[JALマイレージ王最終決戦詳細レポート] 最終決戦の出題内容・工場見学・記念品などをご紹介!




2019年6月9日、羽田空港整備工場JALメンテナンスセンター1ビルで開催された、JALマイレージ王決定戦 最終決戦に参加してきました!

WEB上で行われた予選では実に7000人ものJMB会員が参加し、その中から勝ち残りかつ人数の都合上生じた抽選をくぐり受けた60人のうち、54人が全国から参加していました。

最終決戦の行程や内容はJALサイト上は当然ながら、参加者にも当日その場に行ってみないとわかりませんでした。

そこで本記事では記念すべき第一回JALマイレージ王決定戦最終決戦がどのようなものだったのか、一参加者の目線からお伝えします!

関連記事
[本日6月9日開催] JALマイレージ王決定戦、いざ挑戦してきます!

目次
1. 最終決戦スケジュール
2. 最終決戦は40分間全30問
3. ファイナリストラウンジで一休み
4. JAL工場見学
5. トップ3による頂上決戦
6. お土産(参加賞)
7. 最後に



1. 最終決戦スケジュール

会場建物の入口に着くと、早速真っ赤なJALマイレージ王決定戦Tシャツを着た職員方がマイレージ会員番号と身分証を確認し、案内してくださいました。


羽田空港敷地内にあるJALメンテナンスセンター1。ここでJALマイラーの威信をかけた熾烈な闘いが繰り広げられる。

入館証と、最終決戦出場の証である”搭乗券”を受け取り、決戦の場へと向かいます。

一般の工場見学でも使用する3階の一部屋(Room A)を会場として利用するようです。

会場内には既にマスコミが多数おり、大会の概要を説明している現場も目にしました。

部屋には記者会見でも使われているJALロゴ付き背景もしっかりあります。

座席はくじ引きで、私はなかなか前よりの席に座ることに。

座席の上には「まだ開けるな!」とかかれた封筒が置いてあり、早速ドキドキさせられます。

封筒の中身は大会のタイムテーブルで、やっと全貌があらわになってきました。

オープニングセレモニーでの説明によると、今回のJALマイレージ王決定戦には約7000人もの挑戦者が参加し、そのうち本選で20問全問正解かつ3倍の抽選を潜り抜ける持ち合わせ、実際に最終決戦に足を運んだチャレンジャーは54人だそうです。

少なくとも7000人が本大会に興味を持ち挑戦したことからも、JALユーザーへの本大会のインパクトの大きさが伺えます。


オープニングセレモニーも盛大に執り行われた。

さて大まかな流れでは、このオープンセレモニーのあと早速最終決戦が行われました。

その後最終決戦の採点を集計する時間を利用して、施設内のカフェをファイナリストラウンジで一休みしたり、格納庫を見学をする時間が用意されていました。

そして最後に最終決戦で選ばれた上位3名がトップの座を奪い合う、頂上決戦が行われました。

2. 最終決戦は40分間全30問

最終決戦ではまず参加者54人の中から頂上決戦に参加するトップ3人を選出するために、全30の問題が出題されました。

なお今回の問題の難易度をJAL側も把握するように、JALマイレージ事業部の方も一人、一緒に解答していました。

問題は冊子状のものが全員に手渡しされ、それぞれの問題で解答を選択肢から選ぶ、あるいは計算したマイル数を答えるというものでした。

40分間解いた後iPadが配布され、導いた解答を10分で入力するという予定でした。

しかし実際にはWi-fiネットワークの不調により、急遽紙の解答用紙を回収する方式に変更。

iPadで解答集計できていればもっとかっこ良かったのですが、そこは次回以降の改善のお楽しみです。

さて気になる出題内容は大まかに次のようなもの

・ショッピング時のマイル積算について
・JALマイレージバンクやJALグローバルクラブの歴史
・フライトでの積算マイル・FOP
・JALマイレージバンクの利用規約
・ロゴマークに関する問題
・JALカード
・JALマイル特典交換

実はイベント終了後に紙媒体の解答・解説が配布されたのですが、SNSへの投稿は控えるようにと注意書きされていましたのでこの程度の紹介にとどめます。

後日JALホームページでも掲載されるとのことですので是非ご覧ください。

実際に解いた感想としては、

こんなものわかるわけないだろ!!!

