[JALマイル修行] JGP達成! 80レグ全行程と総コストは? 結局JGP修行ってするべき?




早いもので2019年も残りわずか。2019年にJGC修行やJGP修行をしていたという修行界隈同志の方も、既に解脱されたかいよいよ大詰めの頃でしょう。

私もその中の一人。2019年11月30日、ついに念願のJGP達成となりました!!

今日では大学生JGC会員の数も、少ないながらも数を増していることでしょう。

しかしさすがにJGPとなるとさらに少ないはずです!

今回はJGC修行からJGP修行まで全フライト行程と総コストをご報告するとともに、JGP修行ならではの魅力をお伝えします。

一方で結局JGP修行までする必要はあったのか?という誰もが抱くであろう疑問についても考察しました。

目次
1. 80レグ全行程と総コストは??
2. JGC修行では味わえなかったJGP修行ならではの魅力
3. JGP修行で得たもの、失ったもの
4. 結局JGP修行はするべきか??



1. 80レグ全行程と総コストは??

ここに2019年JGC修行からJGP修行ラストフライトまでの全80フライトを示します!
スマートフォンでご覧の方は少々見にくいかもしれません。申し訳ありません。

レグ数 便名 路線 運賃種別 運賃
1 JAL201 羽田[08:15]→中部[09:15] ウルトラ先得 6500
2 JAL3084 中部[14;50]→成田[16:00] ウルトラ先得 6650
3 JAL3087 成田[18:30]→中部[19:50] ウルトラ先得 6500
4 JAL208 中部[20:25]→羽田[21:25] ウルトラ先得 6650
5 JAL111 羽田[09:30]→伊丹[10:40] ツアー 8500
6 JAL2323 伊丹[17:00]→但馬[17:35] スカイメイト 7160
7 JAL2324 但馬[18:05]→伊丹[18:40] スカイメイト 7160
8 JAL138 伊丹[20:25]→羽田[21:30] ツアー 8500
9 JAL101 羽田[06:30]→伊丹[07:40] ウルトラ先得 8150
10 JAL2361 伊丹[08:35]→大分[09:35] ウルトラ先得 6560
11 JAL2362 大分[10:05]→伊丹[11:00] ウルトラ先得 6560
12 JAL2385 伊丹[11:55]→熊本[13:10] ウルトラ先得 7960
13 JAL3873 熊本[14:45]→天草[15:10] ウルトラ先得 5300
14 JAL3898 天草[17:55]→福岡[18:35] ウルトラ先得 11400
15 JAL330 福岡[20:00]→羽田[21:30] ウルトラ先得 10090
16 JAL3087 成田[18:30]→中部[19:50] 特便21タイプE 7750
17 JAL208 中部[20:25]→羽田[21:25] 先得タイプA 7500
18 JAL585 羽田[07:40]→函館[09:05] ツアー 7500
19 JAL2742 函館[09:45]→丘珠[10:25] スカイメイト 5000
20 JAL2863 丘珠[11:00]→釧路[11:45] スカイメイト 5000
21 JAL2862 釧路[12:15]→丘珠[13:05] スカイメイト 5000
22 JAL2749 丘珠[14:00]→函館[14:45] スカイメイト 5000
23 JAL584 函館[09:50]→羽田[11:25] ツアー 7500
24 JAL901 羽田[06:25]→那覇[09:20] ツアー 14000
25 JTA605 那覇[09:50]→石垣[10:55] ウルトラ先得 7100
26 JTA608 石垣[11:30]→那覇[12:30] ウルトラ先得 5100
27 JTA565 那覇[15:20]→宮古[16:20] ウルトラ先得 4700
28 JTA566 宮古[17:55]→那覇[18:40] 先得タイプA 7800
29 RAC883 那覇[18:10]→久米島[18:45] 先得タイプB 5200
30 RAC884 久米島[19:10]→那覇[19:45] ウルトラ先得 4600
31 JTA601 那覇[07:15]→石垣[08:15] ウルトラ先得 5600
32 RAC834 石垣[14:35]→宮古[15:05] スカイメイト 7100
33 JTA572 宮古[18:50]→那覇[19:35] ウルトラ先得 6000
34 JTA601 那覇[07:15]→石垣[08:15] ウルトラ先得 5600
35 JTA600 石垣[08:55]→那覇[09:50] ウルトラ先得 5500
36 JAL904 那覇[11:30]→羽田[13:40] ツアー 14000
37 JAL111 羽田[09:30]→伊丹[10:40] ツアー 8500
38 JAL126 伊丹[16:30]→羽田[17:40] ツアー 8500
39 JAL117 羽田[12:30]→伊丹[13:40] 特便1タイプC 12950
40 JAL126 伊丹[16:30]→羽田[17:40] 特便1タイプC 14050
41 JAL117 羽田[12:30]→伊丹[13:40] スカイメイト 10350
42 JAC2321 伊丹[08:55]→但馬[09:30] 先得タイプA 7360
43 JAC2324 但馬[18:05]→伊丹[18:40] 先得タイプA 7360
44 JAL2341 伊丹[07:10]→出雲[08:00] 乗継割引28 9860
45 JAC3433 出雲[09:30]→隠岐[10:00] 乗継割引28 6200
46 JAC3434 隠岐[10:25]→出雲[11:00] 先得タイプA 8700
47 JAL2346 出雲[11:50]→伊丹[12:40] 先得タイプA 9960
48 JAL2151 伊丹[08:05]→青森[09:30] Skyscanerの安い航空券 15090
49 JAL142 青森[10:00]→羽田[11:20]
50 JAL139 羽田[19:25]→伊丹[20:35] 特便1タイプC 12,250
51 JAL116 伊丹→羽田 ツアー 8500
52 JAL119 羽田→伊丹 ツアー 8500
53 JAL648 鹿児島→羽田 スカイメイト 19090
54 CX521 成田→香港 予約クラスK 41960
55 CX709 香港→バンコク 予約クラスK
56 JAL131 羽田→伊丹 スカイメイト 11500
57 JAL2431 伊丹→宮崎 スカイメイト 13000
58 JAL3632 宮崎→福岡 ウルトラ先得 11060
59 JAL2058 福岡→伊丹 スカイメイト 10260
60 JAL2087 伊丹→那覇 スカイメイト 14180
61 JAL2088 那覇→伊丹 スカイメイト 14180
62 JAL133 伊丹→羽田 ウルトラ先得 9350
63 JAL112 羽田→伊丹 スカイメイト 10350
64 JAL133 伊丹→羽田 ウルトラ先得 9950
65 JAL104 羽田→伊丹 スカイメイト 10350
66 JAL2323 伊丹→但馬 スカイメイト 7310
67 JAL2324 但馬→伊丹 スカイメイト 7310
68 JAL2053 伊丹→福岡 スカイメイト 10260
69 JAL332 福岡→羽田 ウルトラ先得 14290
70 JAL315 羽田→福岡 スカイメイト 16590
71 JAL2056 福岡→伊丹 スカイメイト 10260
72 JAL124 伊丹→羽田 スカイメイト 10350
73 JAL131 羽田→伊丹 スカイメイト 10350
74 JAL2053 伊丹→福岡 スカイメイト 10260
75 JAL2603 神戸→松本 ウルトラ先得 8300
76 JAL2602 松本→神戸 ウルトラ先得 8300
77 JAL112 伊丹→羽田 スカイメイト 10350
78 JAL2341 伊丹→出雲 スカイメイト 9960
79 JAL278 出雲→羽田 スカイメイト 12290
80 JAL3009 成田→伊丹 スカイメイト 10710

