[全国対応] キャッシュレス還元でJALマイルを大量獲得する方法! モバイルSuica × JALカードSuica




※本記事は[全国対応] 交通系ICチャージでJALマイルを貯める方法! モバイルSuica × JALカードSuicaの姉妹記事です。
モバイルSuicaとJALカードSuicaを組み合わせることで、キャッシュレス還元で効率的にJALマイルを獲得できます!
上記記事でご紹介した情報も踏まえて執筆していますので適宜参照の上お読みください。



2019年10月の消費税増税に伴い始まったキャッシュレス還元。
最大で5%の還元となることから、これを機に現金からキャッシュレス払いをシフトした方もいることでしょう。

還元方法も決済額から直接減額される場合や何かしらのポイントで付与されるなど様々です。

そんな中、日々航空会社のマイルを貯めている所謂マイラー方は、キャッシュレス還元でなんとかマイルを稼ぐことができないか考えを巡らせていることでしょう。

本記事はキャッシュレス還元において、JALマイルをおそらく最も獲得できる手法をご紹介します。もちろん全国対応です!

目次
1. 対象店でモバイルSuicaを使うとJREポイントで還元!
2. JALカードSuicaからのチャージと合わせて○%マイル獲得!
3. [注意] JALカードSuicaのクレジット払いはダメ!!
4. まとめ



1. 対象店でモバイルSuicaを使うとJREポイントで還元!

駅やネットでも大々的に宣伝されていますのでご存じの方も少なくないでしょう。
JR東日本が発行するSuicaカード、あるいはモバイルSuicaを使ってキャッシュレス還元対象店舗で買い物をすると、最大5%JREポイントとして還元されます。

5%還元店舗であれば20円毎に1 JREポイント、
2%還元店舗であれば50円毎に1 JREポイントが還元されます。

対象となるSuicaは記名式SuicaやJALカードSuica含むVIEWカードに搭載されたSuica、及びモバイルSuicaです。

なおSuicaでのJREポイント還元を受けるためには、JRE POINT WEBサイトにSuicaを登録する必要があるので要注意です。

登録した上で対象店舗でSuica支払いをすると、翌月上旬確かにキャッシュレス還元分のJREポイントが積算されます。

2. JALカードSuicaからのチャージと合わせて○%マイル獲得!

さてショッピングプレミアム会員に加入済みのJALカードSuicaを所有していれば、1500 JREポイントを1000 JALマイルに交換可能です。

またJALカードSuicaから記名式SuicaやJALカードSuica搭載のSuica、モバイルSuicaにクレジットチャージすることができ、このときにも1000円チャージにつき15 JREポイントが積算されます。

したがってJALカードSuicaでSuicaに1000円チャージし5%還元店舗でSuica支払いした場合、獲得できるJALマイルは次のようになります。

・Suicaへの1000円チャージ分:15 JREポイント獲得
・Suicaで1000円分支払い:50 JREポイント
・65 JREポイントをJALマイルに交換(レート2/3):43.3マイル

したがって1000円分の支払いで43.3JALマイルの積算となり、還元率は4.33%にもなります!

還元率は普通の記名式SuicaでもJALカード付属のSuicaでも、モバイルSuicaでも変わりません。
しかしSuicaエリア外にお住いの方はモバイルSuicaでのチャージが現実的な手段になると思われます。

3. [注意] JALカードSuicaのクレジット払いはダメ!!

ここで一つ重要な注意点です。
JALカードSuicaにはカードそのものにSuica機能が搭載されているので、搭載されたSuicaにチャージしSuica支払いをしている方もいることでしょう。

もちろんこのSuica払いの場合、キャッシュレス還元でJREポイントが貯まります。

しかし、JALカードSuicaのクレジット払いの場合、JREポイントは積算されません!

JREポイントではなく、還元分の金額が請求額から直接引かれる形で還元されます。

したがって同じ一枚のカードにもかかわらず、Suica機能で支払うかクレジットカード機能で支払うかで、還元方法が変わってきます。

混乱を招きやすい点だと思いますのでくれぐれもお気を付けください!

4. まとめ

JR東日本の施策によりキャッシュレス還元でSuicaが大いに活躍するようになり、その副産物としてJALカードSuicaの価値向上、そしてJALマイル獲得の手段がまた一つ増えることになりました。

JALカードSuicaさえあれば、全国どこでも簡単に利用できるマイル獲得術です。

ただしJREポイントへのSuicaの紐づけや、Suica払いとクレジットカード払いで還元方法が異なるなど分かりにくい部分もあります。

十分理解した上で、より快適なマイル還元ライフをご満喫ください!



[全国対応] 交通系ICチャージでJALマイルを貯める方法! モバイルSuica × JALカードSuica




首都圏のSuicaにPasmo、関西のICOCA、東海のTOICAに九州のSUGOCA…
今や全国各地に交通系ICカードが普及し、鉄道やバス、あるいはコンビニでの買い物でも利用しているという方も多いはず。

しかし原則としてチャージは現金のみ。一部オートチャージ対応のJALカードもありますが、JAL CARDの”ショッピングマイルの積算対象とならないご利用分について”にも記載の通り、チャージのクレジットカード利用分はJALマイル積算対象外となります。

したがって交通系ICカードへのチャージでJALマイルの獲得は不可能!

…というのが一般的な見解です。

しかし、実はJALカードSuicaであれば、結果的にチャージ利用でもマイルの獲得が可能です。
それも

Suicaエリアのみでなく、全国でチャージ・利用可能

な手段があります!

