JGC修行にも使える! JAL101 羽田→伊丹 格安便搭乗記(2)




今回はJAL101便、東京羽田空港6:30発大阪伊丹空港7:30の搭乗記です。
前回記事でJAL101便がいかに安く便利な便であるか紹介していますのでそちらもご覧ください。

101便は搭乗時間1時間と短い路線にもかかわらず見どころ溢れる搭乗となりました。

7月某日 午前5時50分
羽田空港第一旅客ターミナル 着弾

まだ6時にもなっていない早朝。
こんなに早く空港に来ることが今までにあったでしょうか。
(実は何度もありますw)

最寄り駅から始発のリムジンバスに飛び乗り、なんとか到着しました。
バス到着口から搭乗手続きエリアは1分もかからず非常に便利です。

伊丹空港含め近畿方面は北ウィングなので、バスを降りたら進行方向前側に進んでいきます。
(空港行きバスは北向きに出発階の南ウィングと北ウィングのちょうど中間あたりに止まるので、北ウィング利用時には前方、南ウィングへは後方へ進めばよいのです。)

20180727_054857521

スーツケースを持っていたので手荷物カウンターへ。

さすがにこの時間はガラガラです。

ささっと機械で札を発行しカウンターへ向かったのですが、カウンターのお姉さんに思いもよらぬご相談がありました。

「羽田6:30発伊丹行きにご搭乗ですね?実はこの便定員よりも多くのお客様にご予約をいただいており、お座席が不足しております。ただいま後続の便に振り替えていただける方を募っておりますが、ご協力いただけないでしょうか?」
※口調等はほとんど覚えていません。実際はもっと丁寧な説明をしてくださっていたはずです。

これは、あのオーバーブッキング発生か!??
まさかいきなりこのような展開が待っているとは思いませんでした。

噂には聞いたことがありましたが、フレックストラベラー制度というものですね。

1
”ご予約をお持ちでも、さまざまなご都合により空港にお越しになれないお客さまもいらっしゃることから、一部の便において座席数よりも多くの予約を承ることがございます。予約数が座席数を上回り、座席が不足した場合に、当該便をご予約済みのお客さまの中から自主的に便の変更等についてご了承いただける方を募り、ご協力いただいたお客さまに対して、協力金またはマイルのお支払いおよび代替交通手段の提供を行う制度です。”

2

このフレックストラベラー制度に協力すると、JALさんからお礼として協力金または協力マイルがもらえます。

当該便当日中の振り替えならば
協力金:10,000円 または 協力マイル:7,500マイル

当該便翌日の振り替えならば
協力金:20,000円 または 協力マイル:15,000マイル

となります。
実に素晴らしい制度です!

急いでいるときにはお断りしなければなりませんが、今回やたがらすは急ぎではありません。
むしろ安いから始発便にしたのであり、7:30に伊丹に着いても暇を持て余すだけです。

即刻協力を申し出ました!

「本当ですか!??ありがとうございます!」

特に何をしたわけでもないのに、満面の笑顔で言われちょっと動揺してしまいました。
慣れていないことことバレバレです笑

無事手続きが終わり、保安検査場へと向かいます。

20180727_054959404

保安検査場の出発案内を見てびっくり!
6:10発新千歳行きなんて便があるんですね!!

6:30発でも相当早いのにもっと早い便があるとは…
6:10発とか乗れる人いないんじゃ…

しかしクラスJ、普通席ともに×となっています。
というより多くの便で全席×になっていますねwww

もしや座席数よりもかなり多く予約を取っているのでしょうか?
いずれにせよ繁盛していて良いことです。

さて保安検査場を通過し搭乗口方面へと向かうのですが、このとき既に6:05。
出発15分前には搭乗口にいた方が良いと思っていますが、あまり時間がありません。
やはり6:30発は時間的にタイトです。

20180727_060727662

まだ6時過ぎで何も口に入れていなかったので、搭乗口近くのBLUESKYで購入。
ジャンボおにぎりです。

一般的なコンビニおにぎり2個分ほどの大きさがあり、具は鶏から揚げ、ツナマヨ、辛子高菜と3種類もはいっています。

搭乗前のちょっとした時間にほおばることができる便利な朝食です。

ちなみに中身は3種類の具が混ざっているわけではなく、ちゃんと3つ分かれて入っていました。
どの具から食べることになるかは、口に入れてからのおたのしみです。

6:15

優先搭乗の案内が始まりました。
しかしここでもフレックストラベラー制度の募集がありました。

「当便はご予約されているお客様が座席数を上回っており、後続の便に振り替えていただけるお客様を7人募集しております。」

7人!!!????

