが欲しくなりがちなので、このサービスは嬉しいですね。

新鮮なFDAのフライトを楽しんでいるうちに、あっという間に第一の目的に、信州まつもと空港に到着しました。

4. 信州まつもと空港にて

信州まつもと空港での滞在はわずか35分。
限られた時間の中で、とりあえず松本空港らしいものを撮っていきましょう。

空港ターミナルは大きくはないものの、綺麗でしっかりした造り。味のある食事処や売店もあります。

屋上デッキからは日本アルプスの雄大な景色もはっきり見えます。

通路側の席だったため撮影できませんでしたが、空港は険しい山に囲まれています。
着陸時も山の際すれすれを飛行し、迫力のある降下を楽しめました。

ちなみに松本空港には謎のラウンジがあります。
しかし、新型コロナウイルス対策のため閉鎖中でした。

ざっと松本空港をまわったので、次の目的地、新千歳へ向かいましょう。

なお、新千歳ではなく1時間遅い福岡行きに乗り、新潟経由で小牧へ行くこともできます。
ここ松本空港は、神戸発着乗り放題プランの行程分岐点でもあるのです。

新千歳までは引き続き同じ乗務員・機体でした。

今度の飲み物はカップで提供。いくつかの種類から選べました。

NEXT>>>
5. 新千歳・ジンギスカンでエネルギーチャージ!

コメントを残す