これまでの直接的・間接的な情報収集の中で意外と知られていないのでは?と感じたので、この画期的な方法についてご紹介します。

目次
1. チャージからマイル獲得までの概要図
2. 用意するもの1:JALカードSuica
3. 用意するもの2:モバイルSuica
4. JREポイントをJALマイルに交換
5. JR東日本エリアなら乗車でさらに2%還元!
6. まとめ



1. チャージからマイル獲得までの概要

まずチャージからJALマイル獲得までの概要をざっくり示します。

JALカードSuicaでモバイルSuicaにチャージ
→JREポイント積算
→JREポイントをJALマイルに交換

結果:チャージで最大1%のJALマイル獲得

2. 用意するもの1:JALカードSuica

まず必要なものはJALカードSuicaです。

JALカードSuicaは、JALカードとJR東日本が発行するVIEWカードの両方の特徴を持ったカードです。
他のJALカード同様ショッピング利用で、原則JALマイルが積算されます。

しかし重要な点が一つ。

JR東日本での切符購入やSuicaへのチャージではJALマイルではなく、JR東日本のポイントサービスJRE POINTが積算されます。

Suicaチャージの場合、JALカードSuicaはVIEWカードとして利用したという扱いになり、上記のようにJREポイント積算の対象となります。

切符やSuicaチャージでは1000円につき15ポイントも加算される、なかなか太っ腹なものです。

3. 用意するもの2:モバイルSuica

さてここまでお読みになり疑問に思った方もいることでしょう。
なぜSuicaにクレジットカードチャージできるのかと。

実はVIEWカードのみ、SuicaカードやモバイルSuicaにクレジットカードチャージすることができます。

そしてチャージによりJREポイントが加算され、後述するJREポイントからJALマイルへの交換により、クレジットカードでのマイル獲得が可能となります。

しかしここで一つ重要な問題があります。

JALカードSuicaからSuicaカードへのチャージは原則Suicaエリアでのみ可能です!

つまり、JR東日本エリア外ではSuicaカードへのチャージによるマイル獲得は極めて困難となります。

そこで解決策となるのがモバイルSuicaです。

厳密にはモバイルSuica以外にもGoogle Pay、Apple PayでのSuica機能も含め、全国でいつでもSuicaチャージをすることができます。

モバイルSuicaの場合、アプリを導入しクレジットカードを登録しておけば次の手順で簡単にチャージが完了します。

“チャージする”を選択し

チャージしたい金額をチェック

確認の上、入金する(クレジットカード)を選択すると、数秒で

チャージが完了します!

4. JREポイントをJALマイルに交換

JREポイントはJALマイルに交換可能です。

交換は1500JREポイント単位で、
JALカードショッピングマイル・プレミアムに加入している場合は1000マイル、
加入していない場合は500マイルに交換されます。

したがってプレミアム会員のJALカードSuicaからモバイルSuicaに1000円チャージする場合、
1000円チャージ→15 JREポイント加算
15 JREポイント→10 JALマイルに交換

となり、1%のマイル還元となります。
これはプレミア会員が通常のショッピングで獲得できるマイルと同数であり、本来得られないはずのチャージ利用でもJALマイルが獲得できることになります。

ただし、この交換特典はJALカードSuica所有者限定です!

JALカードSuicaがなければチャージ利用でJREポイントは貯まりませんし、他ルートで仕入れたJREポイントもJALマイルに交換できません。

5. JR東日本エリアなら乗車でさらに2%還元!

JALカードSuicaからSuicaへのチャージだけでもJREポイントが加算されますが、そのSuicでJR東日本在来線を利用するだけでもJREポイントが貯まります。

特にモバイルSuicaの場合運賃の2%還元となり、JALマイル換算では1.3%還元となります。

ICカードタイプでは還元率は1/3となってしまいますので、Suicaエリアにお住いの方もモバイルSuica利用の方がよりお得に貯められます。

6. まとめ

首都圏やその他JR東日本エリアにお住いの方ならともかく、それ以外の地域ではJREポイントやモバイルSuicaについてあまり関心のない方も少なくないでしょう。

しかしJALカードSuicaとモバイルSuica組み合わせることで、全国どこでもチャージ可能かつJALマイルも積算される極めて便利かつお得なツールになります。

普段から交通系ICカードを利用している方は是非検討してみてはいかがでしょうか?



 

JAL公認JGC修行ツアー | アイランドホッピングツアーはお得? ルートとコストを検証




JALが公式で発売している、いかにもJGC修行僧向けの国内ツアーを紹介します!

JALパック公式ホームページ

これまでにも西日本や鹿児島離島、沖縄離島を飛び回るホッピングツアーが販売されており、一定期間ごとに周遊ルートが変更されてきました。

2018年11月からは、10月までとは一味違うツアーとなって販売されるようです。

ツアーには4つパターンがありますが、ざっと比較すると次のようになります。

1

日数とフライト数で区別すると
・2日間、8フライト
・2日間、10フライト
・2日間、12フライト
・3日間、16フライト

となっています。

また10月までとの大きな違いは、鹿児島離島路線と沖縄離島路線の両方が1つのツアーに組み込まれている点です(2日間8フライトツアーは那覇空港を経由するのみ)。

なおツアー名称も鹿児島、沖縄といった表記ではなく、
”跳び飛びの旅 小型プロペラ機でホッピング 2・3日間 in 南西諸島”となっています。

3

7月から10月までは、鹿児島離島コースと沖縄離島コースで分かれていました。

2

こちらは10月までの奄美群島を周遊するコースの一覧。

さてこのツアーの利点を挙げていくと…

・修行プランを立てる手間が省ける
・予約が楽(1フライトずつ予約するのは大変)
・1レグ当たり料金を比較的安く済ませることができる
・公式ツアーなので搭乗で気まずくなりにくいかも

特に最後!

回数修行で何度も同じ路線に搭乗すると同じCAさんと顔合わせすることになり気まずくなるというブログ記事をいくつも読んできました。

しかし公式ツアーであればCAさんも理解してくださり、ほんの少しは改善されるかもしれません。

ところでJGC回数修行として利用するからには、コスト面も考慮するべきです。

念のため同一行程をウルトラ先得運賃で搭乗した場合と比較してみましょう。

今回は代表として2日間8フライトツアーを取り上げます(面倒なので少ないものを選びました)。

行程は次のようになっています。

4

本ツアーの最低価格は84,800円です。

計算を簡単とするため宿泊費を4,800円と設定すると、1レグ当たり10000円となります。

一方で全フライトをウルトラ先得運賃で検索すると、次のようになります(2019年1月20日で検索)。

5
6
7
8
9
10
11
12

ウルトラ先得運賃では合計81,780円、1レグ当たり10,222.5円とツアーの方がわずかながらお得であることがわかります。

またウルトラ先得運賃だからこの程度で済んだのであり、特便割引などではさらにコストがかかります。

一方でツアーは比較的直前でも申し込むことができるため、スケジュールも立てやすいです。

さらに先得運賃では購入後に取り消す場合50%の取消料がかかりますが、ツアーでは21日前までは取消料がかかりません。

13

したがって料金面やスケジュール管理の面においても、このホッピングツアーは素晴らしいものだと思います。

ツアーの詳しい説明などは公式ページが一番わかりやすいと思いますので、興味のある方は是非公式ページで詳細ご確認くださいませ!

