[知る人ぞ知る] お得な伊丹空港社員食堂「OASIS」を紹介!(4/28追記版)





伊丹空港のOASISはご存じですか?

OASISとは知る人ぞ知る、伊丹空港の職員食堂です。

空港職員のための食堂ではありますが一般の人も利用することができ、飛行機好きやJGC修行、SFC修行界隈ではちょっとしたかくれ有名スポットとなっています。

そしてメニューは安くて美味しいことでも有名。

今回はそんなOASISを訪問し、レポートしました!



食事をしようとお店を探すとき、おそらく建物内の各地に設置されているフロアマップを見ることでしょう。

しかしショップ一覧にOASISの文字はありません。

つまり予め場所を知っていなければたどり着けないんです…。

OASISはJALグループが発着する北ターミナルの1階にあります。

1階のバスターミナルの近くにあるローソンと北ターミナルの入口が目印となります。

こちらが北ターミナルの入口。

しかしここから入ってはいけません。

目線を少しずらすと、テラス席があります(この左側にろーそんがあります)。

OASISに行くには、このテラス席の右奥の方へと進んでいきます。

これ一般客が入るところじゃないだろ、という感じのところを進んでいきます。

上の写真の天井のある部分まで進むと、右手にOASISと書かれた看板が見えます。

扉には「関係者以外立ち入り禁止」の文字があり、一般客お断りのような雰囲気です。

しかしOASIS利用の場合は入って良いことになっていますので、勇気をもって扉を開け進みましょう。

中に入ると…

無事OASISに到着です!

まずメニューを見てみましょう。

定食に中華、丼、うどん・そば、カレーと豪華すぎるぐらい種類が豊富です。

そして値段も安い!

ほとんどのメニューは400円~600円ほどで設定されているようです。

※記事末で紹介するOASISカードを利用するとさらに10%OFFになります!

また訪問時はラーメンフェアが開催されており、全7種のご当地ラーメンが提供されていました。

それもなかなか味のあるご当地ラーメンがラインアップされており、高知須崎市の鍋焼きラーメンまであるから驚きです!

しかしご当地ラーメンメニューはいずれも完売で、残念ながら体験できませんでした。

おにぎりやサンドイッチなどお持ち帰りメニューも充実。

食堂内での食事ではまず券売機で食券を購入し、その後カウンターで食券と引き換えに料理をもらいます。

セルフ方式で、飲み物や調味料も自分でお好みで使用します。

酢、ソース、醤油、七味など基本的なものはそろっています。

店内は広く、訪れたのが14時頃で昼のピークも過ぎていたのか空いていました。

多くはこのようなテーブル席ですが、

1人、2人利用のしやすいカウンター席も設置されています。

卓上にもソースと醤油が置かれています。

さて今回私が選択したメニューは、500円のビーフカレーです。

パッと見ですぐわかるほどごろっとした牛肉がのっかっています。

味も甘口でコクのあるしっかりした味わいで、とても500円とは思えないクオリティ。

ターミナルのレストラン街にあっても十分人気店としてやっていけそうだと感じました。

卓上の案内によると、カフェメニューには最近流行りのタピオカドリンクもあるそうです。

コーヒーも100円。

ケーキ類もお手頃価格で用意されているので、ちょっとしたお茶休憩にも最適です。

またパーティ注文も承っているようです!

空港関係者でなくても利用できるのであれば、JGC修行お疲れ会など飛行機好き仲間の会合に使っても面白そうです!

以上、知る人ぞ知る伊丹空港の空港食堂OASISでしたが、一般客も利用できるとはいえ空港職員の方優先であることは覚えておくべきです。

昼時はおそらく混みあうことが予想されますので、時間をずらして空いている時間に、じっくりとお食事を楽しみましょう!

[4/28追記]
お得なOASIS ICカードの加入方法

OASISにはチャージタイプの専用ICカードがあり、このカードを利用すればお食事が10% OFFになります!

OASISカードはOASISに入ってすぐ左のカウンターで作成できます。

カードは即時発行でき、その日から利用できます。

書類などの記入も一切必要ありません。

カードを作成すると簡単な説明用紙がもらえます。

何度もOASISに訪れるだろうという方は是非作成をおすすめします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です