まずJGP修行、すなわち51レグ~80レグ目のコストは349120円1レグ当たり12038.62円でした。

…え??????

驚いた方も少なくないでしょう。
羽田-伊丹の特便割引でも片道12000円程度で搭乗できることを考えると、回数修行としてはあまりにも高すぎます。

なおJGC修行のみ、すなわり1~50レグでのコストは387320円、1レグ当たり7746.4円

全期間の総コストは736440円、1レグ当たり9441.5円となりました。

したがって、JGC修行の50レグに対しその先JGP修行では30レグと20レグ分も少なかったにも関わらず、総費用がほとんど変わらなかったことになります。

なぜこうなってしまったのか?それはJGC修行とJGP修行に全く別のコンセプトで取り組んでいたためです。

JGC修行では一般的な回数修行のように、なるべく1レグ単価を安くしかつ一度に複数回搭乗できるよう、修行プランを作成し実行していました。
そのためには綿密な修行計画が必要であり、計画次第で旅の面白さも大きく変わることになります。

したがって私は2019年JGC修行が始まるよりもずっと前、2018年夏ごろからプランを計画し、その内容が当ブログの原点ともなったのでした。

参考記事
JGC修行準備編(格安路線・モデルプラン紹介記事)

ではJGP修行では何を重視していたのか。

まずJGCの恩恵を享受することを優先的に考えました。

JGC修行でサファイアステータスを獲得したことにより、JAL便搭乗時に次のようなサービスを受けられるようになりました。

・フライトマイル105%ボーナス
・JGCカウンター/ビジネスクラスカウンターの利用
・サクララウンジの利用
・優先搭乗
・空席待ち種別A

などなど

特にフライトマイルとラウンジ利用サービスの恩恵は大きく、なるべく大きい空港発かつ長距離な路線を使うほどJGCの効果を発揮できると考え、JGC修行で多用した所謂短距離格安路線はほとんど利用しませんでした。

またJGC修行の真価を試すべく、友人を連れてキャセイパシフィック航空で香港・バンコクへも旅行し、その往路分もJGP修行の2レグ分として計上されています。

さらにはプライベートの用事で大阪-東京間の移動が頻繁に発生したこと、空席待ち種別がAになったためスカイメイトでの利用がしやすくなり、スカイメイトを多用した弾丸フライトが多くなりました。

以上の結果、回数修行としては決して安くない修行となったのでした。



2. JGC修行では味わえなかったJGP修行ならではの魅力

JGP修行の魅力はやはり、JGCの恩恵を最大限に享受できることです!