JAL公式ホームページ
JAL 跳び飛びの旅 小型プロペラ機でホッピング 2・3日間 in 南西諸島



[JGC修行とは?] (3) JGC入会に必要なJALカードを解説!




本記事ではJGC入会に必要なもう一つの条件、JALカードについてご説明します。

※本記事は当ブログのWordpress移行に伴い削除されてしまった記事を修正・再投稿したものです。

・JALカードは大きく4種類

JALカードには提携ブランドが多くあり、全てを挙げたらキリがありません。

しかし大別すると4種類に分けられます。

23

・普通カード
・CLUB-Aカード
・CLUB-Aゴールドカード
・プラチナカード

各カードについての説明は割愛させていただきますが、JGC修行で気を付けなければならないのはただ一つ。

CLUB-Aカード以上でないとJGCに入会できません!

つまりJAL普通カードなら持っているという方や、学生でJAL naviカードを持っているという方は、そのままではJGC修行をしてもJGCに入会できません。

当然ながらクレジットカード発行には審査があります。

万一JGC修行後に審査に落ちてしまったら、せっかくの努力が台無しになってしまいます。

したがってJGC修行をすると決めたなら、修行開始前にCLUB-Aカード以上のカードを発行しておくことをお勧めします。

なお参考までですが、私自身は現在学生なので、両親の年収などによって審査結果が出されます。

審査の結果、無事JAL CLUB-A Suicaカードを発行することができました。

したがって特に大学生でJGC修行したいけど審査通るのか…?という懸念をお持ちの方がいたら、その点は安心していいと思います。

・JGC年会費=JALカード年会費

JGCの年会費は、JALカードの年会費そのものとなっています。

したがってJALカード発行の際に年会費について考えなければいけません。

24

最も安いJAL CLUB-Aカードでも年会費10,800円となり、ゴールドカードでもないのにちょっとお高くなっています。

しかし年会費が高さに見合ったサービスがあることもまた事実です。

JAL CLUB-Aカードなどの詳細なサービスは公式ホームページでご確認ください。

JAL公式ホームページリンク

JALカード

・JALカードを持っていれば5,000FOPがもらえる!

JGC修行前にJALカードを発行するメリットの1つに、5,000FOPがもらえるキャンペーンがあります。

25

このキャンペーンは、JALカード会員がJALグループに搭乗すれば、それだけで年内初回フライト時に5,000FOPがプレゼントされるというものです。

JGC修行においていかにFOPというものが重要で、かつ貯めるのが大変かということを前回記事でお話しました。

しかし事前にJALカードを発行する、ただそれだけでFOPのハードルが一気に下がることになります。

・まとめ

数多くのJALカードから一つを決めるのはとても大変だと思います。

ちなみに私はJAL CLUB-A Suicaカードを選択しました。

下記記事でJAL CLUB-A Suicaカードの特徴や、実際に利用してみて気づいたメリットをご紹介しているので、是非参考にしてみてください。
※現在メンテナンス中です。しばらくおまちください。

参考記事
[JAL CLUB-A Suica カードが届きました!] JALカードとviewカード両方の特性をもつJAL CLUB-A Suica カードをご紹介
[JAL CLUB-A Suicaカード] 使ってみて気づいたメリットをご紹介!

またJALカードでは度々公式ホームページからの入会でマイルのプレゼントキャンペーンを行っているので、JALホームページから申し込むことがおすすめかと思います。



[JGC修行とは?] (2) FOP修行と回数修行について解説!




本記事ではJGC獲得に必要な条件の1つ、FOPプログラムについて確認していきます。その上でJGC修行の二通りの方法、FOP修行と回数修行について解説します。

※本記事は当ブログのWordpress移行に伴い削除されてしまった記事を修正・再投稿したものです。

・JALサービスステータスの種類

まずJALグループ便の利用状況によって、JALマイレージバンク(JMB)会員及びJALカード会員向けのステータスが3段階あります。

下から順にクリスタル、サファイア、ダイアモンドとなっています。

また上記とは別に、今回の本題であるJGC会員というものがあり、一般のJGCと、さらにその上JGCプレミアの2種類があります。

また各ステータスにはJALが加盟しているワンワールド アライアンスのステータスも付与され、加盟航空会社でも優遇サービスを受けることができます。

11

・FOP修行と回数修行の2つの選択肢

ところでJALのお得意様であるという基準を定めるために、JALではFLY ON プログラムという制度を設定しています。

JALグループ便やワンワールド加盟航空会社便に搭乗すると、そのフライトマイルや路線に応じたFLY ON ポイント(FOP)が積算されます。

1月から12月までの1年間に貯めたFOPや登場回数に応じて、各ステータスの達成を判定しています。

14

このようにFOPの積算とステータス獲得までの道筋が決められています。

具体的なステータス達成基準は次のようになっています。

12

一見わかりにくいので整理すると、

1. クリスタル達成: 「25,000FOP以上」または「10,000FOP以上かつ30回以上搭乗」
2. サファイア達成: 「50,000FOP以上」または「15,000FOP以上かつ50回以上搭乗」
JGCへ入会可能
3.JGCプレミア達成JGCに入会済みかつ
「80,000FOP以上」または「25,000FOP以上かつ80回以上搭乗」
4, ダイヤモンド達成: 「100,000FOP以上」または「35,000FOP以上かつ120回以上搭乗」