というものばかり(笑)

考えようにも知識として知らなければ手も足も出ない、実に残酷なものでした(:_;)

3. ファイナリストラウンジで一休み

最終決戦から頂上決戦までの集計時間の間、工場見学や展示物を自由に見回る他、カフェテリアの一角を“ファイナリストラウンジ”として利用することができました。

横断幕にただファイナリストラウンジと書かれただけですが、”ラウンジ”と聞いただけで心躍るのがJALマイラー・JGC修行僧というもの。

流石JALさん、挑戦者の心理をよくわかっていらっしゃいます(笑)

JAL国内線のサクララウンジやダイヤモンド・プレミアラウンジのようにビールは有りませんでしたが(当然ですね)、お菓子類は圧倒的に豊富にそろえられていました。

JALオリジナルおつまみシリーズ各種

JAL国内線ファーストクラスでも提供されたお菓子

○○ですかいシリーズ!
これ前から食べたいと思いつつも機会がなかったのでものすごく嬉しい一品です。

そして伊予柑または温州ミカンの濃厚なジュース。

これらから気になったものを少しずついただき、最終決戦の余韻に浸りました。

4. JAL工場見学

図らずしももう一つの一大イベントとなったJAL工場見学。

整備場まではドア一つで繋がっています。

通常はJALパックのオプションやマイルを利用して見学ツアーに参加し、JALの制服を着用した専門のガイドさんが数十人単位で30分間ほど案内してくださるそうです。

しかし今回最終決戦出場者は、8人単位で30分間よりも明らかに長く、しかも実際に整備の現場で働いていらっしゃる方に案内していただくことになりました!

おかげさまで格納庫内の機体をじっくり眺めたり、整備や機体のあれこれについて詳しくお聞きすることができました。


目の前すぐの滑走路には次々と到着機が降り立ってくる。

5. トップ3による頂上決戦

さあ最終決戦の採点も終わり、いよいよ初代王者を決定する頂上決戦の始まりです!

頂上決戦はトーナメント戦で、最終決戦での第2位と第3位がまず勝負し、勝者が第1位に挑戦します。

方式は3問先取の早押しクイズです。

また私も含め頂上決戦に進めなかった残り51名に対しても、おたのしみとして”50,000マイル山分け! マイレージダービー!”が開催されました!

これは頂上決戦に出場した3名のうち誰が王者になるか予想し、見事的中した人で50,000マイルを山分けするというもの。

この企画自体はオープニングセレモニーで発表されましたが、そのとき会場内にどっと笑いが起こったことは言うまでもありません。

結果としては17名が見事王者を当てることができ、私もその中の一人。

少しばかり追加の恩恵をいただくことができました(笑)

最終決戦も熾烈な闘いで、特に1戦目は両者2点ずつ獲得した後もしばらく攻防が続きました。

見ている側も思わずハラハラとしてしまいます。

そして1戦目が終わり、最後の闘いの結果初代王者が決定しました!

頂上決戦を戦った三名方、お疲れ様でした!
そして入賞おめでとうございます!

上記三名には次のように、マイルと副賞が進呈されました。

1位:10,0000マイル, エアバスA350モデルプレーン(非売品), 大会オリジナルTシャツ
2位:35,000マイル, エアバスA350モデルプレーン(非売品)
3位:15,000マイル, ボーイング767ディズニー塗装モデルプレーン

さて出題された問題もそのうちJALホームページに掲載されることを期待しておりますが、その中に以前私が冗談半分に予想問題として作成し、投稿したものそっくりなものがありました!

