[格安路線を探せ!] 那覇発 全路線の先得運賃を徹底比較!(4)

今回は那覇発の先得運賃を徹底比較します!

1

国内有数の観光地で人気の高い沖縄。

那覇空港からはさらにJALグループの琉球エアコミューター(RAC)を中心に、沖縄の様々な離島へと就航しています。

そして路線距離が短くかつ便数が多い路線も複数あり、回数修行としてもよく利用される空港でもあります。

毎度おなじみですが、注意事項です。

1. 出発日は1/16㈬と1/20㈰で比較
 同一路線でも日によって運賃が異なる場合があるため、料金順も月や日によって異なります。
 ここでは平日の代表として1/16㈬、休日の代表として㈰を選択しました。


3. あくまで出発日最安の先特運賃
 念のため強調しておきます。同一日でも時間帯により料金が大きく変動する便もあり、一覧の料金はその日最安の運賃でしかありません。全ての便に当てはまる料金ではないことを理解してください。 

それでは那覇発の先得運賃最安値一覧です!

那覇発先得運賃最安値一覧
行先1/16㈬行先1/20㈰
1久米島39001久米島4200
2宮古47002宮古4700
3石垣51003石垣5400
4中部73004中部7300
5関西79005関西7900
6羽田85006羽田8500
7伊丹86007伊丹8600
8与論87008与論8900
9福岡90009福岡9000
10沖永良部1140010沖永良部11600
11小松1300011小松13000
12岡山1300012岡山13000
13奄美大島1390013奄美大島14100
14与那国1710014与那国17100
15南大東2560015北大東25600
16北大東2560016南大東25600

最も安いのは那覇-久米島線。
なんと平日3,900円!! 休日でも4,200円と圧倒的な安さです。
こんな破格な値段で本当に採算取れるのでしょうか…。
しかもこの路線、便数が非常に多いことも特徴です。

2
3

なんと往復7便も運航されています!
もちろん一日で全て乗ることはできませんが、最大で4往復できるスケジュールとなっております。
回数修行ではかなりの有力路線といえるでしょう。

那覇-久米島線の後には宮古線、石垣線が続きます。
前者は4,700円と前回ご紹介した福岡-宮崎線の4,900円よりも安くなっています。


 福岡-宮崎線の参考記事

→[格安路線を探せ!] 福岡発 全路線の先得運賃を徹底比較!(3)

後者は平日5,100円、休日5,400円とこちらもかなりお得です。

以上3路線はいずれも沖縄本島と離島を結ぶ路線ですが、路線群は様相が一変します。

次に安いのは那覇-中部線で7,300円。
次いで那覇-関西線が7,900円。
意外にも路線距離の長い路線がランクインしてきました!
それも両空港とも国内線の就航路線数は少ない空港です。
おそらく国際線との乗り継ぎを考慮した路線であり、海外から来日して沖縄へと誘導するために安く抑えられているのでしょう。

他にも料金は別として、小松や岡山など一見意外とも思える空港とも路線で結ばれているところが面白いです。

ところで表中の南大東、北大東に注目してください。
両路線とも25,600円と際立っていますが、実は先特運賃が設定されていません。 南大東島、北大東島はともに大東諸島に属する島であり、沖縄本島から東に約340 kmも離れた場所にあります。

2


この島へは沖縄本島からRACを利用するか、夜行フェリーを利用するしか手段がありません。
しかも島周辺の太平洋は非常に波が荒く、フェリーは多々欠航してしまうそうです。

したがって大東諸島への確実なアクセスは事実上空路しかなく、そのため先得運賃が設定されていないのかもしれません。

あまりにも高額で回数修行には不向きですが、是非訪れてみたい土地ではあります。

以上、まとめますと

那覇-久米島・宮古・石垣の3路線が断トツで安い!

単純往復もよし、複数の離島路線でアイランドホッピングをするもよし!

関空やセントレアが使える場合は那覇への移動も安い!

沖縄は遠いですが、はるばる訪れて修行するだけの価値が確実にあります!

そして美しい島々や南の海を眺めながら修行をする…なんて贅沢なことでしょうか。

以上、那覇発の先得運賃比較でした!