という構造になっています。

つまりJGCに入会するためにはまずサファイアまで到達する必要があり、

サファイア達成条件は2通り

①50,000FOP以上達成
②25,000FOP以上達成かつ50回以上搭乗

となっています。

そして俗に前者がFOP修行、後者が回数修行と称されるのです。

・FOPの積算ルール

上記の説明より、一定数以上のFOPがJGC修行に必要だとお分かりいただけたかと思います。

しかしこのFOP積算ルールがとってもややこしいんですね。

積算FOPは次のように計算されます。

15

積算FOP数に関わる要素は3つ。

①フライトマイル数
②FOP換算率
③搭乗ボーナスFOP

①フライトマイル数は、航空券のクラスや利用運賃によって変動します。

具体的には、路線毎に定められている区間マイルに、利用運賃のマイル積算率をかけて算出します。

18
国内線のマイル積算率は比較的わかりやすいです。

19

ざっとしたイメージでは

普通運賃など大した値引きのない運賃で100%
多くの割引運賃で75%
ツアー運賃では50%

という感じです。そして

クラスJ利用時には10%加算
ファーストクラス利用時には50%加算

となっています。

国際線はちょっと複雑です。

20

国際線では座席クラスの違いはもちろんですが、同座席クラス内でも予約が大きく分かれており、一つ一つ確認が必要です。

②FOP積算率は、搭乗する路線のエリアによって変動します。

・JAL国内線全線:2倍
・JAL国際線アジア・オセアニア線:1.5倍
・JAL国際線上記以外の路線:1倍

このFOP積算率が、この後ご説明するFOP修行において重要な要素となってきます。

③搭乗ボーナスFOPは、航空券の運賃によってもらえる追加的なFOPです。

2019年1月現在、1年を通して追加ボーナスFOPの対象となっています。

16

JAL国内線では普通運賃などの他に、特便割引で400FOPが加算。

乗継割引などちょっと特殊なものは200FOP加算。

その他先得運賃やスカイメイト運賃、ツアー運賃はFOP加算がありません。

17

JAL国際線では、ツアー運賃以外の多くの運賃で400FOPが加算されます。

・FOP修行のポイントは?

繰り返しになりますが、FOP修行では50,000FOP以上の獲得が必要となります。

このFOP修行では、前の項目で説明した3要素

①フライトマイル数
②FOP換算率
③搭乗ボーナスFOP

を考え、いかに効率よくFOPを貯めていくかが重要となります。

では一体FOPはどれぐらい貯まるものなのか、具体例とともに見ていきましょう。

なお積算FOPは、JALホームページにある計算ツールで簡単に調べることができます。

JAL公式ホームページリンク
JMB FLY ON プログラム

まず羽田-伊丹便を特便割引、普通席で利用した場合。

21

獲得できるのは820FOP。

50,000FOP以上獲得するには、羽田-伊丹便を61回以上利用しなければなりません。

JAL国際線ではどうでしょうか?

ここではあえて②FOP積算率が1倍と低く、しかし路線距離は長い東京-ニューヨーク線をエコノミークラスで利用した場合について見てみましょう。

ここではフライトマイル積算率を50%として計算します。

22

獲得できるのは3,762FOPです。

果たしてこれを多いと捉えるか少ないと思うか。

仮に東京-ニューヨーク線のみでJGC達成する場合、7往復する必要があります。

以上より言えることは、FOP修行は相当考え抜かなければとんでもない高コストになるということです。

上記プランでは60万円あっても足りないんじゃ…という感じです。

しかし最適なプランを考え、かつ様々な臨時キャンペーンを駆使すれば、信じがたいような低コストでJGC達成という道もあるのかもしれません。

例えばJGC修行界隈で有名な修行プランに「OKA-SINタッチ」というものがありますが、これは前述の3要素を最大限に駆使したプランで、

那覇→東京→シンガポール→東京→那覇

というように、東京-シンガポール間の往復に那覇-東京をくっつけた形にして発券するようです。

・回数修行のポイントは?

もう一つのJGC達成条件は至って簡単、「15,000FOP以上かつ50回以上搭乗」でした。

15,000FOP以上という条件はJGC修行の上では大したハードルではないので、実質とにかく50回乗ればいい思っておけばOKです。

したがってポイントも至って簡単。

なるべく運賃の安い航空券で50回搭乗する!

ただそれだけです(笑)

とは言っても一体どの路線が安いのやら…という方もいることでしょう。

私の過去記事で格安路線や修行モデルプランについて考えた記事がありますので、そちらの方を参考にしていただければと思います。

過去記事カテゴリーリンク
格安路線を探せ! シリーズ
JGC修行プラン

またJALパックでは明らかにJGC修行僧向けだろというアイランドホッピングツアーを販売しており、修行コストを抑えつつ搭乗回数を稼ぐこともできます。

参考記事
[JAL公式JGC修行ツアー] 11月からのホッピングツアー in 南西諸島をご紹介!

・まとめ

以上簡単にFOP修行と回数修行について説明しましたが、調べれば調べるほどJGC修行とは奥が深いものだと感じさせられます。

正直考えるのが億劫だと感じてしまいますが、同時に修行プランを頑張って考えるのもまたJGC修行の楽しさだと思います。

是非FOP修行と回数修行の両方を比べてみて、旅行を楽しみつつJGC獲得を目指したプランを立てていただけたらと思います。



[JGC修行とは?] (1) JALの上級会員JGCの魅力を解説!

・JALグロバールクラブ(JGC)とは?

JALを何度か利用したことがあるという方は、きっとJALグローバルクラブ(JGC)というワードを耳にしたことがあるでしょう。

JGCとは簡単に言うと、JALをよく利用する上級会員ステータスのこと、つまり”JALのお得意様”会員のようなものです。

JALのお得意様というからには、日常的にJALをバンバン使いまくるようなヘビーユーザーでないとJGCに入会できないと考えるのがまず普通の発想でしょう。

もちろん当然ながら、JGCに入会するためにはJALに何回も搭乗しなければなりません。

しかしここで面白いのが、一度JGCに入会してしまえば半永久的にJGCステータスを維持できてしまうことです。

JGC獲得に必要な条件は改めてご説明しますが、ある1年にJALにひたすら乗りさえすれば、半永久的にJALの上級会員となる資格が手に入るのです。

このJGC獲得を目指し、ひたすらJALに乗ろうというイベントが、一部界隈で名高いJGC修行です。

本記事から始まる当シリーズでは、主にJGC修行に興味がある方を対象に、JGCの魅力やJGC獲得に必要な条件などをご紹介していきます。

※本記事は当ブログのWordpress移行に伴い削除されてしまった記事を修正・再投稿したものです。

・JGC会員の特典


JGCを獲得すると、JAL利用時にさまざまな特典を受けることができます。

JALホームページでは大きく5つカテゴリーに分けてJGC会員向けサービスを紹介しています。

①マイレージ関連のサービス
②ご要約・ご搭乗時のサービス
③お手荷物に関するサービス
④空港ラウンジのご利用
⑤ノベルティのご案内

 

2

これらすべての特典を事細かに説明するとキリがないので、ここではいくつかにポイントを絞ってJGCの魅力を解説していきます。

・JGC会員はマイルが貯まりやすい!