問題では飛行機カード、しろたんカードが提示され、残り一つを答えるもの。

作成当時こんなの出なさそうだから作ってみよう!というノリだったのにまさか頂上決戦で的中するとは(笑)

なお初代王者は見事正解しており、先日たまたまお子さんのJMBカードを作成したため答えることができたそうです!

参考記事
[JALマイレージ王決定戦] 難易度高めの対策問題を作成してみた

6. お土産(参加賞)

全イベント行程が終わり、会場を後にする際に記念品が配られました。

他では手に入らないものばかりです!

例えばこのブックカバーは、実際に機長・副機長さんがフライトの際に用いた航路図を基にしているそう。

キーホルダーは航空機のエンジンにも使われているチタン製で、整備部門の方の手作りだそう。

また記念品リストにはありませんが、入館の際に受け取ったストラップも記念に持ち帰ることができました。

7. 最後に

JALマイレージクラブ初のビックイベントでマスコミにも大々的に報道された今回のJALマイレージ王決定戦。

この大会を機にJALマイレージクラブについて興味をもち、そして一層JALを好きになったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私自身も本イベントでこれまで知る由もなかったJALマイレージクラブのあれこれについて知ることができ、幸運にも最終決戦まで参加することができました。

JALさんには是非ともまたこのようなもっとJALを身近に感じ、より好きになれる素敵なイベントを開催してくれることを期待しております!



[本日6月9日開催] JALマイレージ王決定戦、いざ挑戦してきます!




ついにこの日がやってきました!

本日2019年6月9日、JALマイレージクラブの一大イベント「JALマイレージ王決定戦 最終決戦」が羽田空港で開催されます!

WEB上での予選・本選を経て、無事通過することができた60人が手にした最終決戦への切符。

幸運にも私自身も参加する機会をいただいたので、最終決戦の様子をブログを通じ皆様にお届けする予定です。

本記事をお読みいただいているときにはすでに開催数時間前か、あるいは既に始まっているかもしれません。

しかしながら一体どのようなスケジュールで開催されているのか、最終決戦種々乗車に宛てられたJALのメッセージを参考に簡単にご紹介します。

関連記事
[JALマイレージ王決定戦] 難易度高めの対策問題を作成してみた
[最終決戦出場決定] JALマイレージ王決定戦最終決戦をレポートします! 気になるあの場所とは?



2019年5月30日、JALさんから届いた最終決戦の招待状が届きました。

まず開催場所は東京羽田空港内にある、羽田整備工場 JAL メインテナンスセンター1 ビルです。

JALの整備場見学でも利用されている場所ですね。

現地には13時までに集合し、下記スケジュールに従ってイベントが進行します。

オープニングセレモニーや表彰式もあり、なかなか盛大な会になること間違いありません!

出題内容の詳細は明らかになっていませんが、持ち物に電卓とあります。

予選・本選でも出題されたマイル数の計算問題と同等か、それ以上のものが出ることはほぼ確実でしょう。

これまでの選考もなかなかなマイレージ知識やこんなもの知るか!!という雑学問題が出題されていますので、一体どんな奇問を出してくるのかドキドキです。

そして注意書きにもいくつか興味深い事項があり、一つは出題・解答には専用のiPadを用いるとのこと。ハイテクですね(笑)

そして最後2つ、最終決戦の様子がJALグループWEBサイトやマスコミの取材に利用されるとのこと!!!

前例を見ないJALの奇抜な事業戦略に、JALのみならずマスコミも大きく注目しているのでしょう。おかげさまで緊張で心臓がバクバクです( ;∀;)

というわけでJALマイレージ王決定戦 最終決戦のリマインド記事でしたが、イベント参加レポについても参加後早急にまとめ、投稿する予定です。

せっかくの一大イベント、JAL好きやマイレージ好きの皆さま等、是非一緒に大会を盛り上げていきましょう!!!