例えばJGC会員になり利用できるようになったサービスにJGCカウンター、保安検査場優先レーンサクララウンジ、優先搭乗、プライオリティパッケージの利用がありますが、これらにより“無駄な待ち時間に対する労力”が驚くほど軽減されます。

朝や週末に空港に行くと、手荷物カウンターや保安検査場が長者の列で絶望した経験はないでしょうか?
JGC修行でも、JGCを獲得するまではその大混雑した人混みに挑まなければなりません。

したがって空港には余裕をもって到着する、また保安検査場を抜け搭乗するまで時間を潰すなど、時間に対する労力が必要となったわけです。

それがJGC獲得後はほとんど心配することがなくなりました。

ラウンジサービスなどの贅沢サービスを受けられること以上に、この時間に対する心配事が軽減したことがJGCのメリットであり、JGC修行以上に快適に行動できる点が、JGP修行の魅力です。

3. JGP修行で得たもの、失ったもの

JGP修行で得たもの、それはJALの最上ランクのステータス保持者というJALファンとしての誇り、そしてJGP修行という富士山よりも高い大きな挑戦を成し遂げたという自信でした。

大学に入りたての頃、旅行好きでありながら資金力のなかったかつての私はJRの青洲18きっぷで格安旅をしたりと、なるべく安くすませることばかり考えて旅をしていました。

それが数年後には日本全国を飛び回り、日本の大手航空会社の最上級ステータス獲得に挑戦し、かつブログ活動までしているなんて誰が予想できたでしょうか。

これまでの、そしてこれからの人生においても、この1年間のJGC・JGP修行は大きな自信経験として残ることでしょう。

一方で失ったものもあります。それは飛行機に乗ることの特別感です。

今日では航空機は必ずしも高価な交通手段ではなくなりつつありますが、それでも日常的に利用するものではありません。
特に学生にとっては、旅行や帰省のときなど特別な機会に利用するものです。

したがって飛行機に乗る、その事実そのものが特別な体験となるわけです。

しかし年間80回も搭乗した私にとって、飛行機は日常の一部となりました。

特にJGC解脱後のJGP修行では当然のように優先カウンターや優先レーンを利用し、ラウンジでコーヒーを飲む生活を送り、かつての憧れだった行為は当たり前の風景となりました。

飛行機に乗るという特別感の喪失、そして上級会員という憧れにたいする特別感の喪失、嬉しい一方で寂しく悲しい感情を抱きました。

4. 結局JGP修行はするべきか??

JGC修行は決意したものの、JGCまでにとどめておくか、更に高みを目指しJGPまで進むべきか、悩まれる方も多いと思います。

結局JGP修行をするべきかどうかというと、

正直わかりません。

結果論として、私個人はおそらくJGCで止めていたとしても十分快適かつ満足したJALライフを送れていたのではないかと思います。

一方でJGC修行中にもちょっとだけ国内線ファーストクラスに搭乗しフライングしてJGC以上の体験を味わい、ただでさえ魅力的なJGCの更に上を行くサービスはどんなに素敵なのか、新たな憧れも抱いてしまったのです。

ただ一つJGC修行とJGP修行の違いを挙げるとすれば、私はこう考えます。

JGC修行は便利さを追い求めるもの

JGP修行は贅沢さを追い求めるもの

優先カウンターやラウンジでの時間つぶし、優先搭乗など一般ユーザーでは利用できない便利ツールを獲得することが最大の目的であれば、JGC修行で十分です。

その上で、フライトに更なる贅沢さ、例えばファーストクラスカウンターやダイヤモンド・プレミアラウンジ/ファーストクラスラウンジなどのサービスを求めたい、格別な非日常を味わいたいという目的が大きければ、JGPまで検討する余地があると思います。

最後に、私はJGC修行で十分だったかもしれません。しかしJGCで終わらずJGPまで挑戦して良かったと思います。なぜならJGC解脱後30回も搭乗し、JGCの恩恵を十分味わいつつ、ブログやTwitterを通じ皆さんと思い出を共有することができたからです。

そしてこれからはJGP会員として、よりJALの魅力に迫ることができます。

これにてJGC修行、JGP修行は終わりましたが、JALライフはまだ終わりません。むしろここからが始まりです。

これからも引き続き、宜しくお願いします!



「[JALマイル修行] JGP達成! 80レグ全行程と総コストは? 結局JGP修行ってするべき?」への2件のフィードバック

  1. 後ライフタイムマイルと云うものがあります。
    生涯搭乗マイルで100万を越えると別の優遇があり、これには特典航空券も含まれますが他社便は全て除外。ダイヤモンド以上の難関ですが到達されますようお祈り申し上げます。

    1. SIMOさんコメントありがとうございます。
      生涯搭乗マイルは特典航空券も対象になるとは知りませんでした!とはいえ100万マイルは想像を絶する険しい道ですね!いつの日か到達できるのでしょうか…?ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です