JGC会員には2つのマイレージ関連サービスが設定されています。

1つめは「初回搭乗ボーナスマイル」。

毎年初回のJALグループ便搭乗の際に、3,000マイルが追加加算されます。

 

3

2つめは、JALグループ、アメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、イベリア航空のいずれかに搭乗した際に、フライトマイルの35%分のマイルが追加加算されます。

 

4

・JGC会員なら予約も搭乗もスムーズに!


JGCの恩恵は航空券の予約時から始まります。

まずJGC会員向けの専用予約デスクがあり、電話でもスムーズに予約を取ることができます。

また希望するJALグループ便やワンワールド アライアンス加盟航空会社便が満席で予約できない場合には、優先的に予約のキャンセル待ちを受けることができます。

他にも予約時の特典に前方座席指定サービスがあります。

空港ではまず一般とは異なるチェックインカウンターを利用することができます。

国際線ではJALファーストクラス・チェックインカウンター
国内線ではJALグローバルクラブ(JGC)カウンター

が利用可能です。

また保安検査場も専用のセキュリティレーンを利用することができ、長い長い保安検査場の列に並ぶ心配がなくなります。

・手荷物預かりサービスにおける特典


JGC会員であれば、機内に預けることができる手荷物の重量や個数の条件が次のように緩和されます。

 

5

特に国際線利用時には丸々1個手荷物を追加で預けることができるので、長期間の海外旅行でも安心して旅行することができます。

また到着後空港では優先的に手荷物が返却されるため、荷物がベルトコンベヤーから運ばれてくるのを延々と待たずに済みます。

・ラウンジサービス


数あるJGC会員特典の中でも最も関心が高いのが、このラウンジサービスではないでしょうか?

JGC会員はJALグループ便、ワンワールド アライアンス加盟航空会社便利用時にサクララウンジを利用することができます。

 

6

サクララウンジのサービスは国内線と国際線で若干異なるようですが、共通のサービスとして

アルコールを含むドリンクサービスや…

 

7

無線LANサービス、シャワーの利用などができます。

 

8

また国際線のサクララウンジでは豊富な食事メニューがあり、その中でも特に有名なのが「JAL特製オリジナルビーフカレー」。

 

9

このカレーがあまりにもの絶品で有名なのだそうです。

今まで食べたカレーの中で一番おいしいと称賛するブロガーさんやYoutuberさんもちらほらいます。

このカレーを食べる資格を得られるというだけでも、JGCを獲得する意義が大いにあるのかもしれません。

・JGC会員なら他のワンワールド加盟航空会社利用時にも特典あり!


最後に、JGC会員はJALの上級会員であると同時に、One Worldのサファイアステータス会員ともなります。

 

10

このサファイアステータスによって、JAL以外のワンワールド加盟航空会社利用時にも、チェックインや手荷物預かり、ラウンジサービスなどの優遇を受けることができます。

したがってほぼ全世界で上級会員ステータスの威力を発揮できるといっても過言ではありません。

これが一度JGCを取ってしまえば半永久的に続くのですから驚くばかりです。

・まとめ
ざっくりとJGCの魅力について説明しました。

しかしここでご紹介したもの以外にも便利で魅力的なサービスがJGCには含まれています。

是非JALの公式ページよりじっくりとJGCについて調べ、JGC修行ってどうなのかなと考えていただければと思います。

JAL公式ホームページリンク
JALグローバルクラブ

JGC修行プラン(9) 天草エアラインも利用! 九州4空港周遊修行






こんにちは、やたがらすです。

今回は大分、熊本、福岡、そして天草と九州の4空港を巡る修行プランをご紹介します。



その前に…

みなさん天草エアライン(AMX)はご存じでしょうか?

1

伊丹、福岡、熊本空港をよく利用される方はもしかしたら見たことがあるかもしれません。

機体全体が青く塗られ、前面には目と口のようなものが描かれている何とも奇妙な、しかしどことなくかわいらしいプロペラ機です。

こちらの飛行機、天草エアライン(AMX)が保有しているもので、みぞか号という愛称が付けられています。

4

天草エアラインは熊本県の天草空港を拠点とした、熊本県と天草2市1町、そして民間が出資する第3セクターの地域航空会社です。

1日に天草空港から福岡空港に3往復、熊本空港を経由し伊丹空港までを1往復運航しています。

5

グーグルマップで見ていただけるとわかりやすいと思いますが、福岡空港と熊本空港までの飛行距離は短いです。

特に熊本空港までは、あの伊丹-但馬線よりも飛行時間の短く、列島本土で最も短時間のフライトだと聞いたことがあります。

そしてこの興味深い路線、JALとコードシェアしております。

したがってJALホームページからJAL便として予約・購入することができ、JALマイルも積算されます。

つまり天草エアラインの利用もJGC修行に使えるのです!

やたがらすは前々からこの天草エアラインに惹かれておりましたが、天草という場所もあってこれまで利用する機会がありませんでした。

なのでJGC修行を口実になんとか組み込めないかと考えたプランが、今回ご紹介するプランです。

まず天草エアラインの時刻表は次のようになっています。

 

天草→福岡 ウルトラ先得 福岡→天草 ウルトラ先得
JAL3890 0755-0835 11,400 JAL3890 0905-0940 11,400
JAL3894 1540-1620 11,400 JAL3894 1650-1725 11,400
JAL3898 1755-1835 11,400 JAL3898 1905-1940 11,400
熊本→天草 ウルトラ先得 天草→熊本 ウルトラ先得
JAL3873 1445-1510 5,300 JAL3872 1010-1030 5,300
熊本→伊丹 ウルトラ先得 伊丹→熊本 ウルトラ先得
JAL3880 1055-1210 13,760 JAL3881 1250-1420 13,760

熊本-天草間は距離が短いこともあり、ウルトラ先得運賃が5,300円とかなり好条件な価格です!