[最終決戦出場決定] JALマイレージ王決定戦最終決戦をレポートします! 気になる”あの場所”とは?




JALマイレージバンクの企画で開催されていたJALマイレージ王決定戦。

4月22日の午後メールに本選結果の通知メールが届きました!

JALマイレージ王の最終決戦に進むことができるのは60人。

しかし本選20問の中全ての問題の正解者が定員60人を超え、抽選がなされたようです。

さあ私の結果はどうだったでしょうか…?



・本選結果発表

メールに記載されていたURLから入ると、専用の本選結果ページにたどり着きました。

さあドキドキの瞬間です。

意を決していざクリック!

やりました!本選通過です!!!

本選ではどうしてもわからず適当に選択した問題もありましたが、運が味方し全問正解。

さらに抽選も潜り抜け、見事最終決戦羽田の地に赴くことになりました!

しかし一体何人が本選で全問正解を成し遂げ最終決戦への可能性を持っていたのか非常に気になります。

定員を超えるほどJALへの思いが強い方がたくさんいるという証なのでしょう。

・最終決戦の地”あの場所”はどこ?

マイレージ王決定戦では以前から予選・本選はWEBテストで実施し、最終決戦は羽田空港の”あの場所”で行うとだけ発表されており、長らく決戦の地は謎に包まれていました。

さて、”あの場所”とは一体どこだと思いますか?

JALメンテナンスセンターです!

JAL が工場見学を実施している施設ですね!

言われてみればなるほど!という感じです。

羽田の中でも最もJALを感じられる場所かもしれません。

ただ私の予想は外れていて、天王洲アイルにあるJAL本社ビルで開催してくれないかなと思っていました(笑)

・最終決戦レポ、ご期待ください!

というわけで6月9日㈰、はるばる羽田へ決戦してまいります!

厳しい闘いを潜り抜けてきたマイレージ王候補者は一体どんな猛者なのか

最終決戦ではどんな過酷な課題が与えられるのか

一連のマイレージ王決定戦に関わってきた多くの方が気になるあれやこれやが、最終決戦の場には詰まっているはずです。

幸運にも最終決戦への切符を手にしましたので、最後までマイレージ王決定戦を見届け、JALマイレージバンク史に残る一大イベントを存分にレポートしてきます!

最終決戦レポをお楽しみにお待ちください!



[JALマイレージ王決定戦] 難易度高めの対策問題を作成してみた

JALから突如発表された「JALマイレージ王決定戦」。

この奇想天外なイベントと豪華賞品に度肝を抜かれた人も少なくないはず。

本記事ではJALマイレージ王決定戦に向けた対策として、こんな決まりがあったのか!という意外なJALマイレージバンクのルールに着目し、問題を作成してみました。

JALマイレージ王決定戦は予選、本選、最終決戦の3段階になっています。

予選、本選はWEBテストとなっており、予選は20問中16問以上正解で本選に進むことができます。

最終決戦に進むには本選で正答率上位60名以内に入らなければならず、問題の難易度、正答率ともに高度なレベルが要求されるものと思われます。

本選はJAL指定の「あの場所」に召集されるとのこと。

最終決戦に進めば全員に3,000マイル、トップに輝いたものには100,000マイルも贈呈されるそうです。

では一体どのような問題が課されるのか。

JAL側からは2つほど予選の例題が出されています。

どうでしょうか?

特に捻りもなく、調べれば簡単に出てきそうな基本問題です。

しかしいざ聞かれると迷ってしまうのではないでしょうか?

特にQ2はマイレージ利用者でも普段意識しないでしょうから、意外と難しいのではないかと思います。

したがって予選ではJALマイレージクラブの会員規約やワンワールド加盟航空会社などに広く目を通しておくことが必須ですが、それだけで十分例題レベルには対応できそうです。

しかし例題よりもさらに難しい問題が出題される可能性も考えられます。

そこでちょっと捻りを入れたものを8問作成してみました!