まさかこんなにもダブっているとは思いませんでした。
周りのお客さんも同じ感想を持ったようで、搭乗口周辺でざわめきが発生しました。

誰でも驚きますよさすがに…。

しかし放送が終わるとささっと搭乗カウンターに向かうサラリーマンの姿が2,3ほど。

フレックストラベラーを待ち構えていたベテランのようです。

そうこうしているうちにファーストクラス、ダイヤモンド、JGCプレミア会員の優先搭乗が始まりました。

20180727_061654427

さすが東京-大阪を結ぶドル箱便。最上級クラスの方だけでも30人はいたようで、改札口に列ができていました。

続くサファイア、クリスタル、そしてやたがらすも夢見ているJGC会員の優先搭乗へ。

しかし優先搭乗なのに当たり前のように列が形成されました。

地方空港へのBoeing 737-800機に搭乗するときの一般搭乗並みの混雑が、優先搭乗で発生していました。

羽田-伊丹便恐るべし…

優先搭乗の列も次第に短くなり、やっと一般庶民クラスのやたがらすも搭乗できるかなー。
いやフレックストラベラーで後続便になってマイルもらえるかなーと思っていたところで、またフレックストラベラー制度についての案内がありました。

「当便はご予約されている全てのお客様にご搭乗いただけることとなりました。後続便への振り替えを申し出てくださったお客様、ご協力ありがとうございました。」

いやいやいやまさか(笑)
7人分ダブっていたんじゃなかったんかい!!!

羽田-伊丹便となると直前まで7人ダブっていても定員ピッタリかそれ以下になってしまうんですね。
それだけ予約取り消さずに乗らない人も多いということでしょうか。

こうして良くも悪くもやたがらすは101便で伊丹空港へと出発することとなったのでした。

[次回予告]

いよいよ乗り込んだJAL101便羽田発伊丹空港行き

しかし出発時刻をすぎても動く気配のない機体

滑走路に列を成す数々の飛行機

そしてフライトで待ち構えていたのは……

やっと次回から機体に搭乗し、大空へと羽ばたきます。
搭乗まで延々と続けてしまいましたが、次更新回もどうぞお付き合いくださいφ(.. )



JGC修行にも使える! JAL101 羽田→伊丹 格安便搭乗記(1)




こんにちは、大学生JGC修行僧のやたがらすです。

初回ブログでも触れたように実際のJGC修行は2019年を予定していますが、羽田空港→伊丹空港に搭乗する機会がありましたのでご紹介します。

今回ご紹介する便、JALの中でも格安で東京-大阪間を移動できる便であり、大阪からの回数修業向け格安JAL路線への接続にも便利だと気づきましたので、回数修行僧の方のご参考になればと思います。



今回搭乗した便はこちら!

JA101

7月某日、羽田6:30発、伊丹7:30着のJAL101便です。

5月にウルトラ先特で購入しました。
あまりにも朝早い便ですが、そのためか料金はなんと7,890円です!!

回数修業向けで有名な福岡-宮崎便の5000円等に比べると高いですが、東京-大阪間の移動ではLCCにも匹敵する値段ではないでしょうか?

航空券を購入した際の他便の料金も記録していれば参考にお示しできたのですが、代わりに10月便のウルトラ先特ではどのような料金設定になっているか調べてみました。

羽田伊丹1
羽田伊丹2
羽田伊丹3

こちらが10月19日㈮の羽田→伊丹ウルトラ先特運賃です。

羽田6:30発が7,590円と断トツで安いことがわかります。
1本後の羽田7:30発では10,690円と、一時間遅くなるだけで3,100円高くなってしまうのです。

一日を通してみても6:30発に匹敵する格安便は他にありません。

羽田に早朝6時頃には到着しなければならないというハードなスケジュールにはなりますが、首都圏在住で羽田に簡単にアクセスできる方であれば、十分検討に値するのではないでしょうか。

また伊丹からは回数修行に利用しやすい短距離路線が多数発着していることが知られていますが、7:30に伊丹に着くため伊丹を拠点として格安路線を乗り回すこともできます!

例えば回数修業で有名な伊丹-但馬線は、次のように2往復運航されています。

伊丹但馬
但馬伊丹

先ほどのJAL101便は伊丹に7:30分に到着するので、伊丹発但馬行の初便8:45に余裕をもって接続できます。

伊丹空港でゆっくりと朝食を取ってプロペラ機に乗り込む、なんてことができるわけです。

伊丹-但馬2往復をし、そのまま伊丹から羽田へ帰ったとしても1日で6レグ稼ぐことができ、値段もバカ高くはないので修業にも良さそうです(もちろんよりコスパの良いプランは他にもあるでしょうが)。

他にも伊丹からは福岡、宮崎などにも安い便が設定されていますので、これらを組み合わせてみても面白いかもしれません。

ざっくりとしたJAL101便羽田発伊丹行のご紹介でした。
次回は実際の搭乗の様子をご紹介いたします。