しかし天草-福岡間及び伊丹-熊本間は10,000円を超え、高くなってしまいます。

また天草→熊本→伊丹→熊本→天草という運航スケジュールとなっているため、熊本-天草間を1日で往復することは難しく、したところで全体的なコストが上昇してしまいます。

したがって天草エアラインを利用したお得な回数修行を遂行するために、以下をポイントとして計画を考えました。

・天草エアラインは福岡→天草→熊本またはその逆ルートを通しで利用する

・天草エアラインの前後に安め(8000円程度まで)の短距離路線をなるべく組み込む

上記ポイントを基に立てた羽田発着の修行プランがこちらです!

羽田 06:30 → 伊丹 07:40 8,150円
伊丹 08:35 → 大分 09:35 6,560円
大分 10:05 → 伊丹 11:00 6,560円
伊丹 11:55 → 熊本 13:10 7,960円
熊本 14:45 → 天草 15:10 5,300円
天草 17:55 → 福岡 18:35 11,400円
福岡 20:00 → 羽田 21:30 10,090円

7レグで合計56,020円、1レグ当たり8003円となります。

私が評するのもあれですが、この修行はこれまでご紹介してきた修行プランの中でも最も面白く、かつ洗練された行程だと自負しております(笑)

・1レグ目 羽田→伊丹JAL101便の利用
まず1レグ目の便は、以前搭乗記でご紹介したものです。

参考記事
JGC修行にも使える! JAL101 羽田→伊丹 格安便搭乗記(1)
JGC修行にも使える! JAL101 羽田→伊丹 格安便搭乗記(2)
JGC修行にも使える! JAL101 羽田→伊丹 格安便搭乗記(3)

天草エアラインに搭乗するためにはまず福岡または熊本に行く必要がありますが、当然直行便を利用した方が早く、料金も安く済みます。

しかし回数修行をする上ではJAL101便を利用し、伊丹を経由し2レグとした方が1レグ当たりコストは低くなります。

伊丹経由のコスト優位性については下記記事をご覧ください。

参考記事
[格安路線を探せ!] 伊丹発 全路線の先得運賃を徹底比較!(2)

・2,3レグ目 伊丹-大分便の利用
伊丹-大分便は実は伊丹発着路線の中で最も安く、回数修行向けの路線です。

伊丹から熊本へ向かうまでの隙間時間にうまく大分タッチを組み込むことで、レグ数の確保と1レグ当たりコストの抑制が可能となります。

なお伊丹-大分便を最大限に駆使した修行プランも合わせてご覧ください。

・4レグ目 伊丹→熊本はAMXではなくJ-AIRを利用
先ほど天草エアラインは天草→熊本→伊丹→熊本→天草というように運航されているとお話ししました。

しかし伊丹-熊本間についてはAMXのみでなく、J-AIRも運航されています。

むしろJ-AIRの方が主力です。

7

また料金面についてもAMXは13,760円と高めでしたが、J-AIRなら7,960円で済みます。

3レグ目の大分→伊丹便での伊丹到着は11時ですので、AMX便の1つ前の11時55分発J-AIR便に搭乗することができます。

したがって伊丹からさっさと熊本に移動し、熊本で時間を潰すという工夫をしております。

・5,6レグ目 天草での観光時間を確保
今回のプランでは天草15:10着、17時55分発としましたが、15:40分発の福岡を利用することもかのです。

しかし天草に訪れる機会はほとんどないでしょうから、少しは観光できた方が楽しいのではないかということで1本見送る行程としました。

・まとめ
今回ご紹介したのは、1日で九州の4空港を巡り、かつ天草エアラインを利用するという変わり者修行プランでした。

1レグ当たりのコストは8,003円とこれまでにご紹介してきた修行プランよりも若干非効率かもしれません。

しかしたったの1レグ8000円程度でこれだけの充実した旅行ができるならむしろ安いと感じてしまいます。

本記事を読まれた皆さんが面白いと思うかはわかりませんが、私的にはかなり満足したプランで、実際に修行に組み込む予定です。



JGC修行プラン(8) [北海道編その3] HACで行く北海道6空港周遊修行






※本記事は昨年秋頃に投稿していたものですが、Wordpress移行に伴い画像の不具合等が生じたため修正・再投稿したものです。修行プランそのものの多くは現在も利用できますが、詳細な時刻等多少異なる場合があります。予約の際にはJAL ホームページでお確かめの上ご計画ください。

※本記事でご紹介するプランはスカイメイト運賃の利用を前提としていますのでご注意ください。

こんにちは、やたがらすです。

今回は北海道編第3弾として、北海道エアシステム(HAC)スカイメイト制度を利用した回数修行プランをご紹介します。



HACについては以前スカイメイト運賃について説明した際にも触れました。

参考記事
[格安路線を探せ!] 番外編 スカイメイト運賃を徹底検証(1)
[格安路線を探せ!] 番外編 スカイメイト運賃を徹底検証(2)

3

北海道エアシステム(HAC)は札幌市内にある丘珠空港を拠点とした、JALグループの航空会社です。

航空券の予約・購入はJALホームページで行うことになるので、他のJAL便と同様に利用することができます。

料金も先得運賃など同様に設定されており、JALマイル積算対象です。

2

HACは全5路線、6つの空港に就航しています。

丘珠空港からは函館、釧路、三沢、利尻の4空港に、また函館空港から奥尻空港に就航しています。

このように道内の地域輸送をになっている地域航空会社ですが、利用促進の一環として、若者向けに信じがたいほどの格安スカイメイト運賃を設定しております。

丘珠-函館・釧路線、函館-奥尻線:5,000円
丘珠-三沢・利尻線:7,500円

しかもこの運賃はお盆や年末年始も含め、通年で一律です。

回数修行界隈では1レグ5,000円は奇跡のような安さ。
それもウルトラ先得運賃でしか購入できないものがほとんどです。

それを当日空席がないというリスクはありますが、その気になればいつでも安く実行できるという最強の路線なのです。

まさしく若者だけの特権です。
未来のヘビーユーザーを獲得したいというJALの思惑がうかがえます。

HAC路線の時刻表をまとめて載せると、次のようになります。

 

