日本の果てを目指して沖縄離島ホッピング! ~RACで行く大東諸島・波照間島・与那国島周遊の旅~

沖縄の離島をめぐってみたい!そして最果ての地を目指したい!

そう思ったことはありませんか?

沖縄の東端は大東諸島、南端かつ日本の有人島最南端である波照間島、日本最西端の与那国島は、旅行好きなら一度は憧れる、まさに沖縄にある日本の果てといえるでしょう!

これら離島へは飛行機あるいはフェリーを乗り継いで訪れることになりますが、そのうち大東諸島と与那国島へはJALグループの航空会社・琉球エアコミューター(RAC)が就航し、実は意外と簡単にアクセスできてしまいます。

さらには1泊2日あるいは2泊3日でいくつもの離島を巡る、アイランドホッピングツアーに参加すれば、より安く効率的に日本の果てを目指すこともできてしまうわけです!

[2021年JGC修行] 進化したJAL公式ホッピングツアーが凄い! 過去最高級の魅力に迫ります!|JALホッピング2021

しかし、せっかく訪れるならじっくり島の風景や文化を楽しみたい!波照間にも行ってみたい!

というわけで、ツアーではなくオリジナルプランで離島ホッピングを計画・実施してきました!

目次
1. 旅の全行程
2. 株主優待と特典航空券利用でなるべくコスパの良いFOP単価へ
3. フライトはわずか5分!国内最短路線に搭乗|北大東-南大東
4. 日本最南端の有人島・波照間島へ
5. 日本最西端・与那国島へ
6. おわりに

なお本記事は2泊3日の離島ホッピングの概要をざっと述べるにとどめておきます。
南北大東、波照間島、与那国島それぞれに関する、より詳細な旅行記も後日投稿予定です!

1. 旅の全行程

今回の旅は、大阪発着2泊3日の行程です。1日目に大東諸島をホッピングした後、石垣島に向かい、石垣島を拠点に波照間島、与那国島へ足を運びました。

  • 1日目:大阪伊丹→那覇→北大東→南大東→那覇→石垣
  • 2日目:石垣→波照間→石垣
  • 3日目:石垣→与那国→石垣→関空
便名出発到着時刻運賃種別座席クラスFOP
1日目JAL2087伊丹那覇0850-1110先得普通1663
RAC847那覇北大東1310-1410特典普通
RAC836北大東南大東1440-1500株主普通409
RAC868南大東那覇1530-1640特典普通
JTA621那覇石垣1740-1840特便普通956
2日目高速船石垣港波照間0800-0900 
高速船波照間石垣港1620-1720 
3日目RAC741石垣与那国1005-1040株主普通535
RAC746与那国石垣1850-1920株主普通535
 JTA086石垣関西2005-2210先得クラスJ2180

JALグループ便には全8回も搭乗しました!さらに大阪-沖縄間の往復以外は短距離路線が中心となり、FOP修行であるにもかかわらず、あたかも回数修行のような行程となりました。

2. 株主優待と特典航空券利用でなるべくコスパの良いFOP単価へ

前章の行程表の運賃素別をご覧ください。「株主」や「特典」の表記がありますが、それぞれ株主優待券navi特典航空券を利用しました。これらが今回の旅のポイントです。

今回の沖縄離島ホッピングは、決してFOP修行向けではありません!
短距離路線が多く、また那覇-北大東/南大東の運賃が非常に高額なためです。

したがってなるべくFOP修行に適した形にするために、株主優待と特典を活用することにしました。

北大東-南大東、石垣-与那国は株主優待を使うべし!

株主優待料金は、株主優待券を利用することで普通運賃の半額で航空券を予約・購入することができます。

株主優待券は街中の金券ショップでも購入することが可能。時期により金額が大きく変動しますが、私が購入した際には1枚1300円または1400円でした。

この株主優待料金で注目すべきは、FOPボーナスが400FOP加算される点です!普通運賃や往復割引・特便割引などと同様です。

そこで、短距離路線がゆえFOP単価の低い北大東-南大東、石垣-与那国で最も安い料金と、株主優待券購入代金を含む株主優待料金で、どちらのFOP単価が低いかを比較した結果、株主優待料金を利用するべきとの結論に至りました。

区間運賃種別運賃フライトマイルFOPFOP単価
北大東-南大東往復割引5600841613.5
株主優待4350641210.6
石垣-与那国往復割引75508056013.5
株主優待61506052011.8
那覇-北大東/南大東往復割引1677022585019.7
株主優待1317016973817.8
※往復割引には片道分の料金を記載

株主優待がよりお得とはいうものの、FOP単価は10円を超えます。また上記とは別に、株主優待券の購入代金を考慮すると、さらに単価は上がることになります。

那覇-北大東/南大東は特典航空券で逃げるが勝ち

結論から言います。那覇-北大東/南大東は特典航空券を使いましょう。どんなに工夫してもFOP単価は最悪です!

最安の往復割引ですら片道16770円、株主優待も13170円です。FOP単価もそれぞれ19.7円、17.8円と、FOP修行には使いたくない単価です。

一方でこんなに高い路線であっても、特典航空券なら大丈夫。特にNavi特典航空券ならわずか3000マイル。したがってFOP修行ということは一旦忘れ、特典航空券でただ南北大東を目指す旅にしたのでした。

次ページからいよいよ本編へ!
NEXT>>>3. フライトはわずか5分!国内最短路線に搭乗|北大東-南大東