[格安路線を探せ!] 福岡発 全路線の先得運賃を徹底比較!(3)

今回は福岡空港発の先得運賃を比較していきます。

1

福岡空港は九州最大の空港であり、羽田、伊丹に次ぐ規模を誇るため就航路線も豊富です。
またJGC回数修行のメッカ、福岡-宮崎線の就航地でもあります。

毎度おなじみですが、注意事項です。

1. 出発日は1/16㈬と1/20㈰で比較
 同一路線でも日によって運賃が異なる場合があるため、料金順も月や日によって異なります。
 ここでは平日の代表として1/16㈬、休日の代表として㈰を選択しました。

2. あくまで出発日最安の先特運賃
 念のため強調しておきます。同一日でも時間帯により料金が大きく変動する便もあり、一覧の料金はその日最安の運賃でしかありません。全ての便に当てはまる料金ではないことを理解してください。 

それでは伊丹発の先特運賃最安値一覧です!

福岡発先得運賃最安値一覧
行先1/16㈬行先1/20㈰
1宮崎49001宮崎5600
2伊丹72002鹿児島6500
3鹿児島79003伊丹7200
4那覇90004那覇9000
5仙台93005名古屋(小牧)9100
6名古屋(小牧)97006仙台9300
7羽田98007羽田9800
8徳島98008徳島9800
9松山98009松山9800
10奄美大島980010奄美大島9800
11新千歳990011新千歳9900
12天草1140012天草11400
13成田1190013成田11900
14出雲1190014屋久島12200
15屋久島1220015出雲12400
16静岡1460016静岡14600
17新潟1680017高知16800
18高知1680018松本17100
19松本1710019新潟17900
20花巻1870020花巻18700

気になる福岡-宮崎線は平日が4,900円、休日が5,600円です!
さすがメッカとして知られるだけあって安いですね!
改めてこの路線の凄さを実感させられます。 ただし平日と休日で700円も差が生じてしまうので、可能であれば平日に修行したいところです。

またもう一つ注目すべきが休日の福岡-鹿児島線で6,500円です。
しかし時刻を調べてみると…

2
3

 福岡13:20→鹿児島14:15
 鹿児島13:40→福岡14:35

本数は片道一本ずつ、しかも片方に乗ったらもう片方には乗り継ぎできない、完全片道コースです。
料金は悪くはありませんが、いざ利用する際には鹿児島-羽田or伊丹-福岡というように片道を三角とびルートにする必要があります。
また6,500円となるのは休日だけ、平日は7,900円と一気に跳ね上がる点も注意です。

宮崎、鹿児島線の他に安いのは、福岡-伊丹線7,200円のみです。

他特筆すべき路線として、福岡-新千歳線の9,900円が挙げられます。
距離は882マイルとJAL国内線の中でも長大な路線で、九州から北海道までひとっとびで行ける路線にしてはお得な感じがします。

また表中の一部の便は、JALグループの運航便ではありません!

福岡-天草線は天草エアライン(AMX)、
福岡-名古屋(小牧)・静岡・新潟・松本線はフジドリームエアラインズ(FDA)

によって運航されます。

amx
4

天草エアライン、フジドリームエアラインズはともにJALとコードシェアをしており、JAL便として予約、搭乗することができます。

通常のJAL便と同様に先得運賃が設定されています。

またJALマイレージバンクの積算対象となっているのでFOPが獲得できますし、登場回数もカウントされます。

これらの路線は決して安くはありませんが、JAL以外にもたまには乗りたいという場合には使ってみてもいいかもしれません。


以上福岡発の路線を見てきましたが、

基本的に回数修行で使えるのは福岡-宮崎線のみと考えるべし

補助的に福岡-伊丹線の利用も可能

コストにこだわらなければ、コードシェアを駆使して風変わりな修行もあり

という感じでしょうか。

以上、福岡発先得運賃比較でした!

[格安路線を探せ!] 伊丹発 全路線の先得運賃を徹底比較!(2)

1


今回は伊丹空港発の先得運賃を比較していきます。

伊丹空港は羽田空港に次ぐ国内第二位の規模を誇る、関西の中心となる国内線専用空港です。

そのため就航路線数も羽田に次多くなっていますが、羽田と違い短距離路線が多く、プロペラ機も数多く発着する面白い空港です。

そして伊丹空港からは、JGC回数修行の定番路線伊丹-但馬線が就航していることも有名です。


前回記事と同様ですが、注意事項です。

1. 出発日は1/16㈬と1/20㈰で比較
 同一路線でも日によって運賃が異なる場合があるため、料金順も月や日によって異なります。
 ここでは平日の代表として1/16㈬、休日の代表として㈰を選択しました。

3. あくまで出発日最安の先特運賃
 念のため強調しておきます。同一日でも時間帯により料金が大きく変動する便もあり、一覧の料金はその日最安の運賃でしかありません。全ての便に当てはまる料金ではないことを理解してください。 

それでは伊丹発の先特運賃最安値一覧です!