丘珠→函館 函館→丘珠
JAL2741 0745-0830 JAL2740 0900-0940
JAL2743 0830-0915 JAL2742 0945-1025
JAL2745 1010-1055 JAL2746 1330-1410
JAL2749 1400-1445 JAL2748 1515-1555
JAL2755 1720-1805 JAL2754 1835-1915
丘珠→釧路 釧路→丘珠
JAL2861 0800-0845 JAL2860 0915-1005
JAL2863 1100-1145 JAL2862 1215-1305
JAL2865 1445-1530 JAL2864 1600-1650
JAL2869 1640-1725 JAL2868 1755-1845
函館→奥尻 奥尻→函館
JAL2891 1130-1200 JAL2890 1230-1300
丘珠→利尻 利尻→丘珠
JAL2883 1345-1440 JAL2882 1510-1605
丘珠→三沢 三沢→丘珠
JAL2817 1040-1140 JAL2816 1210-1310

丘珠-函館線が1日5往復、丘珠-釧路線が1日4往復となっており、それ以外の路線は1日1往復です。

したがって丘珠を拠点に函館・釧路線をメインにした行程となります。

以下に3通りのプランをご提案します。

 

プラン1 合計10レグ
丘珠→函館 JAL2741 0745-0830
函館→丘珠 JAL2740 0900-0940
丘珠→函館 JAL2745 1010-1055
函館→奥尻 JAL2891 1130-1200
奥尻→函館 JAL2890 1230-1300
函館→丘珠 JAL2746 1330-1410
丘珠→釧路 JAL2865 1445-1530
釧路→丘珠 JAL2864 1600-1650
丘珠→函館 JAL2755 1720-1805
函館→丘珠 JAL2754 1835-1915
プラン2 合計8レグ
丘珠→釧路 JAL2861 0800-0845
釧路→丘珠 JAL2860 0915-1005
丘珠→三沢 JAL2817 1040-1140
三沢→丘珠 JAL2816 1210-1310
丘珠→利尻 JAL2883 1345-1440
利尻→丘珠 JAL2882 1510-1605
丘珠→釧路 JAL2869 1640-1725
釧路→丘珠 JAL2868 1750-1845
プラン3 合計8レグ
丘珠→釧路 JAL2861 0800-0845
釧路→丘珠 JAL2860 0915-1005
丘珠→釧路 JAL2863 1100-1145
釧路→丘珠 JAL2862 1215-1305
丘珠→函館 JAL2749 1400-1445
函館→丘珠 JAL2748 1515-1555
丘珠→函館 JAL2755 1720-1805

プラン1は10レグ稼ぐことができ、函館・釧路に加え奥尻空港に立ち寄ります。

プラン2は8レグで、函館・釧路・三沢・利尻の4空港をまわります。

プラン3は8レグで、函館と釧路に絞って修行するプランです。

このようにHACは乗り継ぎ時間も短く済み、効率的に修行することができます。

一方で注意点は、当然ですが当日満席だと搭乗できないことです。

したがって最大10レグ稼ぐことができるとはいっても、実際に達成できるかはわかりません。

なので乗れるか乗れないか直前までわからないことも楽しみの一つとして、心の余裕をもって挑むプランであるとも言えます。

・まとめ
今回はHACのスカイメイト運賃を利用した高コストパフォーマンスの修行プランをご紹介しました。

前回、前々回を含めた計3回の北海道編でしたが、いかがでしたでしょうか?

JGC回数修行ではあまり脚光を浴びていない(主観です)北海道ですが、実は楽しく効率的な修行ができるのではないかと注目しております。



JGC修行プラン(7) [北海道編その2] 新千歳-女満別・青森 10レグ修行






こんにちは、やたがらすです。

今回は前回に引き続き、北海道を舞台とした回数修行をご提案します。



新千歳発着の格安路線については下記記事でご紹介しております。

参考記事
[格安路線を探せ!] 新千歳発 全路線の先得運賃を徹底比較!(5)

上記記事内のうち特に安い新千歳-女満別・青森線を利用したプランを今回ご紹介します
10

新千歳から女満別は148マイル、新千歳から青森は153マイルと航空機の就航距離としては短い部類に入るでしょう。

しかし東京-名古屋が193マイルであることを考えると、いかに北海道が広大か数値でもって実感させられます。

まず新千歳-女満別線の時刻表とウルトラ先得運賃です。

6
7

新千歳-女満別線は1日3往復運航されており、いずれの便も6,270円となっています。

回数修行としてのコストとしてもかなりの良案件路線です。

新千歳から3往復搭乗する場合次の行程になります。

新千歳 07:30 → 女満別 08:15 6,270円
女満別 08:45 → 新千歳 09:35 6,270円
新千歳 12:50 → 女満別 13:35 6,270円
女満別 14:10 → 新千歳 15:00 6,270円
新千歳 16:05 → 女満別 16:50 6,270円
女満別 17:20 → 新千歳 18:10 6,270円

女満別滞在時間は30分または35分なので、女満別に飛んだら即新千歳にとんぼ帰りすることになります。

一方で新千歳では午前中に余裕があり、9時35分から12時50分まで実に3時間以上待つことになります。

次に新千歳-青森線です。

8
9

新千歳-青森線も1日に3往復運航されており、料金はいずれも6,970円です。

新千歳-女満別線よりも高くはなりますが、それでもJALグループ便としては安い方です。

しかし順に並べていくと、実は3往復する搭乗することはできません。

上記時刻表のうちクラスJが設定されているE90機材の1往復だけは、なぜか青森から新千歳に向かい、青森に戻る形をとっています。

青森 12:35 → 新千歳 13:20 6,970円
新千歳 13:50 → 青森 14:40 6,970円

したがって新千歳からスタートした場合、

新千歳 10:05 → 青森 10:55 6,970円
青森 11:30 → 新千歳 12:15 6,970円
新千歳 13:50 → 青森 14:40 6,970円
青森 20:25 → 新千歳 21:10 6,970円

または

新千歳 10:05 → 青森 10:55 6,970円
青森 12:35 → 新千歳 13:20 6,970円
新千歳 19:05 → 青森 19:55 6,970円
青森 20:25 → 新千歳 21:10 6,970円

と2往復になってしまいます。

したがって単純往復で修行する場合には料金的にもレグ数的にも新千歳-女満別線に軍配があがります。

しかしプロの回数修行僧であれば、おそらく気づくはずです。

両路線を組み合わせれば、より効率的にレグ数を稼ぐことができます!

