話題の「みんなの九州きっぷ」よりはるかにお得?!破格すぎるJAL「JR九州フリー切符オプション」をご紹介!

4. 「九州フリーきっぷオプション」の注意点

便利でお得なJALダイナミックパッケージの「九州フリーきっぷオプション」ですが、注意点もいくつかあります。

利用可能な出発地域に制限あり

最も重大な注意点が、ツアー申込時の出発エリアによる制限です。
実はこのフリーきっぷ、関西・南紀・山陽・山陰・中国・九州発のツアーでは利用できません!

したがって、例えば大阪伊丹空港発着で九州を目的地とした場合には利用できません。
したがってJR九州の「みんなの九州切符」を使うか、あるいは一度セントレアや羽田へ赴き、それらのエリアからのツアーを利用するという荒業を使うしかないでしょう。

きっぷ申し込みはツアー出発7日前まで

このフリーきっぷに限らず、JALダイナミックパッケージのオプショョナルプランは出発7日前までの申し込みが必要です。
6日前以降といった直前には申し込みできないので要注意。
一方でJR九州の「みんなの九州切符」は利用3日前まで購入可能です。

きっぷ受け取り・座席指定はJR九州のみどりの窓口のみ

「九州フリーきっぷオプション」を申し込むと、登録住所にきっぷの引換券が届きます。きっぷではありません。

ではきっぷはどこで受け取るのかというと、JR九州管内のみどりの窓口で受け取ることになります。
その受け取り可能な駅も限られており、次の駅のうち、フリーエリア内に含まれる駅でのみ受け取り可能です。

小倉駅、博多駅、佐賀駅、長崎駅、ハウステンボス駅、別府駅、大分駅、由布院駅、熊本駅、肥後大津駅、宮崎空港駅、鹿児島中央駅

また座席指定もみどりの窓口でのみ可能(こちらは上記以外のJR九州駅でも可能)となっています。

結局何が言いたいかというと、現地到着後でないと座席指定ができません。

本来JR九州の列車も全国のあらゆるJR駅で座席指定可能ですが、このきっぷの場合、せいぜい乗車2,3日前からしか予約できません。

観光列車の多いJR九州、時期や人気列車によっては混雑することもあるため、前々から座席指定できないのはデメリットです。

みどりの窓口で受け取った「九州フリーきっぷ」と列車の「指定券」。これらを受け取ってから列車に乗車可能。

5. ちなみに、私はこんなルートで観光列車を乗り尽くしました!

最後に、私が実際に「九州フリーきっぷオプション」で旅行した時の行程をご紹介しましょう。

発着地は羽田空港、きっぷは2日間タイプの九州フリーきっぷ[北部九州版]を利用し、2泊3日で旅行しました。
簡略化のため時刻は省きます。

1日目

羽田空港→JAL305便→福岡空港→福岡市営地下鉄→博多→九州新幹線・つばめ317号→熊本→あまくさみすみ線・A列車で行こう1号→三角→あまくさみすみ線・A列車で行こう2号→熊本→豊肥本線・普通列車→宮地→豊肥本線・九州横断特急3号→大分

2日目

大分→久大本線・ゆふ2号→豊後森→久大本線・ゆふいんの森1号→由布院→久大本線/鹿児島本線・ゆふいんの森2号→博多→九州新幹線・さくら555号→新鳥栖→長崎本線・みどり18号→鳥栖→SL人吉→熊本→九州新幹線・さくら568号→博多→鹿児島本線/日豊本線・ソニック49号→大分

3日目

大分→空港特急バスエアライナー→大分空港→JAL664便→博多

気になる方は、地図と時刻表をと一緒にルートを辿ってみてください!とんでもない行程で九州北部を周遊してしまいました!

JGC修行で変な趣向が身についてしまったのか、どうしても乗り継ぎばっかりの滅茶苦茶な周遊ルートを計画したくなってしまったのです。

通常の切符では一体いくら要したことか…素晴らしいフリーきっぷのおかげです!