伊丹発先得運賃最安値一覧
行先1/16㈬行先1/20㈰
1大分63001大分6300
2但馬66002但馬6600
3福岡72003福岡7200
4奄美大島74004奄美大島7400
5羽田76005熊本7700
6長崎77006宮崎7700
7熊本77007羽田8000
8宮崎77008長崎8400
9那覇86009那覇8600
10秋田870010秋田8700
11仙台870011仙台8700
12松山870012松山8700
13鹿児島870013鹿児島8700
14出雲880014出雲8800
15青森900015青森9000
16新潟900016新潟9000
17新千歳930017山形9700
18山形970018隠岐9700
19隠岐970019成田10500
20成田1050020新千歳10600
21花巻1200021花巻12000
22三沢1270022三沢12700
23函館1480023函館13900
24屋久島1570024屋久島15700

JGC修行でおなじみの伊丹-但馬線は、6,600円という結果になりました。

しかしさらに安い路線があります。伊丹-大分線の6,300円です!

こちらの路線、但馬線に比べ知名度はあまり高くないように思われます。
但馬線のレビュー記事は過去にいくつも目にしたことがありますが、大分線は見覚えがありません。

やたがらすは今回の調査で初めて気づくことができました。

ではそれぞれの路線をより詳しく見ていきましょう。

伊丹-但馬線は1日2往復です。

 伊丹09:00→但馬09:35
 但馬10:05→伊丹10:40
 伊丹17:00→但馬17:35
 但馬18:05→伊丹18:40

朝と夕方に1往復ずつのため、日中に間が空いてしまいます。
料金はいずれも施設使用料込で6,860円となっています。

一方で伊丹-大分線は1日3往復運航されています。

 伊丹08:35→大分09:35
 大分10:05→伊丹11:00
 伊丹14:25→大分15:25
 大分15:55→伊丹16:50
 伊丹18:00→大分19:00
 大分19:30→伊丹20:35

1往復目と2往復目の間に3時間半ほど空きがありますが、但馬線に比べると時間を有効に使えます。

また料金も全ての便で施設使用料込で6,560円です。

実は但馬線よりも修行路線として適しているのです!

さて次に安い青文字路線群ですが、九州方面に集中していることが特徴です。

九州本島では福岡、長崎、熊本、宮崎線の4路線が入っています。
先ほどの大分線と合わせて考えると、逆に該当しないのは鹿児島線のみとなります。

特に福岡、宮崎線に関しては有名な福岡-宮崎ピストン修行とも組み合わせることができるので、活用しやすい路線といえます。

また注目に値するのが奄美大島線です。
路線距離が長いにも関わらず7,400円!

修行で離島にも訪れたい!という方にはおすすめです。

しかし残念なことに、伊丹-奄美大島線は一往復しか運航されていませんので注意です。

以上まとめると、

伊丹発でお得な路線は九州方面に集中

伊丹-大分を往復するも良し
福岡-宮崎ピストン修行に繋げるも良し

という感じでしょうか。

前回の羽田発路線と比べても回数修行に適した路線が豊富で、関西住みの方がうらやましいです(笑)

以上、伊丹発先得運賃の比較でした!

[格安路線を探せ!] 羽田発 全路線の先得運賃を徹底比較!(1)

こんにちは、やたがらすです。

JGC修行では50.000FOPを貯める方法と、JALグループ便に50回搭乗する方法があります。

やたがらすは後者でJGC獲得を目指していますが、コストを抑えて達成するためには一回搭乗あたりの料金を安く抑えなければなりません。      

そこで様々な路線の先特運賃を
先得カレンダーで検索し、安い路線を探してみました。        

6

先得カレンダーとはJALホームページにあるツールで、路線ごとにどの日に安い先特運賃が設定されているかを一目で知ることができる便利な代物です。

今回はまず羽田発の全路線の先特運賃を比較します。

そして次回以降の記事では伊丹発、福岡発など国内でも特に重要な役割を担っている拠点空港を出発する路線について、数回にわたってご紹介していきます。

ご存じの通り羽田空港は国内最大規模の空港であり、JALグループの国内線も全国各地へと飛んでいます。

1

さて比較するために一覧を作成しましたが、ここで注意事項です。

1. 出発日は1/16㈬と1/20㈰で比較
 同一路線でも日によって運賃が異なる場合があるため、料金順も月や日によって異なります。
 ここでは平日の代表として1/16㈬、休日の代表として㈰を選択しました。