新千歳 07:30 → 女満別 08:15 6,270円
女満別 08:45 → 新千歳 09:35 6,270円
新千歳 10:05 → 青森 10:55 6,970円
青森 11:30 → 新千歳 12:15 6,970円

新千歳 12:50 → 女満別 13:35 6,270円
女満別 14:10 → 新千歳 15:00 6,270円
新千歳 16:05 → 女満別 16:50 6,270円
女満別 17:20 → 新千歳 18:10 6,270円
新千歳 19:05 → 青森 19:55 6,970円
青森 20:25 → 新千歳 21:10 6,970円

新千歳-女満別3往復の1,2往復目の間と3往復目の後に新千歳-青森往復を組み込むことで、10レグ達成することができます!

新千歳乗り継ぎも最長1時間程度と、かなりのハードスケジュールとなります。

このように新千歳発着でも高効率な回数修行が可能です。

しかし全国各地から新千歳までが遠く、特に羽田空港からはそれほど安い便が運航されていないため、回数修行ではあまり使われていないように思います。

それでも中部-新千歳の格安便と組み合わせることで、1レグ当たりコストを抑えることが可能です。

なお今回はJGC回数修行プランの記事なので10レグ修行という過酷なプランをご提案しましたが、もし私がこれら路線を使うとすれば、1日1往復にとどめると思います。

青森は今でこそ東北新幹線がありその気になればいつでも行けますが、女満別はそう簡単に行けるものではありません。

また女満別は観光地としても魅力がたくさんあります。

11

女満別空港のすぐ近くには明治時代の北海道開拓でも大きな役割を果たした網走監獄がありますし

12

冬には流氷を見ることもできます。

修行のためとはいえはるばる北海道の、さらに道東にまで足を運ぶのですから、観光しないのはもったいない気がします。

・まとめ
新千歳-女満別線と新千歳-青森線を組み合わせることで、1日最大10レグの搭乗が可能です。

新千歳 07:30 → 女満別 08:15 6,270円
女満別 08:45 → 新千歳 09:35 6,270円
新千歳 10:05 → 青森 10:55 6,970円
青森 11:30 → 新千歳 12:15 6,970円

新千歳 12:50 → 女満別 13:35 6,270円
女満別 14:10 → 新千歳 15:00 6,270円
新千歳 16:05 → 女満別 16:50 6,270円
女満別 17:20 → 新千歳 18:10 6,270円
新千歳 19:05 → 青森 19:55 6,970円
青森 20:25 → 新千歳 21:10 6,970円



JGC修行プラン(6) [北海道編その1] 羽田からセントレア経由で新千歳へ! 6レグ修行






こんにちは、やたがらすです。

突然ですが東京近郊にお住いの方、北海道旅行に出かけるとしたらどのように行きますか?

たいていの方は、羽田から航空機で新千歳に向かうことでしょう。

あるいは成田からLCCを利用するかもしれません。

どちらにしろ東京から直行便でいくのが常識的な考えで、最も安い方法のはずです。



しかし、我々JGC回数修行僧は違います。

我々が考えなければいけないのは、いかに1レグ当たりのコストを抑え、いかに1日にレグ回数を稼ぐかです(大前提として楽しめることはもちろんですが)。

回数修行としてのプランを考えた時、果たして羽田-新千歳便を当たり前のように使ってしまって良いのでしょうか。

実は格安路線を探せシリーズで羽田-新千歳線の先得運賃について見ていただければわかると思うのですが、羽田-新千歳線はあまり安くありません。

参考記事
[格安路線を探せ!] 羽田発 全路線の先得運賃を徹底比較!(1)
[格安路線を探せ!] 新千歳発 全路線の先得運賃を徹底比較!(5)

1
JAL公式ホームページを見ても、最安で9,200円~です。

しかも検索すると実際にはウルトラ先得で10,000円を超える便ばかりで、15,000円近くになる便も少なくありません。

これがLCC各社との競合路線の値段に思えますでしょうか?

このままでは単なる北海道旅行はともかく、回数修行には使いたくないなというのが本心です。

しかし新千歳に向かう意外な路線が、この惨状を打開してくれます。

中部-新千歳線です!

参考記事
[格安路線を探せ!] 名古屋発 全路線の先得運賃を徹底比較!(6)

上記記事でもご紹介しているのですが、中部-新千歳線は8,000円未満の便が設定されています。

2
3

中部-新千歳線は1日5往復運航されています。
そのうち

中部→新千歳は中部を午後に出発する便
新千歳→中部は新千歳を午前に出発する便

が10,000円未満となっています。
特に

中部 18:40 → 新千歳 20:20 6,880円
新千歳 08:55 → 中部 10:50 7,880円

上記2便が破格の設定となっています。

ここまで来れば、勘のいい方はお気づきになったことでしょう。

JGC修行プラン(1) 東京-中部4レグ修行

でご紹介した路線と組み合わせてしまえばいいのです!

具体的には次の行程になります。

羽田 08:15 → 中部 09:15 6,500円
中部 18:40 → 新千歳 20:20 6,880円
新千歳 08:55 → 中部 10:50 7,880円
中部 14:50 → 成田 16:50 6,650円
成田 18:30 → 中部 19:50 6,650円
中部 20:45 → 羽田 21:45 6,500円

4

マップからも分かる通り、東京から一度反対側の名古屋に寄り道した後、北海道に向かうという何とも変なルートとなります。

1日目は羽田からセントレアを経由し新千歳に向かいます。

2日目には、新千歳からセントレアに移動した後、一度成田まで往復した上で羽田に向かいます。

これにより6レグで合計41,060円、1レグ当たり6,843円にまで抑えることができます。

しかしデメリットは2日間で6レグしか稼げないこと、また新千歳には夜着朝発なので1泊2日で行った場合北海道はほとんど味わえないことです。

一方で、経由地のセントレアでは行き帰りともに時間的余裕がかなりあります。

したがって北海道に行くはずなのに北海道観光はほとんどできず、なぜか名古屋観光は満喫できる謎プランとなってしまいます。

結論として当プランにより、東京から直接北海道へ行くよりも1レグ当たりの料金は劇的に安くなります。

また実は本シリーズではあと2つほど、北海道を舞台とした回数修行プランをご紹介する予定です。

その北海道修行プランと組み合わせることで、一工夫入れた面白い修行になるのではないかと思います。

東京近郊から北海道へ向かう際には、こういう面白い方法もあるんだと思っていただければ嬉しいです。