是非皆さんもオリジナルの行程で、より楽しい列車旅を満喫してみてはいかがでしょうか??
最後までお読みいただきありがとうございました!

JALのオプショナルプランについてもっと知りたい方はコチラへどうぞ!
>>>JALダイナミックパッケージ オプショナルプラン

JAL×JR九州コラボ特別企画 特別編成車両で阿蘇を走る 阿蘇・熊本・博多 2・3日間のご案内

JALとJR九州のコラボ企画として、ジャルパックから非常に珍しい特別ツアーから販売されました!
JR九州の人気観光列車の一つ「SL人吉」と、昨年10月にデビューした豪華列車「36プラス3」に乗車できます!他にも次のような見どころ満載のツアーです。

1.SL人吉の客車が豊肥本線を走行!特別にSL人吉の客車をディーゼル機関車(DL)で牽引し、宮地駅から熊本駅まで運行。昨年、熊本地震以来、4年ぶりに復旧した豊肥本線を走る客車の旅を楽しめます。 

2.ツアー限定の特別イベントを開催1日目の夕食時、本ツアーの参加者限定の特別イベントを開催。ツアーならではの鉄道にまつわる面白いコンテンツが用意されていますで、盛り上がること間違いなし! 

3.「36ぷらす3」を熊本→博多で貸切乗車!昨年10月にデビューした、「36ぷらす3」の車両を貸切で熊本→博多で運転。787系車両を改造した車両で、ワンランク上の旅が楽しめます。

 4.熊本総合車両所・博多駅を特別に見学!特別に、新幹線の車両基地である熊本総合車両所と、JR九州博多駅を見学できます。普段は立ち入ることのできないエリアを見学できるなど、この日だけの特別メニューです。

ツアーの行程はこちら

1日目
羽田空港(08:05頃発) ⇒ 熊本空港
熊本空港 ≡≡ 道の駅阿蘇 ≡≡ 熊本地震で被災し復旧工事中の阿蘇神社 ≡≡ 宮地駅(ディーゼル機関車が牽引する「SL人吉」の50系客車をジャルパックのお客さまだけで貸切運行)++++ 熊本駅・・・ホテル(熊本駅直結のJRグループホテルに宿泊)

~熊本地震の被害を乗り越え2020年に全線復旧したばかりの豊肥本線を走ります~
宴会場「ザ・サウスサイド」にて夕食とイベントを開催(約2時間)

~JR九州スタッフから、ここだけの話がきける特別イベントを開催!
イベントでは、鉄道に関する質問コーナーを設けます。質問は事前に受け付けます。メッセージボードにご入力いただき、お知らせください(締め切り:11/30まで)~

THE BLOSSOM KUMAMOTOにて宿泊

2日目
ホテル(08:30頃発) ≡≡ 2グループに分かれて観光・見学

1.熊本総合車両所見学(約60分)-熊本城
2.熊本城-熊本総合車両所見学(約60分)

~熊本総合車両所(新幹線車両基地)」の特別見学、復旧が進み2021年春に天守閣見学を再開したばかりの「熊本城」へご案内します~
≡≡ 熊本駅(「36プラス3」の貸切運行) ++++ 博多駅到着後、普段入れないJR九州博多駅のバックヤードを特別見学

~2020年秋に運行を開始したばかりの黒い787「36ぷらす3」をジャルパックのお客さまだけで貸切運行いたします~

博多駅--(お客さま負担)--福岡空港
福岡空港(19:00以降に出発する便) ⇒ 羽田空港(20:30以降着)

※3日間プランはの場合、3日目は終日フリープランです。福岡の観光や、JR九州のD&S列車に乗ってプラス1日満喫しましょう!

たった一度のみの開催、滅多にない貴重なツアーです。
予定の合う方は是非参加してみてはいかがでしょうか?

JALXJR九州コラボ特別企画 特別編成車両で阿蘇を走る 阿蘇・熊本・博多 2・3日間

コメントを残す