3. あくまで出発日最安の先特運賃
  念のため強調しておきます。同一日でも時間帯により料金が大きく変動する便もあり、一覧の料金はその日最安の運賃でしかありません。全ての便に当てはまる料金ではないことを理解してください。 

では羽田発の先特運賃最安値一覧です!

羽田発先得運賃最安値一覧
行先1/16㈬行先1/20㈰
1中部65001中部5600
2北九州65002北九州6500
3関西70003関西7000
4伊丹76004小松7100
5岡山80005伊丹7600
6広島80006岡山8000
7那覇86007広島8000
8山形86008石垣8600
9石垣86009那覇8600
10松山870010山形8600
11山口宇部880011松山8700
12南紀白浜900012秋田8800
13徳島900013山口宇部8800
14三沢920014徳島8900
15小松920015南紀白浜9000
16高知930016三沢9200
17青森960017高知9500
18福岡980018青森9600
19出雲980019福岡9800
20新千歳990020大分10000
21高松990021出雲10300
22大分1000022高松10300
23鹿児島1060023新千歳10400
24秋田1080024鹿児島10600
25釧路1110025帯広11000
26函館1110026函館11500
27旭川1130027旭川11600
28帯広1170028釧路11800
29長崎1180029熊本11800
30熊本1180030長崎11800
31宮崎1180031宮崎11800
32宮古1300032女満別12200
33女満別1330033宮古13000
34奄美大島1480034奄美大島14800

まず最も安いのが羽田-中部線です。
特に1/20㈰では5,600円とかなりお得になっています!

この値段であれば羽田拠点の回数修行には使えそうです。

この路線については運航距離が短いこと、またそもそも東京-名古屋間のシェアの大半は東海道新幹線に持っていかれているためここまで安くしないと集客できないという理由も考えられます。

次に安かったのは、なんと羽田-北九州線!!
両日ともわずか6,500円です!!!

正直これは盲点でした。
まさかフルキャリア東京から九州までわずか6000円台で行けてしまうとは…。

もし往復ともに全路線6,500円であれば、かなりの穴場修行路線となります。

2

3

しかし残念ながら、6,500円(施設使用料込で6,890円)となるのは羽田6:20発の1便のみ!

他の便は全て9,990円となってしまうようです。

青文字の路線群ではまず伊丹、関空がランクイン。
また1/20㈰には小松が7,100でランクインしています!

ここで広島線と岡山線が注目ポイントです。

両路線とも8,000円となっていますが、従来これらの路線はさほど安い料金が設定されていませんでした。

しかし先日の西日本豪雨で甚大な被害を受けた両県を応援するため、特別で安くお得な価格が設定されているのです!

4
5

せっかくの機会ですし応援もかねて利用してみてもいいかもしれません。

他に緑色の那覇線、石垣線については、国内屈指の長距離路線で8,600円という安さであり、かつ沖縄離島方面の短距離路線によるJGC修行と組み合わせることができるという点でピックアップしました。

ただしこれらの路線もごく一部の便で破格の値段となっているわけであり、利用には注意が必要です。

以上のように羽田発の路線を見てきましたが、回数修行僧にとってどうかというと…

ちょっといまいちかなというのが正直なところ。

最安の羽田-中部線が5,600円、確かに安いですがより安い路線は他にもあり、さらにここから施設使用料が取られます。
また羽田-中部線は1日1往復しか利用できません。

※施設使用料について過去記事で紹介しております。
[はめられた!!] JAL先得運賃先行予約の罠 (1)

羽田発着路線を中心に修行することはあまりおすすめできません。

したがってまず羽田から他の空港へ移動し、そこから格安路線での本格的な回数修行を行うプランを立てたほうがいいかもしれません。

以上、羽田発の路線最安値比較でした!