[空港の保安検査、あなたは大丈夫?] 今冬からの変更点は? 検査をラクに済ませるコツは?

↓シェア:




2019年も残りわずか、年末年始シーズンに突入しました。
今回の年末年始は最大9連休ということもあり、例年以上に帰省や国内外への旅行に航空会社を利用する方もいるかと思います。

一方で2019年9月以降、国内線の保安検査場検査が強化されています。

前回の年末年始や夏休みシーズンに比べても検査の手間や時間がかかるようになっています。

頻繁に航空機を利用する方ならまだしも、年末年始などたまにしか利用しない方は保安検査の手順や持ち込めるも可能なものに不安を感じている方も少ないはずです。

そこで本記事では国内線において強化された検査内容、検査で注意すべき点、機内に持ち込めないものなどを説明するとともに、見落としがしな注意点についても触れていきます。

目次
1. 強化された内容4項目
2. 保安検査の手順と注意点
3. 機内に持ち込めないもの一例
4. [盲点] 機内に持ち込めるが、手荷物には預けられないもの
5. 保安検査をラクに済ませるコツは?
6. まとめ



1. 強化された内容4項目

2019年9月から、国土交通省の通達により全国の空港での保安検査が強化されています。

コート・ジャケットなど上着類のX線検査
安全靴・厚底・ブーツ・くるぶしを覆う靴のX線検査
身体に触れる検査の可能性
ドローンの持ち込み禁止(11月5日まで)

特に上着類のX線検査には注意が必要です。

昨年までスーツ・コートはポケット内部の金属類を取り出せば着用したまま保安検査を抜けることができましたが、今冬からはトレーに載せ、X線検査を受けなければなりません。

したがってコートの下にもスーツ類などの服を着ている場合、2着とも保安検査場で脱ぐ必要があります。

この上着検査が追加されたことが影響しているのか、今冬シーズンに入ってから一段と保安検査が混雑し、時間を要しているように感じます。

またドローンに関してはラグビー世界大会開催に伴う一時的な持ち込み禁止処置で、現在は客室内持ち込み可能です。
しかし今後東京オリンピック等により再度規制される可能性もありそうです。

2. 保安検査の手順と注意点

保安検査場ではX線検査が必要な所持品をトレーに載せます。

カバン等の荷物に加え、身に付けている貴金属や電化製品をトレーに載せます。
ベルトや腕時計なども金属検知器に反応する場合があるのでなるべく取り外し、トレーに載せておくことをお勧めします。

今回から追加された上着・靴検査に該当する方はそれらも載せます。

国内線ではペットボトル飲料等の液体物も持ち込みは可能ですが、X線検査の後さらに簡易的な検査を受けることになるのでなるべく数は少なくしておくことをお勧めします。

またスマートフォンやタブレット、PCはカバン等に入れず、トレーに出してX線検査を受ける必要があります。
これらがカバン等に入っているとカバン中身の検査に影響を及ぼし、取り出しの上再検査となる場合があります。


国土交通省による説明ポスター

以下、国土交通省による保安検査場の受け方の手順もご参考ください。

3. 機内に持ち込めないもの一例

機内に持ち込めないものは、爆発物や危険物です。
突き詰めるときりがないので詳細は各航空会社のHPや国土交通省が公表しているこちらのリストを確認していただきたいですが、最低限次のことを頭に入れていただければと思います。

・ハサミ・カッターなどの刃物類、鋭利なもの
・バット・ゴルフクラブなど
・ライター(一人一台まで、一部タイプのみ持ち込み可能)

※誤解を招くとの指摘がありましたので追記します。
下記図に示すように、ライターは一人一台まで持ち込み可能ですが、手荷物に預けることはできません。ご注意ください。



4. [盲点] 機内に持ち込めるが、手荷物には預けられないもの

保安検査とは少し話がそれますが、機内には持ち込めるにも関わらず手荷物として預けられないものが存在します。

手荷物に預けられないものは大きく二つ。
まず一つは高価、あるいは貴重なものです。

現金や宝石類、書類やカメラ、パソコンなど様々ですが、安全上の問題というよりは、紛失や損壊時に航空会社として補償しかねるものが大半です。

本記事執筆用に調べるまで、私個人はPCを預けたこともありましたが良くなかったようです。仮に預けることができてもあくまで自己責任ということなのでしょう。

一方でもう一つは、バッテリー類です
モバイルバッテリーやカメラのバッテリーが該当します。

これらは手荷物を預ける前に検査を行っている空港では、検査後取り出し再検査することになります。
羽田空港など預けた後に空港側で検査が行われる場合は、搭乗までに呼び出され取り出す必要が生じることもあるようです。

バッテリー類は発火の恐れがある危険物とみなされるため、預けることができません。

他にもバッテリーを搭載したスマートバゲージ等も該当します。

5. 保安検査をラクに済ませるコツは?

保安検査に話を戻します。

カバンから電化製品や飲料を取り出し、上着類を脱ぎ、身に付けている貴金属を全てトレーに出さないといけない非常に手間のかかる検査。
少しでもラクに済ませるにはどうすれば良いでしょうか?

まずはやはり、事前にX線検査が必要なもの、機内に持ち込めないものを確認しておくことです。

そして貴金属や飲料、電化製品の持ち込みを減らし、検査が必要となるものはなるべく手荷物に預けておきましょう。

また腕時計などどうしても身に付ける必要のある貴金属類などは、一個一個トレーに入れるのではなく、保安検査を受ける前にカバンに入れておくとラクになります。

トレーに入れる際に外す手間がなくなりますし、検査後トレーから一つ一つ取り出し身に付ける必要もなくなるので迅速に保安検査場を後にすることができます(混雑解消にも貢献できるでしょう)。

6. まとめ

簡単にではありますが、国内線の保安検査における注意点を説明してきました。
しかしこれらはあくまで概要であり、機内持ち込みルールは荷物サイズ等も含め確認事項が多岐にわたります。
航空会社や仕様機材によっても一部異なる場合がありまし、さらに国際線では追加の制限があります。

お出かけの際には改めて、ご利用になる航空会社のサイトから保安検査・荷物の案内をご確認ください。



↓シェア:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です