JAL特製カレーは本当に旨いのか?! 成田空港JALサクララウンジへ行ってみた!

↓シェア:




過酷なJGC修行を経てやっと手に入れたJGC会員資格。そのうちの大きな魅力の一つにJALサクララウンジやワンワールド加盟航空会社ラウンジの利用資格があります。

特に国際線ラウンジの豪華さは尋常ではなく、JAL国際線サクララウンジの特製カレーを夢見て修行を決意するかたもいるはずです!

さて2019年JGC修行をした私ですが、6月にサファイア達成し、その祝賀フライトと友人との旅行を兼ねて、8月キャセイパシフィック航空でタイ旅行に行きました。

参考記事
香港デモによるキャセイパシフィック欠航騒動に巻き込まれました!!

その際に3つの豪華なラウンジを訪問したので、3回に分けて書いていきたいと思います。

第一弾は、成田空港JAL国際線サクララウンジです!

目次
1. 本編の前に(本記事のコンセプト)
2. いざカレーを求めてサクララウンジへ
3. 次回予告



1. 本編の前に(本記事のコンセプト)

本記事は一旅行者としてのラウンジの訪問記であり、ラウンジの事細かな紹介を目的とはしていません。見たままの思い出を記録したものと捉えていただきたいです。

このときのラウンジ訪問時に撮影した記録は純粋な旅行の思い出として残したものだけであり、紹介用に隅々まで取材しておりません。

なので一つ一つの座席や全ての料理、シャワールームの写真など、サクララウンジの設備を紹介するようには執筆しておりません。

そして私自身も、訪れた思い出を振り返りながら、思うがまま気楽に文字を連ねております。

そのため説明不足とはなりますが、一方で設備サービス説明という体裁をとらないことで、利用者として味わえる過ごし方・楽しみ方の一例を伝えやすくはなっているんじゃないかと思います。

それでは本編へまいりましょう!

2. いざカレーを求めてサクララウンジへ

この日は夕方17時頃出発の便。

初めて入る国際線ラウンジなのでせっかくなら朝からずっと入り浸りたい!!

しかし友人も一緒のためこんな航空旅行オタクに合わせて早く来てもらうのも申し訳ないので、出国審査を済ませた時点で15時半ぐらいだったかな?

一時間ぐらいしかいられませんが、早速夢のサクララウンジに行ってみましょう!

金ぴかの鶴丸がお出迎えです!
思わず写真を一枚!友人もパシャって撮ってましたよ!

国内線サクララウンジよりも一層ゴージャス感溢れます。

ラウンジで受付を済ませていざ中に入ります!
実は本当にキャセイのチケットでも入れるのか不安でドキドキでした笑

受付は3階部分にありましたが、エスカレーターで一旦2階に下がり、中に入ります。

ちょっぴり和風な桜のデザインが素敵!
日本に来た外人さんにもきっと好評!

さあ下って下ってきましたサクララウンジ!!!

といいたいところですが興奮しすぎて写真は撮っていないようです。
マップはちゃーんと記録していたみたいですけどね。

ふむふむ、2階がくつろぎスペースで3階がダイニングスペース?

迷うことなく3階で腹ごしらえすることが友人との3秒会談で閣議決定されました。

その前に入口すぐにあったロッカーに荷物を預けます。

ちょっとした荷物しかないのでわざわざ預けるほどではなかったのですが、身軽に過ごしたかったのでタイのガイドブックだけ片手に.

 

1枚だけ2階の写真を撮っていたみたい。奥にまでは探検していません。

階段だけでもこの貫禄です!

3階に上るととっても混雑していて、写真撮れるような状況じゃなかったことを記憶しています。

快適そうな2人分の席を探したところ、なんとか窓側席を確保。

JAL、JAL、JAL、JAL!!!

窓の外はJALだらけ!!!

みんなこれからアメリカやrヨーロッパやら世界中のいろんなところに飛び立っていくと思うと、なんとも形容し難い感情が沸き上がってきそうです!

席も確保したので早速お食事タイムといきましょう。
まずはお飲み物。

やっぱりまずはスパークリングでしょ!

ということでワインコーナーへ。

ただ並べられたワイングラス。でもこれだけでも特別な感じがするのは気のせい???

ワインも氷でキンキンに冷やされたものが用意されていました!

スパークリングに赤、白と計3種類だったかな。

ワインを席においたら、いよいよカレー様とご対面しましょう!

お米は山形県産の雪若丸。
存じない銘柄でいたが名前からしてものすごく良さそうなお米です(あくまで想像です)。
さすがこだわりが違いますね!

ところが…

なんと中身空っぽ!!!

カレーが人気過ぎて売り切れてしまったのでしょうか???

まあすぐ職員さんが炊き立てご飯をもってきてくれたんですけれどもね。

さあいよいよ、伝説の“JAL特製オリジナルビーフカレー”をよそって…

待ってました!!!
写真越しにもわかる、大きいごろっとした牛肉!

こんなの美味しくないわけがない!!!

サラダ系の惣菜も持ってきました。

シャンパンにカレーに、外の真っ白なJALの飛行機。
最高の風景を前に、いただきます!!!

……

食レポ苦手なので余計なこと書きませんが、言葉を失うぐらい美味しい!
カレーなのに辛みはそれほどなくコクや旨みを凝縮した味わい(?)です。

大きい牛肉も、口に入れたとたんホロけるような、カレーの常識を覆す食感。

流石数多くの旅行者を魅了し話題となってきただけのクオリティです!

JAL特製カレー店とかあったら絶対はやりそう!

他、おまけに…

金ぴか泡ビールに

金ぴか鶴丸印の割りばしとふきん。
ショップで売ってたら普通に買いたいかも。

3. 次回予告

次のラウンジは、バンコク・スワンナブーム国際空港のキャセイラウンジです!

キャセイといえば本拠地香港空港のラウンジがあまりにも豪華なことで有名ですが、バンコクもJALサクララウンジに負けない程魅力あふれるラウンジですよ!

おたのしみに!



↓シェア:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です