参考程度にご利用ください。

※問題のすぐ下に解答があるのでゆっくりスクロールしてください!

Q1. 次のJALグループ会社のうち、ワンワールド加盟航空会社はどれか?
   A. 琉球エアコミューター
   B. 日本エアコミューター
   C. 日本トランスオーシャン航空
   D. 北海道エアシステム

A. C. 日本トランスオーシャン航空

日本トランスオーシャン航空以外は実はワンワールドに加盟していません!
したがってワンワールドサファイア、エメラルドステータスを所有していてもJALのステータスがなければ優先搭乗等の優遇サービスが受けられないことになっています。

Q2. JALとコードシェアを行っている航空会社に、運航会社の便名で搭乗した。FOP積算対象とならないのは次のうちどれか。
   A. ロイヤルヨルダン航空
   B. キャセイパシフィック航空
   C. イベリア航空
   D. ハワイアン航空

A. D. ハワイアン航空

FOP積算対象となるのはJAL便名で搭乗する場合、あるいはワンワールド加盟航空会社に搭乗する場合。
ハワイアン航空にJAL便名で搭乗する場合は積算されますが、ハワイアン航空便名で搭乗した場合ハワイアン航空はワンワールドに加盟していないため積算対象外です。

Q3. JALカード特約店の対象でないものは次のうちどれか。
   A. JAL国際線航空券
   B. JAL国内線ツアー商品
   C. ホテル日航
   D. JAL DUTYFREE 成田空港店

A. B. JAL国内線ツアー商品

実はJALパック商品は特約店対象外です。
JALグループの会社なんだから特約店サービスぐらいしてくれればいいのに。

Q4. JMBクリスタル会員がイベリア航空に搭乗した場合のマイルUPボーナス積算率は次のうちどれか。
   A. 0%
   B. 25%
   C. 50%
   D. 105%

A. B. 25%

JMBクリスタルのページを参考にしてください。

Q5. 次のJAL国内線運賃のうちマイル積算率の異なるものはどれか?
   A. ウルトラ先得
   B. 特別乗継割引
   C. 株主割引
   D. スカイメイト

A. B. 特別乗継割引

特別乗り継ぎ割引はフライトマイルの100%積算。
他は75%です。

Q6. ワンワールド特典航空券で途中降機(24時間以上の一都市滞在ならびに地上移動区間)は旅程全体で何回まで可能か?

   A. 5回
   B. 6回
   C. 7回
   D. 8回

A. C. 7回

JALの提携社特典航空券に関するページを参照してください。

Q7. 普通運賃を利用して羽田→伊丹→福岡→那覇と移動した。このとき積算対象となるフライトマイル数は次のうちどれか?

   A. 510マイル
   B. 1104マイル
   C. 1224マイル
   D. 1330マイル

A. B. 1104マイル

普通運賃なので区間マイルの100%がフライトマイルとして積算される。
羽田-那覇のフライトマイルは984マイル。
伊丹、福岡を経由しているとはいえ大きく変わらないと考えBと判断する。

なお参考までに
羽田-伊丹: 280マイル
伊丹-福岡: 287マイル
福岡-那覇: 537マイル
510マイルは羽田-新千歳
1225マイルは羽田-石垣
1330マイルは積算率100%の羽田-台北

Q8. 12歳以下のお子様のみ申し込みできるJALマイレージバンクカードに当てはまらないものは次のうちどれか?

   A. 飛行機カード
   B. しろたんカード
   C. しまじろうカード
   D. ミッキーマウスカード

A. D. ミッキーマウスカード

A~Cは実在します!
こんなカードがあるなんて……!!
JMBカード

さて何問正解できましたか?

こんなものがあったのか!という発見もあったのではないでしょうか。

予選、本選でどんな問題が出題されるのかはわかりませんが、これ以上変な問題が出てこないことを願いたいです(笑)

挑戦される方は是非JALホームページで情報を仕入れてから挑んでください!