JGC FOP修行 | Go to トラベル活用で直前でもお得に修行可能!特便割引とダイナミックパッケージのFOP単価を比較

↓シェア:

JAL国内線でのJGC FOP修行でよく話題となるのが、先得割引を利用するか、それとも特便割引を利用するかです。運賃の違い、積算FOP数の違いから、どちらがよりお得にFOPを稼ぐことができるか(FOP単価を下げることができるか)がFOP修行の焦点になってきます。

ところでJALには通常の航空券の他、JALダイナミックパッケージというものがあります。従来の往復+宿泊プランに加え、Go to トラベルキャンペーン開始に伴い日帰り往復プランも誕生しました。価格は安くなりますが、同時に積算FOP数もより少なくなってしまいます。

従来ツアー利用ではFOP単価が高くなってしまうためFOP修行では避けられる傾向にありましたが、Go to割引を適用し極端に安くすれば、直前期でもお得にFOP修行をすることはできないでしょうか?

そこで本記事では、FOP修行で人気のある羽田-那覇線を例に、直前期では通常の航空券とツアー商品どちらがよりお得か、検討してきます。

目次
1. 羽田-那覇線の特便割引とGo to対象ツアーの料金比較
2. 特便割引とツアー商品の積算FOP算出方法
3. 積算FOPと単価を比較!
4. まとめ:Go toを使えばFOP修行でもツアー利用がお得!

1. 羽田-那覇線の特便割引とGo to対象ツアーの料金比較

まず一例として、国内線FOP修行でも人気の羽田-那覇線について、通常の片道航空券とツアー料金を比較してみましょう。ここでは2021年1月2日に2021年1月16日㈯搭乗分(ツアーは同日出発)で検索したものを掲載しています。

特便割引3が通常の航空券単体では最も安く、片道21210円でした。

次はこちら。
JALダイナミックパッケージの日帰り往復プラン。Go to 割引を適用し往復で20900円、片道当たり10450円となりました。特便割引のほぼ半額です!

では往復+宿泊プランではどうでしょうかは最安プランではGo to割引適用後なんと合計16100円!宿泊代を0円と計算しても、片道8050円と破格のお値段です!

なおツアー商品はさらに地域共通クーポンの付与されるので、実質的にはさらにお得になります。

2. 特便割引とツアー商品の積算FOP算出方法

特便割引とツアー商品では積算されるFOP数が大きく変わってきます。フライトマイルと搭乗ボーナスFOPの違いによるものです。

特便割引ではフライトマイルは区間マイルの75%となり、搭乗ボーナスFOPは400です。一方でツアー商品のフライトマイルは区間マイルの50%、搭乗ボーナスFOPはありません。
なおFOP換算率はどちらも2倍です。

羽田-那覇線を例に計算すると、片道分の積算FOPは次のようになります。

  • 特便割引:984×0.75×2+400=1876 FOP
  • ツアー:984×0.5×2+0=984 FOP

したがって獲得できるFOPは大きく異なり、単純に安いからお得ではない点がFOP修行の難しいところです。

またFLY ON ステータス会員向けの1カ月FOP1.5倍キャンペーンを使用した際には、FOPボーナス分を除いた分が1.5倍となり、さらに計算が複雑になります。

3. 積算FOPと単価を比較!

以上のように、2週間後に羽田-那覇線に搭乗すると仮定して、特便割引とツアー商品の片道分料金、積算FOP数を比較してきました。これらをもとにFOP単価を計算すると、次のようになります。

羽田-那覇
運賃種別料金(片道分, 円)積算FOPFOP単価(円)1.5倍月積算FOP1.5倍月FOP単価
特便321210187611.326148.1
ツアー日帰り往復1045098410.614767.1
ツアー往復+宿泊80509848.214765.5

特便割引よりもツアー商品の方がFOP単価を抑えられています!
特便割引がFOP単価11.3円なのに対し、ツアー往復+宿泊プランでは8.2円です。FOP1.5倍月であれば5.5円まで抑えることも可能です!

もっとも、先得運賃で9000円前後の航空券を確保することができれば、そちらの方が単価的には優れています。

4. まとめ:Go toを使えばFOP修行でもツアー利用がお得!

以上のように、先得運賃が利用できない直前期においては、JALダイナミックパッケージとGo toトラベルを活用することで、お得にFOP修行ができることがわかりました。

一見FOP修行では使いにくい印象のあるツアー商品も、Go toキャンペーンが続く限りは検討の余地がありそうです。

特に1,2月にFOP1.5倍月を控えている方は、ツアー利用での追加フライトも検討してみてはいかがでしょうか?

>>>
JAL Go To ダイナミックパッケージ

↓シェア:

コメントを残す